防災備蓄品配布訓練を行いました

防災備蓄品配布訓練を行いました

5月24日と28日に、本学の職員防災対策ワーキンググループのメンバーを中心に防災備蓄品の配布訓練が行われました。今回の訓練は、防災意識や食品ロスを減らす意識を学生・教職員に高めてもらうことを目的とし、職員が6月中旬に賞味期限を迎えるビスケット缶を配布しました。
本学では毎年1回、大規模地震を想定した防災基本訓練(避難・救護・消火訓練等)を実施しています。今年は10月16日(水)に行う予定です。



 

関連リンク]

獨協大学防災の取組

ページトップへ