獨協大学図書館
【図書館】展示「アルベール・カミュ:生きることへの愛」(11/17~12/9)

【図書館】展示「アルベール・カミュ:生きることへの愛」(11/17~12/9)

第32回獨協インターナショナル・フォーラム関連企画展示
「アルベール・カミュ:生きることへの愛」

期間:2021年11月17日(水)〜12月7日(火) 9日(木)

場所:天野貞祐記念館メインエントランス 展示スペース

2021年12月3日(金)、4日(土)に開催される獨協インターナショナル・フォーラム
「アルベール・カミュ:生きることへの愛」に関連して、
展示を実施いたします。

アルベール・カミュ(Albert Camus,1913-1960)はフランスの小説家・劇作家・評論家で、
当時フランスの植民地だったアルジェリアに生まれました。
1936年に処女作の自伝的エッセイ『裏と表』(L'Envers et l'Endroit)を発表しましたが、
最後から二つ目のエッセイには「生きることへの愛」という表題が与えられており、
これが今回のフォーラムのテーマとなっています。

この展示では、代表的な著作『異邦人』(L'Étranger)、『ペスト』(La Peste)や当時の新聞記事など、
獨協大学図書館所蔵の資料や個人所蔵の資料から、カミュの思想やその受容の一端をご紹介いたします。
本学図書館所蔵の資料については、一部を除き展示後にご利用いただけます。

2021年11月16日 獨協大学図書館

「アルベール・カミュ:生きることへの愛」展示解説.pdf

(11月25日追記)
「獨協大学Global Frontier」のYoutubeチャンネルにて、展示の様子が動画でご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=VgEk2N3YzMs


(12月6日追記)
好評につき、期間を12月9日(木)まで延長いたします。



生きる事への愛展示.jpg

ページトップへ