Dokkyo University Graduate School

ページ内を移動するためのリンクです。
ファンクションメニュー
TextSize:

特色 | 博士前期・後期課程

博士前期課程

入学者受入れ方針

(教育目的)
「語学・文学・文化・外国語教育分野において、総合的、専門的、また学際的な教育・研究を行い、語学・文学・文化・外国語教育の研究の発展に資するとともに、高度の専門性を有する職業に必要な学識・能力をもった人材を養成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)
自立的な調査、研究、発表を通じて、外国語に関わる分野の研究者を志す人物、あるいは教員や国際機関職員等、高度の知識を持った専門家となることを志す人物を求める。

(出願要件)
大学卒業程度の資格と学力を有する。出身大学は問わない。

(入学者選抜方法)
筆記、口述、または書面等により、語学・文学・文化・外国語教育の専門知識、外国語の能力を判定し、さらに志望動機、学習・研究意欲を問う入試を行う。

教育課程の編成・実施方針

語学・文学・文化・外国語教育分野において、総合的、専門的、また学際的な教育・研究を行い、語学・文学・文化・外国語教育の研究の発展に資するとともに、高度の専門性を有する職業に必要な学識・能力をもった人材を育成するためのカリキュラムを編成する。

学位授与方針

(学位授与要件、学位の種類)
修業年限を満たし、所定の単位を取得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ、学位論文または特定課題研究の審査及び最終試験に合格した者に「修士(ドイツ語教育、ドイツ語学、ドイツ文学、ドイツ文化研究、ドイツ社会研究、英語学、英米文学、英語文化研究、国際関係論、コミュニケーション論、英語教育、フランス語学、フランス文学、フランス文化研究、日本語教育)」の学位を授与する。

(学位の裏付けとなる「能力」)
・語学・文学・文化・外国語教育分野において、総合的、専門的、また学際的な教育・研究を行う能力を身に付けている。
・語学・文学・文化・外国語教育の研究の発展に資するとともに、高度の専門性を有する職業に必要な学識・能力を身に付けている。

ドイツ語学専攻

本専攻では、ドイツ語学、ドイツ文学、ドイツ文化研究(歴史文化、政治社会)の部門に加えて、2006年度にドイツ語教育部門が新たに設置された。

今日外国語教授法の領域で新しい教授法や教材が研究開発される中で、ドイツ語教育と外国語教育に専門的に携わる人材の育成は急務となっている。本専攻のドイツ語教育部門は「外国語としてのドイツ語(DaF)」を念頭に置いて、全国の大学院においても類を見ない内容を備えている。

獨協大学ではすでに東京ゲーテ・インスティトゥートとドイツ語講座部門で提携をする一方、ウィーン大学Deutsch als Fremdsprache学科とも交換協定が結ばれており、交換留学生の派遣や教育実習生(Praktikant)の受け入れを長年にわたって行なっている。

本専攻では、今後ドイツ語圏の大学との協力関係を一層強めていくことで、従来のドイツ語学、ドイツ文学、ドイツ文化研究のそれぞれの専門知識と応用技術を具え、研究者として、また国際的実務担当者として活躍できる人材を育成する。そしてさらに、ドイツ語教授法における専門知識と教授技法にも通暁した、これからのドイツ語教育を担うエキスパートを養成することを目的とする。

入学定員

3名

収容定員

6名

学位名称

修士 (ドイツ語教育、ドイツ語学、ドイツ文学、ドイツ文化研究、ドイツ社会研究)

英語学専攻

英語学、英米文学、英語文化、コミュニケーション論、国際関係論、英語教育の各分野に関する幅広い知識と、対象を深く掘り下げて分析する研究方法を身につけることにより、先行諸研究を自主的に判断し、これを再編成しうる能力を養成することを目標とする。さらに、英語圏の言語・文化・社会に関する高度な専門知識を身につけた有為な人材の育成を目的とする。

また、2003年度より「現職英語教員」及び「将来英語教員を目指す社会人」のための英語教育専修コースが設置された。教育公務員特例法(大学院就学休業制度)および各種休職制度の利用により、修学しようとする現職教員を主な対象とするが、同時に、教員免許状(英語)を取得しているが教職の経験がなく、これから教員を目指す社会人に対しても広く門戸を広げている。「修業年限1年で学位の取得が可能」となることに配慮した履修形態を提供する。

入学定員

9名 ※英語学専攻英語教育専修コースと合わせて9名

収容定員

18名 ※英語学専攻英語教育専修コースと合わせて18名

学位名称

修士(英語学、英米文学、英語文化研究、国際関係論、コミュニケーション論、英語教育)

フランス語学専攻

学生の希望・適性に応じて語学(語学教育を含む)・文学・文化の3分野の中から自分の研究テーマを選べるよう、それぞれの分野に複数の「研究」と「演習」を配している。研究者・教員・国際的企業人等の進路に必要となる、高度の専門知識、基礎的研究能力、および十全な語学力をあわせて修得させることが本専攻の目的である。

入学定員

3名

収容定員

6名

学位名称

修士(フランス語学、フランス文学、フランス文化研究)

【共通科目について】

本研究科は、一定の個別言語を専攻させるかたわら、共通科目のうち1科目を選択必修科目として学生の研究の視野を拡大し、さらに、人間論・芸術論・科学論および教育者を目指すための外国語教授論などの関連科目のうち2科目を選択必修科目とすることにより、国際人としての教養の深化と教育界の養成に応えられる人材の育成を図っている。

博士後期課程

入学者受入れ方針

(教育目的)
「語学・文学・文化・外国語教育分野において、総合的、専門的、また学際的な教育・研究を行い、語学・文学・文化・外国語教育の研究の発展に資するとともに、高度の専門性を有する職業に必要な学識・能力をもった人材を養成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)
 自立的な調査、研究、発表を通じて、外国語に関わる分野の研究者を志す人物、あるいは教員や国際機関職員等、高度の知識を持った専門家となることを志す人物を求める。

(出願要件)
博士前期課程(修士課程)修了程度の資格と学力を有する。出身大学は問わない。

(入学者選抜方法)
筆記、口述、または書面等により、語学・文学・文化・外国語教育の専門知識、外国語の能力を判定し、さらに志望動機、学習・研究意欲を問う入試を行う。

教育課程の編成・実施方針

語学・文学・文化・外国語教育分野において、総合的、専門的、また学際的な教育・研究を行い、語学・文学・文化・外国語教育の研究の発展に資するとともに、高度の専門性を有する職業に必要な学識・能力をもった人材を育成するためのカリキュラムを編成する。

学位授与方針

(学位授与要件、学位の種類)
修業年限を満たし、所定の単位を取得し、かつ、必要な研究指導を受け、特に優れた高度の学問的専門性を修得したうえ、学位論文の審査及び最終試験に合格した者に「博士(ドイツ語学、ドイツ文学、ドイツ文化研究、英語学、英米文学、英語文化研究、国際関係論、フランス語学、フランス文学、フランス文化研究)」の学位を授与する。

(学位の裏付けとなる「能力」)
・語学・文学・文化・外国語教育分野において、総合的、専門的、また学際的な特に優れた教育・研究を行う能力を身に付けている。
・語学・文学・文化・外国語教育の研究の発展に資するとともに、特に優れた高度の専門性を有する職業に必要な学識・能力を身に付けている。

ドイツ語学専攻

本専攻で学ぶ学生が前期課程で修得した専門知識とドイツ語運用・教授能力を基礎として、その一層の発展充実を図り、専門の研究者としての幅の広い視野と高度の研究能力を有し、各専門分野における学問研究をドイツ語教育をも含めた幅広い視点から把握することのできる専門家を養成することを目的とする。専攻科目は他のドイツ文学科大学院とは異なり、ドイツ語圏の言語、文学に加えて、歴史文化、政治社会を総合的に研究する本学外国語学研究科ドイツ語学科の伝統に沿ったものである。

入学定員

2名

収容定員

6名

学位名称

博士 (ドイツ語学、ドイツ文学、ドイツ文化研究)

英語学専攻

各専門分野(英語学・言語学;英米文学・文化;コミュニケーション論;国際関係論)の研究者として自立できる研究能力を養成すべくカリキュラムを編成している。そのために各分野ごとに先端的研究を遂行しうる人材の養成に十分な教授陣を配し、指導教員による一貫した指導体制に基づいて、修了時の博士学位論文提出に結実させることを目標としている。現在までの実績としては、英語学・言語学分野で6人、英語文化(国際関係)の分野で2人、コミュニケーション論の分野で1人、計9人の博士が誕生している。なお、大学院では(前期・後期を問わず)、教員による指導と同じく、院生同志の切磋琢磨が大きな効果を挙げるので、良好な研究環境の醸成に努めてほしい。

入学定員

3名

収容定員

9名

学位名称

博士(英語学、英米文学、英語文化研究、国際関係論)

フランス語学専攻

前期課程と同じく、フランス語学研究、フランス文学研究、フランス文化研究をもって構成し、それぞれについて高度の研究を志す学生を受け入れて指導しうる万全の態勢を整えている。これは旧来の文学部フランス文学科とまったく異なる方向で、本学外国語学部フランス語学科が開設以来積み上げてきた実績をふまえ、前期課程の特色を生かしたカリキュラムを編成したものである。特に語学の分野で、フランス語教授論研究およびヒラン語教授論演習を設けていること、またフランス文学特殊研究およびフランス文学特殊演習のほかに、特に文化の分野でフランス文化・社会研究およびフランス文化・社会演習という研究科目を置いたこと、そしてこれら担当教員各自の専門を生かしながら、その連携プレーによって綜合的な学問形成の可能性に道を開いていることは、他大学院におけるフランス文学専攻の博士後期課程とは違った特色である。

なお、本課程は、初年度に各学生に指定される指導教員によるマン・ツー・マン方式の濃密な3年間の演習を中心に、修了時における学位論文提出を目標として、専門家を養成することを目的とする。

すでに課程博士が2名誕生している。

入学定員

1名

収容定員

3名

学位名称

博士(フランス語学、フランス文学、フランス文化研究)

このページのトップへ