教員研究業績最終更新日:2019年12月13日

氏名 林 永強
所属 国際教養学部言語文化学科
職名 准教授

研究業績

⟺ スクロールできます
種別 著書・論文等の名称 単著
共著
分担執筆
発行年月 発表誌名称・発行元 共著者・編者 頁数
著書 近代日本語学と東アジア 分担執筆 2019年6月 臺大出版中心 (共編著)藤田正勝、林永強 全291頁(うちpp.175-198)
著書 Globalizing Japanese Philosophy as an Academic Discipline (第11章担当) 分担執筆 2017年4月 V&R Unipress and Natiional Taiwan University Press (共編著)Cheung Ching-yuen and Lam Wing-keung 全285頁(うち pp.181-192)
著書 日本倫理觀與儒家傳統(第6章担当) 分担執筆 2017年3月 臺大出版中心 (共編著)蔡振豐、林永強 全239頁(うちpp.135-159)
著書 東亞與現代哲學的「自我」與「個人」(第8章担当) 分担執筆 2015年12月 臺大出版中心 (共編著)蔡振豐、林永強、張政遠 全269頁(うちpp.207-230)
著書 『跨文化哲學中的當代儒學:與京都學派哲學的對話』 分担執筆 2015年4月 臺灣中央研究院中國文哲研究所 (共編)陳瑋芬、廖欽彬 全197頁(うちpp.99-124)
著書 After New Confucianism: Whither Modern Chinese Philosophy (第5章担当) 分担執筆 2014年3月 Institute for Advanced Studies on Asia,
University of Tokyo
(共編著)Nakajima Takahiro, Lam Wing-keung and Baba Tomokazu, 全137頁(うちpp.93-109)
著書 グローバル化時代における現代思想 香港会議(第2章担当) 分担執筆 2014年2月 University of Tokyo Center for Philosophy (共編)中島隆博、馬場智一 全178頁(うちpp.31-40)
著書 東亞視野下的日本哲學:傳統、現代與轉化(第5章担当) 分担執筆 2013年12月 臺大出版中心 (共編著)林永強、張政遠 全234頁(うちpp.101-121)
著書 日本哲学の多様性—21世紀の新たな対話をめざして(第11章担当) 分担執筆 2012年12月 世界思想社 (共編著)林永強、張政遠 全254頁(うちpp.194-205)
著書 Cross-cultural Perspectives on East Asian Religious Traditions:
Contemporary Confucianism and Kyoto School
分担執筆 2011年12月 Institute of Chinese Literature and Philosophy, Academia Sinica, Taiwan (共編)Ng Yu-kwan and
Chen Wei-fen
全341頁(うちpp.109-131)
著書 『善の研究』百年—世界へ/世界から(第12章担当) 分担執筆 2011年11月 京都大学学術出版会 (編著)藤田正勝 全406頁(うちpp.255-271)
著書 Zivljenje, smrt in umiranje v medkulturni perspektivi (第6章担当) 分担執筆 2011年8月 Univerza v Ljubljani (共編著)Maja Milčinski and Ana Bajželj Bevelacqua 全220頁(うちpp.79-87)
著書 Whither Japanese Philosophy? III Reflections Through Other Eyes
(第5章担当)
分担執筆 2011年1月 University of Tokyo Center for Philosophy (編著)Nakajima Takahiro 全92頁(うちpp.69-80)
著書 Frontiers of Japanese Philosophy 4: Facing the Twenty-first Century
(第16章担当)
分担執筆 2009年5月 Nanzan Institute for Religion and Culture (共編著)Cheung Ching-yuen and Lam Wing-keung 全304頁(うちpp.251-263)
著書 Frontiers of Japanese Philosophy 2:
Neglected Themes and Hidden Variations (第8章担当)
分担執筆 2008年8月 Nanzan Institute for Religion and Culture (共編著)Victor Sōgen Hori Melissa Anne-Marie Curley 全261頁(うちpp.129-144)
著書 Frontiers of Japanese Philosophy (第2章担当) 分担執筆 2006年2月 Nanzan Institute for Religion and Culture (編)Jamese W. Heisig 全313頁(うちpp.22-38)
論文 「西田幾多郎の政治哲学—東アジアからみた責任と責任感とのあいだ」 単著 2016年4月 『哲学』第67号 日本哲学会 pp.25-41
論文 西田幾多郎とT. H. グリーン−−トランス・カルチュラル哲学の視点から 単著 2013年10月 『日本哲学史研究』第十号 京都大学文学研究科日本哲学史研究室 pp.20-38
論文 西田幾多郎與牟宗三:跨文化倫理學説的可能性 単著 2012年12月 『臺灣東亞文明研究學刊』第九巻、第二期 台湾大学人文社会高等研究所 pp.73-100
論文 Rationality' in History: Nishida Kitarō and Mou Zongsan 単著 2009年7月 『西田哲学会年報』第六号 西田哲学会 pp.169-186
論文 生命の学問としての哲学―西田幾多郎と牟宗三 単著 2008年9月 『理想』第681号 理想社 pp.174-180
論文 佛教與基督教對話的詮釋問題:阿部正雄的倒空的神 単著 2008年6月 『臺灣東亞文明研究學刊』第五巻、第一期 台湾大学人文社会高等研究所 pp.113-144
論文 西田幾多郎における「日本」―『日本文化の問題』を中心として 単著 2007年7月 『西田哲学会年報』第四号 西田哲学会 pp.125-139
論文 日本哲学とは何か―中江兆民の観点をめぐる一考察 単著 2004年12月 『中日文化研究』総第六期、第三期 南京大学 pp.134-138
ページトップへ