全学ライトダウンプロジェクト実施報告

全学ライトダウンプロジェクト実施報告

2022年7月26日

627日から71日、獨協大学環境週間 "Earth Week Dokkyo 2022Summer"期間中に学生の発案による「全学ライトダウンプロジェクト」を実施し、電力の削減に貢献しました。

「全学ライトダウンプロジェクト」は、期間中の昼休み時間に、学内施設の廊下等の自動点灯を切り、各教室等の電気・エアコンの使用を控える取り組みです。本学の教職員、学生が一丸となって省エネ・省CO2に取り組んでいけるように、学内の意識を変え、地球温暖化ガスの排出削減目標を達成できるように学生が主体となって実施されました。

この取り組みにより、1日に平均90.82kWhの電力を削減しました。実施期間の5日間では、世帯あたりの平均的な月間電力消費量の1世帯分以上の電力である454.1kWhもの電力を削減し、エネルギー管理システム上でその効果を確認することができました。

今後も獨協大学はSDGs達成に向けて積極的に様々な取り組みを行ってまいります。

図最新2.png

全学ライトダウンプロジェクトによる電力削減効果





ページトップへ