研究員紹介

研究員紹介

(研究員)

氏名 所属・職位 研究課題
所長/
浜本 光紹
経済学部国際環境経済学科
教授
・気候変動抑制と資源循環促進にむけた公共政策の制度設計に関する研究
主任研究員/
大竹 伸郎
経済学部国際環境経済学科
准教授
・持続可能な水田稲作農業のパラダイムに関する研究
秋本 弘章 経済学部経済学科
教授
環境共生社会形成のためのパラダイムに関する研究
(持続可能な社会をめざす学校教育・社会人プログラムの基礎的研究および教育プログラムの開発実践)
一之瀬 高博 法学部国際関係法学科
教授 
・環境教育社会の形成手法
 環境法政策と環境共生社会の形成
浦部 浩之 国際教養学部言語文化学科
教授 

・日本とラテンアメリカにおける自然災害への対応とレジリエンスな社会構築に関する研究

大坪 史治 経済学部経営学科
准教授
・環境情報(非財務情報)開示の現状と課題
黒川 文子 経済学部経営学科
教授

・地域における環境・エネルギー管理システムの構築

佐野 康子 外国語学部英語学科
准教授

・課題 1 環境共生社会の形成手法の研究
アフリカLDCsにおける貧困削減に寄与する資源開発政策や都市部における循環型経済(サーキュラー・エコノミー)実現に向けた取組みの調査分析
・課題 2 環境共生社会形成のための研究
プロジェクト 2 環境教育プログラム(Earth Week Dokkyo、福島県田村市「復興知」事業・多言語化プロジェクト)の企画運営、積極的な参加

濱 健夫 経済学部国際環境経済学科
特任教授
・伝右川に存在する有機物の起源推定
松枝 秀和 経済学部国際環境経済学科
教授
・旅客機観測による上空の温室効果ガスの動態に関する研究とその啓発活動
松本 守 経済学部経営学科
教授
日本企業における統合報告書の初回発行が企業価値および数量的会計行動に及ぼす影響
安井 一郎 国際教養学部言語文化学科
教授

・中学校における環境教育カリキュラムの開発

米山 昌幸 経済学部国際環境経済学科
教授
・環境共生社会の形成手法
 地域における環境・エネルギー管理システムの構築
・環境共生社会形成のためのパラダイムに関する研究
 環境教育プログラムの開発
浅井 勇一郎 経済学部国際環境経済学科
特任助手

・埼玉県東部地域における廃棄物問題に関する研究

(客員研究員)

氏名 所属・職位 研究課題
犬井 正 獨協大学
名誉教授 

・農業農村研究の農業史、環境史、経済史からの再考をはかる

岡村 りら 専修大学国際コミュニケーション学部
准教授
・先進国における持続可能な発展の可能性 (日独英比較研究)
北崎 幸之助 経済学部経済学科
非常勤講師
・大規模野菜生産地域における農業の持続可能性
塩瀬 治 獨協中学・高等学校 ・ドイツと日本の中学校・高校大学での環境教育の比較と主権者教育の違いについて
中村 健治 経済学部国際環境経済学科
非常勤講師
・環境共生社会形成のためのパラダイムに関する研究
 環境教育プログラムの開発
 自然と社会の関係の「見える化」「体験化」の研究
矢口 正樹 東京都立足立東高等学校

・環境教育の授業実践

山根 一眞 山根事務所(ノンフィクション作家)
福井県年縞博物館特別館長

・SDGsモデル都市(北海道下川町)、SDGs未来都市(北九州市)の比較研究
・絶滅危惧種をとりまく環境と人の課題
・気候変動による巨大災害と地域社会

ページトップへ