• HOME >
  • 大学案内 >
  • 獨協大学における公的研究費の管理体制に関して

獨協大学における公的研究費の管理体制に関して

獨協大学では、公的研究費の管理体制に関して、以下のとおり整えております。

1 大学内の責任体系の明確化

(1)本学全体を統括し、公的研究費の運営・管理について最終責任を負う者(最高管理責任者)は学長です。本学における不正防止対策の基本方針である「研究資金等の運営及び管理に関するガイドライン」は以下のとおりです。
(2)最高管理責任者を補佐し、公的研究費の運営・管理について実質的な責任と権限を持つ者(統括管理責任者)は総合企画部長です。本学全体の具体的な不正防止計画としての「獨協大学公的研究費適正運用計画」は以下のとおりです。
(3)学内の各部局における公的研究費の運営・管理について実質的な責任と権限を持つ者(コンプライアンス推進責任者)は各部局長です。
(4)上記の者を含む各責任者を以下の責任体系図で明らかにしています。

2 適正な運営及び管理の基盤となる環境の整備

(1)科学研究費助成事業の使用ルールに関して、学内で説明会を行っています。
(2)本学の教職員が遵守すべき「公的研究費の使用に関する行動規範」は以下のとおりです。

3 不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定及びその実施

不正を発生させる要因がどこにどのような形であるのか、本学全体の状況を体系的に整 理し、その不正要因に対応した具体的な不正使用防止計画を有しています。

4 研究費の適正な運営及び管理活動

本学と一定の取引実績を有する取引事業者に対して、本学との公的研究費の不正使用に加担しない旨の誓約書の提出を義務付けています。

5 情報発信及び共有化の推進

(1)公益通報があった場合の調査体制について、校正かつ透明性の確保の観点から、本学の公益通報委員会の外部委員のメンバーに、本学には属さない弁護士、公認 会計士等を含む規程を以下のとおり制定しています。
(2)公的研究費の不正使用に関する公益通報に関する受付窓口を設置しています。
獨協大学総務部総務課 電 話 番 号 :048−946−1640
           FAX番号 :048−943−3165
           住   所 :埼玉県草加市学園町1−1

6 モニタリングの在り方

内部監査部門、不正防止計画推進部署が連携して、公的研究費の使用に関する効果的な内部監査(リスクアプローチ監査を含む。)が実施できる体制を有しています。

このページのトップへ