法学部の授業にて内閣府と埼玉県の職員の方々をゲスト講師としてお呼びしました

法学部の授業にて内閣府と埼玉県の職員の方々をゲスト講師としてお呼びしました

111日(月)、法学部「地方自治論」(大谷基道教授)の授業において、内閣府と埼玉県の職員の方々にゲスト講師としてお越しいただき、地方分権改革についてご講演いただきました。

これは、埼玉県の県政出前講座として行われているものであり、毎年、多くの受講生から好評を得て、2018年度から4年連続で実施されています。

教室での対面とZoomによるオンライン配信のハイブリッドで実施されたこの授業には、合わせて百数十名が出席し、受講生から時間内に回答しきれないほど多くの質問が寄せられるなど、大いに盛り上がりました。

大谷先生.jpg

ページトップへ