大学内の水田で田植えを行いました

大学内の水田で田植えを行いました

5月24日、経済学部大竹伸郎ゼミの学生約20名が、芝生広場内の水田で、福島県産コシヒカリの苗を植えました。
この授業は、コメ作りの体験を通して食料と農業と環境のつながりを考えることが目的です。学生は田んぼに入り、慣れない作業に奮闘していました。
今後は、農薬を使用せず栽培し、草取り、稲刈り、脱穀などの作業を学生が行い、秋に収穫する予定です。


[関連リンク]

経済学部国際環境経済学科

ページトップへ