セミナーハウス(仮称)建設工事の起工式を執り行いました

セミナーハウス(仮称)建設工事の起工式を執り行いました

324日、獨協大学セミナーハウス(仮称)建設工事の起工式を執り行いました。

式典には吉田謙一郎獨協学園理事長をはじめ、山路朝彦学長、設計・監理会社の石本建設事務所代表取締役社長、施工会社の清水建設株式会社常務執行役員関東支店長らが出席しました。

山路朝彦学長は式典で「セミナーハウス(仮称)には、本学学生の新たな教育研究、課外活動の他、地域への貢献や交流の場としての役割を期待しています。全ての方々にとって魅力ある施設になることを願っています」と挨拶しました。

当施設は、来年20231月に完成を予定しています。

_DSC0576.jpg

ページトップへ