【~食べて、高める防災意識~】防災備蓄品(缶詰)の配布を行いました

【~食べて、高める防災意識~】防災備蓄品(缶詰)の配布を行いました

76日(火)、7日(水)、賞味期限を踏まえたフードローテーションのため、防災備蓄品として本学で保管している缶詰3種(里芋とりそぼろ、やきとりたれ、やきとり柚子胡椒)の配布を行いました。

今回の配布は、食品ロスを減らすことに加え、学生の防災意識の向上を主たる目的として、本学の職員防災対策ワーキンググループのメンバー、そしてEarth Week Dokkyo実行委員の学生たちが配布を行い、2日間で約800名の学生が缶詰を受け取りました。

配布作業に参加したEarth Week Dokkyo実行委員の学生たちからは、
「このような経験ができて良かった。大学としてこの取り組みを行うことはとても良いことだと感じる」「この防災備蓄品受け取りにより、自宅での防災を考えるきっかけとなってほしい」といった感想が寄せられました。

本学では毎年1回、大規模地震を想定した防災基本訓練を実施しており、今年は1015日(金)に実施予定です。

Earth Week Dokkyoについての詳細はこちら

IMG_2879.JPG

IMG_2887.JPG

ページトップへ