獨協大学図書館
資料の探し方(ヘルプ)

資料の探し方(ヘルプ)

資料を探すには

蔵書検索(OPAC)で探す

図書館の資料は、蔵書検索(OPAC)で探します。
図書・雑誌・新聞のタイトル(書名・誌紙名)、著者名、件名(主題)、分類番号などで探すことができます。
雑誌・新聞の場合は、所蔵している巻号数を調べることができます。
蔵書検索専用PCは館内に合計21台あります。使い方は、各画面のヘルプや端末横のマニュアルをご覧ください。
蔵書検索(OPAC)は、館内設置のPCはじめ学内の教室・研究室はもちろん自宅等からもWEBで使うこともできます。
検索するときは、「蔵書検索(OPAC)」から入ってください。

蔵書検索(OPAC)で見つかったら

蔵書検索で目的の資料が見つかったら、資料の配架場所に行って、請求番号により該当資料を探します。

1.資料の請求番号を確認
蔵書検索(OPAC)の詳細画面下部にある、請求番号欄を見ます。
資料は請求番号順に並んでいますので、請求番号をメモしてください。

2.資料の配架場所を確認
蔵書検索(OPAC)の詳細画面下部にある、所在欄を見ます。
図書館1階、2階、3階ならば、開架書架にあります。
閉架書庫、自動書庫の場合は、自分で棚から探すことはできません。
所在欄の文字をクリックすると、配架場所の地図を見ることができます。

3-1.開架書架にある場合、配架場所に移動
開架書架にあることがわかったら、表示されたフロアに移動します。
配架場所の地図や各フロアにある「書架案内(PDF)」を参考に
その資料のある書架を探します。
請求番号の1段目の数字が分類番号です。その分類番号の棚を探し、
次に、2段目の記号(著者記号)を探します。

3-2.自動書庫にある場合
出庫請求の手順(PDF)
自動書庫には入れません。
自動書庫にあると表示された資料は、画面上にある『予約・請求ボタン』さらに『オンライン出庫請求ボタン』を押して、取り出します。
このとき、遷移する「ユーザ認証画面」でMy Libraryに入ることで請求ができます。「ユーザ認証画面」では利用者IDとパスワードが必要です。
資料は1Fメインカウンターで受け取ります。 自動書庫の資料を館外に持ち出すときは、1Fメインカウンターで館外貸出手続をしてください。
館内でみるだけで済めば、1Fメインカウンターに戻してください。
なお、出庫請求ができるのは閉館15分前までです。

3-3.閉架書庫にある場合
閉架書庫には入れません。
4階閉架書庫にあると表示された資料は、1Fメインカウンターにて、閲覧票に書いて請求します。
4階閉架書庫資料を館外に持ち出すときは、1Fメインカウンターで館外貸出手続をしてください。
館内でみるだけで済めば、1Fメインカウンターに戻してください。

貴重書室にあると表示された資料は、利用にあたっては事前に申請が必要です。
1Fメインカウンターで手続きをお願いします。

詳細はこちら

3-4.旧図書館にある場合
「旧図書館」にあると表示された資料は、所在不明となっているものです。
1Fメインカウンターまたは3Fカウンターにお問い合わせください。

見つからないとき

必要な資料がうまく探せないときは、各フロアのレファレンスカウンターにご相談ください。
蔵書検索で目的の資料が見つからない場合、購入可能なものなら購入希望を出すことができます。→「図書の購入依頼」参照
購入できないもので、他大学図書館等で所蔵している資料であれば、コピーを取り寄せたり、他館に行って閲覧できる場合もあります。→レファレンスサービス「図書館にない資料が見たいとき」参照

新聞記事・雑誌記事の探し方

新聞記事や雑誌記事の検索には、まずデータベース「CD/DVD-ROM」を使います。
読みたい記事がどの雑誌の、どの巻号に載っているかを調べた後、その雑誌を図書館が所蔵しているかどうかを蔵書検索(OPAC)で調べます。
データベースによっては記事全文が載っているものもあります。

視聴覚資料の探し方

図書や雑誌の附録CD,CD/DVD-ROMやカセットテープと、音楽CDをはじめとする音声資料(CDのみ)、
映像資料(DVD、ビデオ、LD)は蔵書検索(OPAC)で、図書や雑誌と同じように検索できます。
蔵書検索(OPAC)検索時に「所在」を「3階AV資料」に限定すると、3階AVコーナーの映像資料・音声資料のみ検索できます。
さらに、音声資料のみを一覧したい場合は、請求番号の欄に、「CD*」、DVDのみを一覧したい場合は、「DVD*」と入れると、媒体ごとに一覧することもできます(ビデオは「VT*」、LDは「LD*」)。映画だけを一覧したい場合は、分類番号に「778.2*」と入れて検索をかけると、各国の映画がヒットします。
映像資料については、タイトルをテーマごとに並べ、簡単な内容紹介も掲載している『ビデオ・DVD・LD一覧』(~2008年度購入分)、 『 <追録版>ビデオ・DVD一覧』(2009年~2014年度購入分)のファイルが、1Fメインカウンターと3Fカウンターに置いてあります。

ページトップへ