国際交流センターが天野貞祐記念館2階にリニューアルオープン

国際交流センターが天野貞祐記念館2階にリニューアルオープン

3月19日、国際交流センターが天野貞祐記念館1階から同館2階中央部分のMM工房跡地に移転し、さらなる国際化推進に向けて再スタートを切りました。これに併せ、外国人学生・外国人留学生対象の日本語科目を担当している日本語教育準備室も6棟1階から国際交流センター隣に移転し、名称を「日本語教育オフィス」に改めました。

これまで、日本人学生から「なかなか留学生と交流する機会がない」等の声が寄せられていました。このため、天野記念館3階・4階にある多言語・多文化コミュニケーションスペースICZ(International Communication Zone)に留学生関連セクションを近接させ、天野記念館中央ゾーンを国や学部、学年を越えた国際交流拠点として位置づけ、発展させることとなりました。今後、国際交流センターとICZによる合同イベント等も企画する予定です。

ページトップへ