通学にあたっての注意(保健センター)

通学にあたっての注意(保健センター)

(4月28日 更新)このページに含む内容は、「4月28日付【重要】健康管理と体調不良時の対応について」が最新となります。そちらの内容に従って対応してください。
(3月25日 公開)



新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため、下記の対応をお願いします。

  • 37.5℃以上の発熱または風邪症状が見られた場合、通学はできません。
  • 通学にあたっては、当日12回(朝と寝る前)の体温測定体調観察をしてください。

1.体調不良時の対応について

1)風邪症状または発熱が見られた時は、登校せず、自宅で療養してください。
2)2日以上発熱が続き、インフルエンザ等の可能性がある場合は、医療機関へ電話をし、受診について相談してください。
3)風邪症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く場合、または強いだるさや息苦しさがある場合は、「帰国者・接触者相談センター」に相談してください。(*基礎疾患のある方は2日以上続く場合)

2.感染者、濃厚接触者の場合 *必ず保健センターへ連絡してください

  • 原則として、感染者は治癒するまで、濃厚接触者は14日間の登校停止となります。
  • 感染者と診断された場合、または濃厚接触者と特定された場合は、保健センターに連絡をしてください。

電話番号:048-946-1944
受付時間:(月~金)9:0017:00 (土)9:0012:00

3.海外からの帰国者について 

1)帰国時点で発熱(37.5℃以上)または呼吸器症状のある方は、検疫所に報告し、その指示に従ってください。
2)帰国後14日間は、外出を控え、「体調観察表」(14日間)をつけて、健康観察をし、期間内に発熱または呼吸器症状が出た場合は、速やかに「帰国者・接触者相談センター」に相談し、その指示に従ってください。

4.感染予防と健康管理について(日頃、自分でできること)

  1. 閉鎖空間で換気の悪い場所への出入りは、避けてください。
  2. マスク等の咳エチケットを徹底し、人混みを避けてください。
  3. マスクなしでの近距離での会話や大声での発声を控えてください。
  4. 手洗い・うがいを徹底し、必要に応じて手指の消毒等行ってください。
  5. 感染の可能性があるため、手で眼、鼻、口等を触れないでください。
  6. 十分な睡眠や適度な運動、バランスのとれた食事をとってください。
  7. 日頃から、体温測定や体調観察をし、体調観察表に記録してください。

なお、関連情報は日々状況が変化していくため、定期的に、大学のHPで最新の情報を確認してください。

獨協大学保健センター

ページトップへ