Dokkyo University Graduate School

ページ内を移動するためのリンクです。
ファンクションメニュー
TextSize:

特色 | 博士前期課程 英語学専攻英語教育専修コース

今日の英語教育では単に外国語の学習だけに留まらず、グローバルな観点に立つ国際理解の可能性を高めるためのコミュニケーション英語の習得が必須となっています。

しかしながら、国際コミュニケーションの手段としての英語への期待に応える授業を実践するための技能と教授法を習得する機会と場が、まだ十分に『現職の教員』に提供されていません。

本コースでは、将来の小学校・中学校・高等学校の英語教育における国際コミュニケーション英語の重要性に十分対応できる最新の研究に基づいた授業内容を提供することにより、英語教育の実践の更なるレベルアップを図ることを目指しています。

教育の目的

現職の英語教員が日頃学ぶ機会が十分に確保できない領域である英語運用能力の習得や日本語と英語の比較研究等を可能にし、学校教育の現場に合う有効なシラバスの開発や、生徒指導・教育に伴う「カウンセリング」や「情報工学」等実践的な教授法の習得を目的とする。

入学者受入れ方針

(教育目的)
「語学・文学・文化・外国語教育分野において、総合的、専門的、また学際的な教育・研究を行い、語学・文学・文化・外国語教育の研究の発展に資するとともに、高度の専門性を有する職業に必要な学識・能力をもった人材を養成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)
自立的な調査、研究、発表を通じて、外国語に関わる分野の研究者を志す人物、あるいは教員や国際機関職員等、高度の知識を持った専門家となることを志す人物を求める。

(出願要件)
大学卒業程度の資格と学力を有する。出身大学は問わない。

(入学者選抜方法)
筆記、口述、または書面等により、語学・文学・文化・外国語教育の専門知識、外国語の能力を判定し、さらに志望動機、学習・研究意欲を問う入試を行う。

教育課程の編成・実施方針

語学・文学・文化・外国語教育分野において、総合的、専門的、また学際的な教育・研究を行い、語学・文学・文化・外国語教育の研究の発展に資するとともに、高度の専門性を有する職業に必要な学識・能力をもった人材を育成するためのカリキュラムを編成する。

入学定員

9名 ※英語学専攻と合わせて9名

収容定員

18名 ※英語学専攻と合わせて18名

学位名称

修士 (英語教育)

学位授与方針

(学位授与要件、学位の種類)
修業年限を満たし、所定の単位を取得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ、学位論文または特定課題研究の審査及び最終試験に合格した者に「修士(ドイツ語教育、ドイツ語学、ドイツ文学、ドイツ文化研究、ドイツ社会研究、英語学、英米文学、英語文化研究、国際関係論、コミュニケーション論、英語教育、フランス語学、フランス文学、フランス文化研究、日本語教育)」の学位を授与する。

(学位の裏付けとなる「能力」)
・語学・文学・文化・外国語教育分野において、総合的、専門的、また学際的な教育・研究を行う能力を身に付けている。
・語学・文学・文化・外国語教育の研究の発展に資するとともに、高度の専門性を有する職業に必要な学識・能力を身に付けている。

教育研究上の主な特徴

@カリキュラム 1年コース課程に相応しい密度の濃い、高度な研究レベルの授業科目と授業内容。
英語教育学研究、日英対照研究、英語表現研究、教育特殊研究、個別演習科目を体系的に学習できるカリキュラム編成。
A修業年限 標準修業年限1年の修士課程
Bすでに教職についている者、大学卒業時に教員免許状を取得している者は「中学校教諭専修免許状」「高等学校教諭専修免許状」を取得できます。

  • 実践的コミュニケーション能力の修得を目指す立場から・・・

ネイティブの専門家を含む多様な研究・演習をカリキュラムに組み入れ、専門領域における英語運用能力と指導能力の向上を目指します。さらに外国語教育政策やシラバスデザインの企画・製作などの観点からも、21世紀の本格的なグローバル化時代に対応する英語教育のあり方を“理論”及び“実践”の両面から探っていきます。

  • 国際理解及びバランスのとれた意識の向上を目指す立場から・・・

幅の広い柔軟性のある国際感覚を養うため、「異文化アプローチ」や「対照分析アプローチ」などを中心に、外国語教育の言語だけでなく、文化の問題をどのように扱うかを考え、各種の教材分析・研究や、新しい辞書の開発など具体的な作業も重視しています。

  • 理論と実践の融合を図りつつ絶えず「全人的な教師」を目指す立場から・・・

新しい認知言語学や社会言語学などを踏まえ、社会的場面での言語使用という観点から、人間言語の特徴を立体的に捉えていくと同時に、言語習得について、特にその過程を実証的に調査・研究し、各種の方法論について深く考えていきます。

厚生労働省 教育訓練給付制度

本コースは、「厚生労働大臣指定教育訓練給付制度」の指定を受けています。厚生労働省の定める受給資格を満たした者が、指定科目の単位を修得し修了(修士の学位授与)することにより、大学に納入した入学金・授業料の20%(上限10万円)の給付をハローワークから受けることができます。(給付要件期間3年以上)
*詳細は、大学院課にお問い合わせ下さい。

このページのトップへ