前沢浩子学長が離日するドイツ大使ゲッツェ博士にお別れの挨拶をしました

前沢浩子学長が離日するドイツ大使ゲッツェ博士にお別れの挨拶をしました

2024年7月10日

ドイツ連邦共和国クレーメンス・フォン・ゲッツェ駐日大使が3年の任期を終え、日本を離れるため、7月10日、大使公邸にて送別レセプションが開催されました。獨協大学からはお花をお送りし、前沢学長がレセプションに参加しました。
ゲッツェ大使はスピーチで「ドイツと日本は世界第3位と第4位の経済大国であり、世界秩序の維持のため、ますます強く協力していく必要がある。日本での在任中は快適な生活と美しい自然を大いに楽しんだ」と語られました。
前沢学長は、大使の獨協大学へのこれまでのご支援に感謝するとともに、今後もドイツと日本をつなぐ大学として努力したいと、お別れの挨拶をお伝えしました。

ドイツ大使ゲッツェ博士