経済学科高安ゼミが大学生観光まちづくりコンテストで入賞

経済学科高安ゼミが大学生観光まちづくりコンテストで入賞

 経済学科・高安健一ゼミ(開発経済学)の3年生8人で構成される「Dokkyo ∞Cycく~る(サイクール)チーム」が提案したプランが、大学生観光まちづくりコンテスト(運営:(株)JTB埼玉支店)で佳作を受賞しました。

 学生の提案は、首都圏在住の若い女性層をターゲットにした「自分の好きを見つける旅Freedomサイケーション~NO密で濃密なひとときを in 茨城~」と題したプランです。
 茨城県のつくば霞ヶ浦りんりんロード近隣地域に、ワーケーション(※)テント等のワークスペースを設置することで、自転車で自由に移動し観光を楽しみながら仕事をする、持続可能な観光まちづくりを提案しました。学生たちはこの取り組みを「サイクリング」と「ワーケーション」とを掛け合わせ「サイケーション」と名付けました。
 チームメンバーの髙野奨真さん(経済学科3年)は、「大学に入構できない中、週3日から4日ほどZoomを使ってミーティングを行いました。これにより移動時間を節約できるという効果も得られました。茨城県庁等への取材もオンラインで行うなど、対面での活動を最小限に抑えてプロジェクトを推進できた経験は、ポストコロナの学びにも応用できると思います」と述べました。

※「ワーク」と「バケーション」の造語で、観光地等で仕事をしながら休暇を取ること

高安ゼミ観光チーム.jpg「Dokkyo ∞ Cycく~るチーム」
川口 紗椰(経済学科3年)
小寺 望月(経済学科3年)
橋本 達哉(経済学科3年)
髙野 奨真(経済学科3年)
山中 涼花(経営学科3年)
清水なつめ(国際環境経済学科3年)
内藤 早彩(国際環境経済学科3年)
湯浅麻由乃(国際環境経済学科3年)

ページトップへ