公開講演会「ポストコロナの住宅、都市と関連政策」【7月29日】

公開講演会「ポストコロナの住宅、都市と関連政策」【7月29日】

獨協大学地域総合研究所2021年度公開講演会「ポストコロナの住宅、都市と関連政策」を、以下のとおり開催いたします。

新型コロナウィルス感染症は、全世界的にも人々の暮らし方や働き方に多大な影響をもたらしています。住宅や都市の姿もコロナ禍前とは大きく変わってくるものと思われます。特に超高齢化社会を迎え土地基本法が30年ぶりに改正されるなど、政策の大きな転換点にある日本の場合、その影響は注目すべきものになります。
本講演では、London School of Economics 名誉教授のChristine Whitehead氏より、ポストコロナの住宅、都市及び関連政策について講演いただき、コロナ後の住宅、土地、都市の姿を展望するとともに、関連する政策はどうあるべきか、参加者の皆さんと一緒に考える機会にしたいと思います。

2021年6月 獨協大学地域総合研究所

獨協大学地域総合研究所2021年度公開講演会「ポストコロナの住宅、都市と関連政策」

開催日時:2021年7月29日(木) 17:30~19:10

開催方法:Zoomウェビナーを利用したLIVE配信(後日、一般財団法人建設経済研究所ホームページ[外部サイトリンク]で録画配信予定)

言 語:英語(日本語による同時通訳あり)

対 象:どなたでも参加いただけます

参加費用:無料

共 催:獨協大学地域総合研究所、一般財団法人建設経済研究所

後 援:国土交通省

申込方法:事前申込制。申込希望者は、こちら[外部サイトリンク]からお申込みください

参考資料

本イベントの案内チラシは、こちら

chiikiken_kouenkai_2021.jpg

ページトップへ