新型コロナウイルス感染症罹患者(陽性者)等の入構禁止期間の目安と対応について

新型コロナウイルス感染症罹患者(陽性者)等の入構禁止期間の目安と対応について

(2020年12月8日 公開)

(Click here for English)

 新型コロナウイルス感染症が全国的に拡大しています。
 本学は、現在、構内への入構制限を行っており、その中でも新型コロナウイルス感染症罹患者等の入構・対応については、以下のとおりになります。
 なお、この対応は2020年12月5日時点の措置であり、今後状況に応じて変更する場合があります。

1.ご自身が、新型コロナウイルス感染症に罹患(陽性)
① 罹患(陽性)が判明した日から入構禁止。
② 指定された療養期間終了前に保健センター(048-946-1944)へ電話連絡。
③ 指定された療養期間終了後(終了日を0日とする)、1週間を自宅待機期間とする。
 また、その後の3週間(計4週間)を経過観察期間とする。
 上記4週間は、体調観察表に検温記録と自覚症状等を記載(各期間終了後保健センターへ提出)。
④ 自宅待機期間終了後、体調に問題がなければ入構可。
⑤ 指定された療養期間終了後、体調不良の持続や新たな症状の出現、悪化等があった場合、医療機関・各自治体の保健所または相談窓口に相談し、受診。医師より、登校・出勤の可否の判断をうけ(指定様式あり 学生用 教職員用)、保健センターへ電話連絡。

2.ご自身が、濃厚接触者と特定
① 濃厚接触者と特定された日から入構禁止。
② 特定された日から14日間(但し、保健所の指導による)を経過した後、解除、入構可。ただし、その間、体調観察表に記入し、後日提出。

3.ご自身に、発熱、風邪症状等、体調不良がある場合
① 体調不良時は、自宅で療養する。入構禁止。
② 症状軽快後3日間が経過した後、解除、入構可。ただし、その間、体調観察表に記入し、必要時提出のこと。

<主なQ&A>
Q1:同居者が濃厚接触者と特定された場合の対応はどうすれば良いですか?
A1:同居者の体調やPCR検査結果等により、ご自身が濃厚接触者等に特定される可能性があります。マスクの着用や手指消毒などの感染予防対策を徹底し、体調観察を行ってください。体調不良がみられた場合は、医療機関、各自治体の保健所または相談窓口に相談してください。

Q2:接触確認アプリCOCOAから「接触通知」があった場合の対応はどのようにすれば良いですか?
A2:以下の厚生労働省ホームページを確認してください。
 厚生労働省 接触確認アプリ利用者向けQ&A
引き続き、各自、感染予防・体調管理に努めてください。

[関連リンク]
(7月30日付)新型コロナウイルス感染拡大に伴う体調管理等について(保健センター)

以上

獨協大学保健センター

ページトップへ