修士論文

修士論文

論文指導教員と論文題目一覧 | 修士論文

専攻 年度 専修分野 指導教員 論文題目




2017 ドイツ社会研究 黒田多美子 歴史科アビトゥーア試験と「過去の克服」 -ベルリンにおける歴史教育を事例として-
ドイツ文化研究 青山 愛香 ザンクト・ガレン修道院の初期中世西欧写本研究
-イニシャル研究を中心に-
2018 ドイツ文学 矢羽々崇 ホーフマンスタールにおける散文の再考
-『架空の会話と手紙』研究-
2019 ドイツ文学 矢羽々崇 ケストナーの戦後抒情詩
―『13か月』に見られる戦前との差異と連続性―
ドイツ語教育 A.ヴェルナー Zu Schwierigkeiten bei der Übersetzung vom Deutschen ins Japanische
-am Beispiel des Funktionsverbgefüges
zur Verfügung stehen
2020 ドイツ文学 工藤 達也 過去と救済
―カフカ・ベンヤミン・ツェランにおける「メシア的なもの」―
2021 ドイツ文学 工藤 達也 カフカの作品における女性像の変容
―初期短編から『訴訟』までを中心に―


2016 英語学 鈴木 英一 英語の時制構造に関する一研究 (A Study on Tense Structures in English)
英語学 府川 謹也 英語における進行形の再考―構文としての意味特徴の模索―
(A Reconsideration of the Meaning of the Progressive Form in English: An Attempt to Define its Semantic Characteristics)
国際関係論 永野 隆行 オーストラリアにおけるアボリジニ問題―「差別」認識の形成とその国際的要因
(Aborigines Issues in Australia ― How Australia approached to the issues from the international context)
英語教育 浅岡千利世 A Qualitative Analysis of Educational Support
for the Language‐Minority Students in Japan
2017 コミュニケーション論 柿田 秀樹 A Rhetorical Analysis of Visual Culture in the Seventeenth Century
英米文学 原 成吉 Lawrence Ferlinghetti's Vision of America in
A Coney Island of the Mind
英語教育 J.N.ウェンデル The Effects of Pre-task Planning on L2 Learners' Written Narrative Production
2019 英米文学 片山 亜紀 『ダロウェイ夫人』における心的空間表象としての室内空間
Interior Spaces as Psychological Spaces in Mrs.Dalloway
英米文学 原 成吉 William Carlos Williams' Americanism in
In the American Grain
英語教育 浅岡 千利世 Teachers' Perceptions of English and Japanese Language Alternation in University EFL Classrooms: A Qualitative Study from Japan
2020 英語学 青栁真紀子 Production and Perception of the English Voiceless Fricatives /s/ and /θ/ by Japanese EFL Learners
2021 英語教育 羽山 恵 The Effect of Instructing Vocabulary Learning Strategies on Japanese High School Students: Taking Individual Differences into Account





2010 フランス語学 田中 善英 現代フランス語における代名動詞の中立的用法について
フランス語学 田中 善英 現代フランス語の従属節における主語の位置について
2011 フランス語学 田中 善英 現代フランス語におけるquelを用いた感嘆文について
2012 フランス文学 田村 毅 ジュール・ルナール「にんじん」研究
~父と子の関係について~
フランス文学 田村 毅 アナトール・フランス『シルヴェストル・ボナールの罪』研究
-理想化された擬似的伝記物語-
2016 フランス語学 田中 善英 現代フランス語における受動的代名動詞のアスペクトについて
2019 フランス語学 田中 善英 言語選択と言語景観、言語計画の関係性について:
批判的社会言語学によるケベック州モンレアルの状況分析に基づく考察
ページトップへ