SDGsに関する取り組み

SDGsに関する取り組み

本学は、2021 年3 月、埼玉県内の大学として初めて「埼玉県SDGs パートナー」への登録をいたしました。これは、2015 年9月の国連サミットで採択された持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs )に向けた計画を立案・実行し、その過程と結果を公表するという埼玉県の制度です。本学では3 つの課題①国内外の複雑な課題に自ら主体的に考え行動する地球規模の視野を持った「SDGs の達成に寄与する人材の育成」、②「ダイバーシティ&インクルージョンの推進と女性の活躍推進」、そして③「CO2 排出量削減」に取り組むとともに、持続可能な世界を実現するための17 のゴールと169 のターゲット達成に向けた教育・研究を推進していくこととしました。
これに先駆け、本学では2000 年に国連で採択されたミレニアム開発目標(MDGs)にある「環境の持続可能性の確保」に呼応し、環境保護への取り組みを実践してまいりました。2007 年竣工の天野貞祐記念館を起点とするキャンパス再編計画において、建物の建替えに伴い、太陽光発電システムや自然換気システムなどの省CO2 設備を積極的に導入し、エネルギー使用量削減、地球温暖化抑制に努めています。また、生物多様性を体現する緑地を整備することで、自然と共存する中で学生生活が営まれるように模索してまいりました。このキャンパス再編計画は、環境に配慮したインフラの整備という側面を超えて、自ら課題を発見し、解決の可能性について考える(科学する)人材育成の場、すなわち建学の理念である「学問を通じた人間形成の場」としての大学を整備していこうという一貫した目的を内包したものです。
本学では学則第1 条に、本学の目的を「社会の要求する学術の理論および応用を研究、教授することによって人間を形成し、あわせて獨協学園の伝統である外国語教育を重視して今後の複雑な国内および国際情勢に対処できる実践的な独立の人格を育成する」と規定しています。また2020 年には、SDGsの根本理念にある「誰一人取り残さない」という社会の根源的な課題に取り組むすべく「獨協大学人権宣言」を公表し、誰もが平等な教育研究の機会が与えられ、その人権が擁護され、人として成長できる場を創造することを宣言いたしました。すなわち、本学の使命はSDGsの達成を担う「実践的な独立の人格」を育成し、社会の発展に寄与することにあり、SDGsの目標達成についても毎年検証してまいります。

獨協大学SDGs行動指針

獨協大学は、学則第1条「社会の要求する学術の理論および応用を研究、教授することによって人間を形成し、あわせて獨協学園の伝統である外国語教育を重視して今後の複雑な国内および国際情勢に対処できる実践的な独立の人格を育成する」の理念の下、社会の発展に寄与するSDGsの達成を担う人材を育成します。

1. 本学構成員のSDGs達成に向けた意識の向上と認識の共有

獨協大学は、学内構成員ひとりひとりがSDGsに関する認識を共有し、持続可能な社会の発展について主体的に考える環境を提供してSDGs啓発活動に取り組みます。

2.持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現

獨協大学は、「獨協大学人権宣言」に基づき、「誰一人取り残さない」社会実現の一翼を担うべく、人権が擁護され、誰もが平等な教育研究の機会を与えられ、人として成長できる場を創造します。また、多様な人材が輝きをもって活躍できるよう「ダイバーシティ(多様性)&インクルージョン(包摂性)の推進」に取り組みます。

3.地球規模の課題への取り組み

獨協大学は、温室効果ガス削減、貧困と飢餓の撲滅、質の高い教育、社会の平和と公正を含むSDGsの達成に、関係機関とパートナーシップを形成して取り組みます。

4.地域の課題への取り組み

獨協大学は、地域社会が抱える課題の解決に向けて、自治体、民間セクター、地域住民、NPO/NGO等と連携して取り組みます。

埼玉県におけるSDGsの推進について

埼玉県におけるSDGsの推進について

SDGsひろば~本学の取組み紹介~

  • 2021年度

    「伝右川再⽣に向けた⽀援プロジェクト」が 環境省「⽔・⼟壌環境保全活動功労者表彰」を受賞

  • 2021年度

    伝統産業×獨協⼤⽣で地域にSDGsを広める

  • 2021年度

    獨協⼤学環境週間 "Earth Week Dokkyo 2021"

  • 2021年度

    福島県⽥村市における「持続可能なまちづくり」 創造事業への挑戦

  • 2021年度

    福島県における「⼤学⽣と集落の協働による地域活性化事業」での取り組み

  • 2021年度

    地元のお⽶を学⽣⾷堂で地産地消

一覧へ

報告書

獨協大学SDGs報告書2021獨協大学環境報告書2020

ページトップへ