第26回講演会「教師と生徒の英語によるやり取りを中心とした授業づくり」(7月23日)

第26回講演会「教師と生徒の英語によるやり取りを中心とした授業づくり」(7月23日)

獨協大学英語教育研究会(DUETA)主催第26回講演会は、新学習指導要領に基づく指導と評価のポイントや課題について、津久井貴之先生(群馬大学共同教育学部英語教育講座 講師)にご講演いただきます。

テーマ:教師と生徒の英語によるやり取りを中心とした授業づくり

新学習指導要領に基づく授業が、高等学校でも開始された本年度は「小中高一貫した英語指導元年」と言える。言語活動中心の授業づくりでは「教師と生徒の英語によるやり取り」の重要性が高まっている。
また、新観点に基づく評価では、学校現場の試行錯誤が続いている。指導と評価のポイントや課題について、皆さんと考えてみたい。

講 師:津久井貴之氏(群馬大学共同教育学部英語教育講座 講師)

第26回講演会「教師と生徒の英語によるやり取りを中心とした授業づくり」

日時|2022年7月23日(土) 15:00 ~ 17:00
場所|オンライン配信(Zoomミーティング)
対象|英語教育に携わる又は関心がある方ならどなたでも参加いただけます。
申込|事前申込制(自動返信メールにてZoom情報をお知らせします)

お申し込みはこちら

主催|獨協大学英語教育研究会(DUETA)
問合わせ |羽山 恵(獨協大学外国語学部英語学科、DUETA代表)meghayama[a]dokkyo.ac.jp [a]はアットマークに読み替えてください。

DUETAホームページ https://www.dokkyodueta.org

DUETA第26回講演会ご案内チラシは、こちらから

ページトップへ