国際シンポジウム いじめ法制の東アジア比較

国際シンポジウム いじめ法制の東アジア比較

国際シンポジウムいじめ法制の東アジア比較

日時:2020年1月11日(土)13:00-17:00
場所:獨協大学W棟412教室(埼玉県草加市学園町1-1)


13:00-13:20 挨拶・趣旨説明

【基調講演】
13:20-14:20 市川須美子(獨協大学)
「いじめ防止対策推進法といじめ裁判の展開」

【発表】
14:30-14:50 宋 峻杰(国家教育研究院教育制度及び政策研究センター)
「台湾におけるいじめ法制と実態」
14:50-15:30 金 龍(韓国教員大学校)
「韓国における学校暴力予防法の施行以降の学校の変化」
15:30-16:10 李 定玟(韓国檀国大学校)
「韓国の学校暴力予防法改正(案)を検討する」

【全体討論】
16:10-17:00 討論者:小島優生(獨協大学)・平田由紀江(日本女子大学)


※通訳つき 韓日通訳: 羅一等(獨協大学)

主催:獨協大学国際共同研究「学校教育活動の「法化」現象に関する
東アジア比較研究:いじめ・学校暴力対策法制の展開を中心に」(研究代表者:川村肇)


日時 | 2020年1月11日(土)13:00-17:00
場所 | 獨協大学W棟412教室(埼玉県草加市学園町1-1)
主催 | 獨協大学国際共同研究「学校教育活動の「法化」現象に関する東アジア比較研究:いじめ・学校暴力対
策法制の展開を中心に」(研究代表者:川村肇)
備考 |
ページトップへ