2020年度9月卒業式を挙行しました

2020年度9月卒業式を挙行しました

 927日、2020年度9月卒業式・学位記授与式を挙行し、120名の卒業生が巣立ちました。当日は、新型コロナウイルス感染症予防の観点から、会場を天野貞祐記念館大講堂から創立50周年記念館<西棟>の各教室に変更し、参加者を卒業生と教職員のみに限定しました。

 学部ごとに教室を分けて行った式典では、卒業生全員の氏名を読み上げた後、学部長が代表学生2名に学位記を授与しました。その後の学長式辞では、教室のスクリーンに山路朝彦学長が投影され、学長は卒業生に対し「ウィズコロナ、ポストコロナの世界の中では、現状の仕組みや思考方法を根本から疑う視点を持ち、新たな行動様式を確立することが求められています。卒業後も、直面する幾多の課題に対応できる感性と技能、人の悲しみに共感できる想像力に一層の磨きをかけ、揺るぎない人生を築いてもらいたいと思います」と、はなむけの言葉を送りました。
 学位取得者数は次のとおりです。

◆外国語学部

 ドイツ語学科  16名
 英語学科 8名
 フランス語学科 5名
 交流文化学科 7名

◆国際教養学部

 言語文化学科 20名

◆経済学部

 経済学科 12名
 経営学科 24名
 国際環境経済学科 10名

◆法学部

 法律学科 7名
 国際関係法学科 6名
 総合政策学科 5名

計120名

2DSC04885.jpg200927_225web.jpg

ページトップへ