海外から帰国した学生及び教職員のみなさんの通学、通勤について/To students, faculty and staff who returned from overseas

海外から帰国した学生及び教職員のみなさんの通学、通勤について/To students, faculty and staff who returned from overseas

 獨協大学では、新型コロナウイルス感染拡大防止策の一環として、海外から帰国した学生及び教職員が帰国後とるべき行動として、次のとおり適切な行動をお願いします。

 最近、海外から帰国した学生及び教職員から感染が拡大する報道がなされているため、海外から帰国した学生及び教職員のとるべき行動のみを切り出して、再度注意喚起いたします。

Dokkyo University gives the following instructions in order to prevent the spread of the novel coronavirus (COVID-19) infection.

According to the news about the infection spread by the returning students and faculty, Dokkyo University reminds you of the appropriate actions in the previous notice.

1.対象者

 外務省感染症危険情報でレベル2(不要不急の渡航は止めてください。)以上に指定されている国、地域からの帰国者(トランジットを含む)

1.Subject
 Returnees (including transit) from the areas with alert level 2 ("Refrain from nonessential, nonurgent travel") or more by the Ministry of Foreign Affairs.

2.通勤、通学について

 帰国した日を0日として、2週間(14日間)自宅待機し体調観察表をつけ、健康観察してください。2週間(14日)後、健康に問題がなければ通学、通勤できます。

 2週間の自宅待機の間に体調不良となった場合には、次のようにしてください。

2.Remain at home for 14 days after returning Japan with keeping track of TAICHO-KANRIHYO. Then if no problem in your health after 14 days, you can come to the University. If any problem in your health, follow the instruction below. (You should count the next day after the return date as day one.)

 37.5度以上の発熱が4日未満の方、または風邪の症状が4日未満の方は、自宅待機を継続してください。この場合には、帰国した日を0日として、2週間(14日)後で、かつ、体調が快復して2日後に通学、通勤ができます。

 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いた場合(高齢者、妊婦、基礎疾患のある方は2日以上続いた場合)は、「帰国者・接触者相談センター」または「保健所」に連絡し、指示を仰いでください。

※発熱のため解熱剤を飲み続けなければならない状態も「37.5度以上の発熱」に含まれます。

If symptoms of a cold or a fever over 37.5°C persists for less than 4 days, please keep standing by at home. After recovery, you should spend two more days at home. Then you may come to the University.

If symptoms of a cold or a fever over 37.5°C persists for more than 4 days (more than 2 days for the elderly(at age 60 or over), expectant mother, or one with a basic disease) , please contact and seek instructions from "Consultation desk for returnees and people in close contact with possible infected persons" or "Public Health Offices".

※The condition "fever over 37.5°C" includes the case that one needs to keep taking fever medicine.

 同居の方が海外から帰国されている場合には、家庭内感染を防ぐために次のことに気をつけてください。

 詳しくは厚生労働省のホームージを確認してください。

(1)部屋を分けましょう

(2)帰国者との接触は限られた方で

(3)マスクをつけましょう。

(4)こまめに手を洗いましょう

(5)換気をしましょう

(6)手で触れる共有部分を消毒しましょう

(7)汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう

(8)ゴミは密閉して捨てましょう

In case you live with people who returned from overseas, keep the following in mind. For more information, see the Ministry of Health, Labour and Welfare website.

(1)Use separate rooms.
(2)Restrict contacting with the returnees to someone.
(3)Wear a face mask.
(4)Wash your hands frequently.
(5)Take fresh air inside by opening a window.Wash your bed linen and clothes.
(6)Put out garbage with avoiding exposure to air.
(7)Disinfect a place where anyone may touch.

 新型コロナウイルス感染拡大防止のためには、みなさんの協力が必要です。学生及び教職員におかれては、感染拡大防止策について、遵守していただきますようよろしくお願いします。

 獨協大学では、その他新型コロナウイルス感染拡大防止策として、次のお願いもしていますので、リンク先をご一読ください。

Dokkyo University asks for your understanding of the situation and please take responsible actions in protecting yourself and others around you. Please also read the following linked URL about prevention measures against coronavirus (COVID-19).

■通学にあたっての注意
 https://www.dokkyo.ac.jp/information/2020/20200325003136.html

■新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止のための教職員の通勤について / Restriction for faculty and staff to prevent the coronavirus (COVID-19) outbreak
 https://www.dokkyo.ac.jp/information/2020/20200305003063.html

■外務省海外安全ホームページ(外務省)(渡航した国、地域の感染症危険情報を確認できます。)
 https://www.anzen.mofa.go.jp/

■ご家庭で新型コロナウイルス感染が疑われる場合、家庭内でご注意いただきたいこと(厚生労働省)
 https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000601721.pdf

体調観察表(学生用)(PDF

体調観察表(教職員専用)(Excel

コロナウイルスの感染に関する特別休暇の取扱い(PDF

ページトップへ