合氣道部 草加かがやき特別支援学校で体験教室を行いました

合氣道部 草加かがやき特別支援学校で体験教室を行いました

2024年2月8日

2月7日(水)午前、埼玉県立草加かがやき特別支援学校(草加市栄町) 体育館にて、学友会 合氣道部(主将:経済学部3年 黒澤 天)が稽古指導を行い、同校全児童に合氣道を体験してもらいました。

これは、同校教諭の提案により、合氣道に触れる機会を提供しようと企画されたものです。まずは合氣道部の部員による演舞が披露され、その上でグループごとに分かれて個別指導する方法で進めました。

基本技である「隅落とし」(すみおとし)と「小手返し」(こてがえし)の2種を試しましたが、部員による丁寧な個別指導により、児童は部員を相手に軽々と投げ飛ばし、大人が簡単に投げ飛ばされる様子に驚いていました。

昨年の夏から予定していたこの体験教室は、およそ半年の準備期間を経て実現し、合氣道部の部員9名は体験教室の意義を実感した様子です。ある部員は「児童が喜んでくれるかどうか不安だったが、楽しんだ様子に安堵した。」「実際に手取り足取り教えることが出来、初心者にも説明する要領を得た。」といった感想を話していました。

黒澤主将は「新型コロナウイルス感染症により活動制限を受けていた時期が長く、実体験を積む機会が少なかった。これからは合氣道の魅力を伝え、普及にも努めていきたい。来春の新入生には、実体験を通じてその魅力に触れて欲しい。」と力を込めていました。

なお、合氣道部では、本学 学生センター4階の武道場「天真館」(てんしんかん)で稽古を積んでおり、入部希望者の見学を歓迎しています。

豪快に投げ飛ばされる主将
豪快に投げ飛ばされる主将

投げ飛ばされるのも爽快
投げ飛ばされるのも爽快
投げ飛ばされることで技術を磨く
投げ飛ばされることで技術を磨く