Dokkyo University Graduate School

ページ内を移動するためのリンクです。
ファンクションメニュー
TextSize:

特色 | 修士課程日本語教育専攻

修士課程日本語教育専攻

現職の日本語教師、および有能な日本語教師を目指す人のための、高度な教授技能と問題意識を持った現代的な日本語教師を育成する1年制修士課程である。

日本語の教授法や言語学的・文化的側面に関する幅広い知識の習得にとどまらず、日本語教育の現場に即した問題を深く掘り下げるために、異文化コミュニケーション・カウンセリング・統計・評価測定・コンピュータ処理など関連する諸分野からの追及を同時に行うことで、現代の日本語教育が抱える諸問題に多面的に対処する技能と方法の習得につとめる。くわえて、短期間での問題追及と教授法の体得、技能・知識の習得、および学位の取得を目指す。そのために、集中的・効率的なカリキュラムを実施し、現職日本語教師の職務の現場との連携を可能にする学習形態をとるために、授業は少人数の演習形式を中心として、互いの研鑽を積極的に進める場となる。

入学者受入れ方針

(教育目的)
「語学・文学・文化・外国語教育分野において、総合的、専門的、また学際的な教育・研究を行い、語学・文学・文化・外国語教育の研究の発展に資するとともに、高度の専門性を有する職業に必要な学識・能力をもった人材を養成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)
自立的な調査、研究、発表を通じて、外国語に関わる分野の研究者を志す人物、あるいは教員や国際機関職員等、高度の知識を持った専門家となることを志す人物を求める。

(出願要件)
大学卒業程度の資格と学力を有する。出身大学は問わない。

(入学者選抜方法)
筆記、口述、または書面等により、語学・文学・文化・外国語教育の専門知識、外国語の能力を判定し、さらに志望動機、学習・研究意欲を問う入試を行う。

教育課程の編成・実施方針

語学・文学・文化・外国語教育分野において、総合的、専門的、また学際的な教育・研究を行い、語学・文学・文化・外国語教育の研究の発展に資するとともに、高度の専門性を有する職業に必要な学識・能力をもった人材を育成するためのカリキュラムを編成する。

入学定員

4名

収容定員

4名

学位名称

修士 (日本語教育)

学位授与方針

(学位授与要件、学位の種類)
修業年限を満たし、所定の単位を取得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ、学位論文または特定課題研究の審査及び最終試験に合格した者に「修士(ドイツ語教育、ドイツ語学、ドイツ文学、ドイツ文化研究、ドイツ社会研究、英語学、英米文学、英語文化研究、国際関係論、コミュニケーション論、英語教育、フランス語学、フランス文学、フランス文化研究、日本語教育)」の学位を授与する。

(学位の裏付けとなる「能力」)
・語学・文学・文化・外国語教育分野において、総合的、専門的、また学際的な教育・研究を行う能力を身に付けている。
・語学・文学・文化・外国語教育の研究の発展に資するとともに、高度の専門性を有する職業に必要な学識・能力を身に付けている。

教育研究上の主な特徴

その1
以下の3つの理論的・実用的な研究・教育を重視する!
(1) 学習者の言語習得プロセスを視野に入れ、中間言語の形成をサポートするような言語教育活動
(2) これまで十分な研究がされてこなかった日本語教育における「評価・測定」(テスト法など)分野の言語教育活動
(3) コンピュータを利用した言語教育活動

その2
教育の方法と実践的な取り組み!
(1)高度な言語習得理論および外国語教授理論の獲得を基礎にしつつ、より実践を重視した個別演習を中心に構成されるカリキュラムと実践応用研究報告による修了判定
(2)現職日本語教員である学生は、自分で受け持つ授業自体を実務研修(教育実習)の場として利用できる。それ以外の学生に対しては、獨協大学で行われている「地域に住む外国人のための日本語自主運営講座」等を実務研修(教育実習)の場として提供される

授業科目および履修単位数

  授業科目 科目内容 単位 必修 選必 選択



日本語教育学研究T 1. 外国語教授法総論 4 4    
日本語教育学研究U 1. 第二言語習得論 4   4 12
2. 現代日本語論(文法) 4  
3. 現代日本語論(語彙・意味) 4  
4. 日本語言語生活研究 4  
日本語教育特殊演習 1. 技能別指導演習 T 2   8
2. 技能別指導演習 U 2  
3. 教材開発演習 T 2  
4. 教材開発演習 U 2  
5. 授業分析演習 T 2  
6. 授業分析演習 U 2  
7 .中間言語研究演習 T 2  
8. 中間言語研究演習 U 2  
9. 評価・測定演習 2  
10. 統計処理演習 2  
11. 異文化間コミュニケーション演習 2  
12. 日本語スピーチクリニック演習 2  
日本語教育実践演習T 1. 実践応用研究 2 2  
日本語教育実践演習U 1. 実践応用研究 2    
個別演習 1. 特定課題研究 2 2



教育特殊研究 1. 情報工学 2    
2. スクール・カウンセリング a 2
3. スクール・カウンセリング b  
修了に必要な単位数合計 8 12 12
32

2単位科目は半期で完結する科目である。

厚生労働省 教育訓練制度

本課程(日本語教育専攻)は「厚生労働大臣指定教育訓練制度」の指定を受けています。厚生労働省の定める受給資格を満たした者が、指定科目の単位を修得し、修了(修士の学位の授与)することにより、大学に納付した入学金・授業料の20%(上限10万円)の給付をハローワークから受けることができます。
(支給要件期間3年以上)

このページのトップへ