授業支援システム「manaba」の導入(予定)および主な機能について

授業支援システム「manaba」の導入(予定)および主な機能について

新たな授業支援システムとしてLMSLearning Management System)の「manaba(マナバ)」を導入する予定です。

正式な運用開始は6月上旬を予定しています。利用環境が整い次第、ID/パスワードや使用上の注意点等を、獨協大学Webメールで配付します。

※獨協大学Webメールのメール容量が一杯(100%)になっている場合、新規メールを受信できなくなります。不要なメールを削除するなど整理して、メール容量を空けてください。

※獨協大学Webメールでメール転送設定をしている場合、転送メールを自分のフォルダに残すよう設定してください。転送先でメールが受信できないと、メールが消失してしまう場合があります。

※「manaba」には、「レポート管理」機能や「資料配布」機能のほか、教員と学生や学生同士のディスカッションや質疑応答が可能な「掲示板」機能、履修生を複数のチームに分けてチームごとに掲示板と課題提出を行うことができる「プロジェクト」機能、WEB上での「小テスト」の作成、実施、採点を行う機能等があります。学内・自宅を問わず、インターネット環境があれば利用が可能です。 (スマートフォンにも対応しています。)

2020519

獨協大学

ページトップへ