第11回ワークショップ「指導と評価の一体化から考えるICTの活用と英語教育」(3月5日)

第11回ワークショップ「指導と評価の一体化から考えるICTの活用と英語教育」(3月5日)

獨協大学英語教育研究会(DUETA)主催の第11回ワークショップを開催いたします。

テーマ:「指導と評価の一体化から考えるICTの活用と英語教育」

講 師:有嶋 宏一 氏(鹿児島県総合教育センター 研究主事、本学卒業生)

新学習指導要領の実施に伴い、現在中学校及び高等学校では、「知識・技能」、「思考・判断・表現」、「主体的に学習に取り組む態度」の3つの観点を取り入れた観点別学習状況の評価が導入されつつあります。
またあわせて、「指導と評価の一体化」という言葉もよく聞くようになりました。
この3つの観点について、どのように指導し、どのように評価すればよいのか、ICTの活用という視点も取り入れつつ、中学校及び高等学校の英語教育についてみなさんと一緒に考えていければと思います。

第11回ワークショップ「指導と評価の一体化から考えるICTの活用と英語教育」

日時|2022年3月5日(土) 15:00 ~ 17:00
場所|オンライン配信(Zoomミーティング)
対象|英語教育に携わる又は関心がある方ならどなたでも参加いただけます。
申込|事前申込制。DUETAホームページから申し込みをしてください。自動返信メールにてZoom情報をお知らせします。
主催|獨協大学英語教育研究会(DUETA)
問合わせ |羽山 恵(獨協大学外国語学部英語学科、DUETA代表)meghayama[a]dokkyo.ac.jp [a]はアットマークに読み替えてください。

DUETAホームページ https://www.dokkyodueta.org

DUETA第11回ワークショップご案内チラシは、こちらから

ページトップへ