第36回高校生親善剣道大会 男子は立教新座高校、女子は東京学館浦安高校が優勝

第36回高校生親善剣道大会 男子は立教新座高校、女子は東京学館浦安高校が優勝

 1117日、第36回獨協大学高校生親善剣道大会(主催・体育会剣道部)が本学アリーナにおいて開催されました。当日は、新潟や静岡を含む9都県から60校以上が集まり、男女合わせて550名以上の高校生が参加しました。男子団体戦は立教新座高等学校(埼玉県)、女子団体戦は東京学館浦安高等学校(千葉県)が優勝しました。

 本大会は、学生が中心となり、会場運営や高校との手続きなどの運営をしています。また、参加高校の顧問の先生方が審判として参加し、各試合の記録を近隣の中学生が行っています。本学学生のみならず、草加市民や参加校、剣道部OBが一体となって大会を支えています。この協力がなければ、第36回大会まで続くことはなかったかもしれません。この大会が続いていくことを期待します。
(学生記者/越川響)

■第36回獨協大学高校生親善剣道大会結果
<男子>
優勝 立教新座高等学校(埼玉)
準優勝 東京農業大学第二高等学校(群馬)
3位 埼玉県立熊谷高等学校(埼玉)、船橋市立船橋高等学校(千葉)
<女子>
優勝 東京学館浦安高等学校(千葉)
準優勝 共愛学園高等学校(群馬)
3位 高崎健康福祉大学高崎高等学校(群馬)、船橋市立船橋高等学校(千葉)

■剣道部主将 菅野誠也さん(律4年)のコメント
 今年の獨協大学高校生親善検討大会は、例年参加できなかった高校にも参加いただきました。1回戦から熱い戦いが繰り広げられ、内容も充実したものでした。今年から女子団体戦を3人制から5人制に変更し、より公式戦に近い形で試合を行うことができ、監督の先生方からもご好評いただきました。
 多くの関係者の方々にご支援いただき、今年も無事に大会を終えることができました。これからも良い大会を継続して運営するとともに、普段の稽古もチーム一丸となって精進してまいります。

ページトップへ