教員研究業績最終更新日:2020年1月28日

氏名 江花 輝昭
所属 外国語学部フランス語学科
職名 教授

研究業績

⟺ スクロールできます
種別 著書・論文等の名称 単著
共著
分担執筆
発行年月 発表誌名称・発行元 共著者・編者 頁数
著書 はじめて学ぶフランス文学史 共著 2002年4月 ミネルヴァ書房 横山安由美,朝比奈美知子 編著
著書 『集英社世界文学事典』 分担執筆 2002年2月 集英社 409頁-410頁
論文 「モリエールとルイ14世―1661年の転機―」 単著 2016年2月 『フランス文化研究』第47号 45頁-62頁
論文 身体の饗宴―宮廷バレエからコメディ・バレエへ 単著 2010年2月 『フランス文化研究』第41号 1-50頁
論文 IT時代の語学教育(2)―E-learningプラットフォームMoodleを利用した「和文仏訳」の授業― 単著 2007年3月 『獨協大学外国語教育研究』第25号 43-54頁
論文 家族・王権・祝祭―喜劇作家はいかにして政治と出会うか― 単著 2006年2月 『フランス文化研究』第37号 93-135頁
論文 IT時代の語学教育(1)―Webベース教材を用いた「フランス語講読」の授業― 単著 2005年3月 『獨協大学外国語教育研究』第23号 57-76頁
翻訳と研究 マラン神父『東北旅行記―函館から横浜まで』 単訳 2012年2月 『フランス文化研究』第43号 35-115頁
翻訳 十八世紀叢書Ⅵ『性 抑圧された領域』サミュエル=オーギュスト・ティソ「オナニスム」、J. D. T. ビヤンヴィル「ニンフォマニア」 共訳 2011年6月 国書刊行会 阿尾安泰 編翻訳 7頁-280頁
翻訳 『罪と恐れ―西欧における罪責意識の歴史/十三世紀から十八世紀』 分担訳 2004年12月 新評論 771-72,403-467,715-769頁
ページトップへ