Dokkyo University Graduate School

ページ内を移動するためのリンクです。
ファンクションメニュー
TextSize:

特色|博士後期課程

博士後期課程は、理論、歴史・政策、経営・情報の3分野で構成され、博士前期課程から引き継いだ学問的成果をさらに高度なレベルで完結させるための優れた教授陣を擁している。わが国における経済発展と金融政策の歴史的解明、経済政策、地域産業政策、経済地理学、さらには経営管理、社会広告、管理工学、応用統計、会計学等の経営・情報の高度な学問分野の科目群を整え、わが国のみならず、とくにアジア地域を中心とする留学生に対しても、広く門戸を開いている。

入学者受入れ方針

(教育目的)
「経済・経営・情報の分野において、総合的、専門的、また学際的な教育・研究を行い、経済・経営・情報の研究の発展に資するとともに、高度の専門性を有する職業に必要な学識・能力をもった人材を養成すること」を教育目的とする。
博士後期課程は、経済・経営・情報分野において研究者として自立して教育・研究活動を行い、また公務、教育、税務、会計業務等に従事するに必要な高度の研究能力およびその基礎となる豊かな学識を養うことを教育目的とする。

(求める人物像)
 経済・経営・情報分野において研究者として自立して教育・研究活動を行おうとする人物、また公務、教育、税務、会計業務等に従事するに必要な経済・経営・情報分野における高度の研究能力を獲得しようとする人物を求める。

(出願要件)
大学院博士前期課程(修士課程)修了程度の資格と学力を有する者。

(入学者選抜方法)
書面、筆記、口述試験により、経済・経営・情報分野の高度な専門知識、外国語運用能力、志望動機、学習・研究意欲を問う。

教育課程の編成・実施方針

広汎かつ高度な講義科目、専門的な演習科目及び論文執筆指導により、経済・経営・情報分野において研究者として自立して教育・研究活動を行い、また公務、教育、税務、会計業務等に従事するに必要な経済・経営・情報分野における高度の研究能力およびその基礎となる豊かな学識を養うことを目的としたカリキュラムを編成する。

入学定員

5名

収容定員

15名

学位名称

博士 (経済学)

学位授与方針

(学位授与要件、学位の種類)
修業年限を満たし、所定の単位を取得し、かつ必要な研究指導を受けたうえ、以下の能力及び学識のうち1)および3)、または2)および3)に該当する者として学位論文の審査及び最終試験に合格した者に「博士(経済学)」の学位を授与する。

(学位の裏付けとなる「能力」および「学識」)
1)経済・経営・情報分野において研究者として自立して教育・研究活動を行うために必要な高度の研究能力を身に付けている。
2)公務、教育、税務、会計業務等に従事するに必要な経済・経営・情報分野における高度の研究能力を身に付けている。
3)以上の基礎となる豊かな学識を身に付けている。

対象者

修士の学位を有する者等

選考方法

英語(筆記)及び口述試験 *日本国籍を有しない受験生は英語に代えて日本語を選択することができる。

開講時間

1時限 9:00-10:30
2時限 10:45-12:15
3時限 13:15-14:45
4時限 15:00-16:30
5時限 16:45-18:15
6時限 18:30-20:00

*平日及び土曜日

科目の構成

部門 理論 歴史・政策 経営・情報
科目
(それぞれ特殊研究科目・演習科目開講)
統計学
外国経済論
開発経済論
都市経済学
日本社会史
経済政策論
金融論
金融政策史論
経済地理学
企業論
管理会計論
近代会計学
社会会計学
管理工学
応用統計学
情報処理論

科目担当者については、こちらを参照

必要単位

演習科目 12単位(必修)
演習担当教員の講義科目 4単位(必修)
その他の講義科目 8単位(選択)
合計 24単位

このページのトップへ