教員研究業績最終更新日:2022年5月18日

氏名 常石 史子
所属 外国語学部ドイツ語学科
職名 准教授

研究業績

⟺ スクロールできます
種別 著書・論文等の名称 単著
共著
分担執筆
発行年月 発表誌名称・発行元 共著者・編者 頁数
編著 “Pragmatic solutions for problematic sources.” In: WORK/S IN PROGRESS. Digital Film Restoration within Archives. 分担執筆 2013年9月 SYnEMA – Gesellschaft für Film und Medien Kerstin Parth, Thomas Ballhausen, Oliver Hanley (Ed.) pp.56-67
編著 『万作と草田男 「楽天」の絆』
【万作映画のアクチュアリティ】担当
分担執筆 2008年10月 町立久万美術館 (編)町立久万美術館 pp.17-25
編著 『映画と写真は都市をどう描いたか』
【1923年の“激震”】担当
分担執筆 2008年3月 ウェッジ (編)高橋世織 pp.201-206
編著 『成瀬巳喜男の世界へ』
【紗が降りる 成瀬巳喜男の中心】担当
分担執筆 2005年6月 筑摩書房 (編)蓮實重彦、山根貞男 pp.167-182
編著 『シンポジウム報告論集 関東大震災と記録映画 都市の死と再生』
【『関東大震災[伊奈精一版]』解説】
【『帝都復興』解説】【震災映画発掘記】担当
分担執筆 2004年3月 東京大学大学院人文社会系研究科 (編)東京大学大学院人文社会系研究科 pp.13、15、17-20
編著 『BOOKLET08黒沢清・誘惑するシネマ』
【(第1章)黒沢清、平面論 『勝手にしやがれ!!』から『回路』まで】
【(第5章)黒沢清フィルモグラフィ】担当
分担執筆 2001年3月 慶應義塾大学アート・センター (編)慶應義塾大学アート・センター pp.6-12、86-95
編著 『表象のディスクール〔4〕イメージ 不可視なるものの強度』
【盲者の視線】担当
分担執筆 2000年4月 東京大学出版会 (編)小林康夫、松浦寿輝 pp.79-104
論文 「社会実践としての映画復元―『ユダヤ人のいない街』をめぐって」 単著 2022年3月 『獨協大学ドイツ学研究』第80号 pp.61-85
論文 「フィルムアーカイブにおける映画の復元と保存」 単著 2019年10月 『デジタルアーカイブ学会誌』3巻4号、デジタルアーカイブ学会 pp.394-398
論文 「あなたのフィルムが歴史をつくる ホームムービーのデジタルアーカイブ」 単著 2019年3月 『デジタルアーカイブ学会誌』3巻2号、デジタルアーカイブ学会 pp.175-178
論文 “Digitizing 25,000 Films a year. A Challenge for Filmarchiv Austria” 単著 2018年11月 Journal of Film Preservation vol.99, FIAF pp.130-140
論文 「無声映画時代のウィーンを行き交った人々」 単著 2014年10月 『NFCニューズレター』第117号、東京国立近代美術館 pp.9-12
論文 「ヨーロッパにおけるフィルム・アーカイヴの現状 4」 単著 2012年1月 『映画テレビ技術』第713号、映画テレビ技術協会 pp.70-73
論文 「ヨーロッパにおけるフィルム・アーカイヴの現状 3」 単著 2011年12月 『映画テレビ技術』第712号、映画テレビ技術協会 pp.54-57
論文 “From a Wooden Box to Digital Film Restoration” 単著 2011年11月 Journal of Film Preservation vol.85, FIAF pp.63-72
論文 「ヨーロッパにおけるフィルム・アーカイヴの現状 2」 単著 2011年11月 『映画テレビ技術』第711号、映画テレビ技術協会 pp.41-44
論文 「ヨーロッパにおけるフィルム・アーカイヴの現状 1」 単著 2011年10月 『映画テレビ技術』第710号、映画テレビ技術協会 pp.33-36
論文 「ジャン・ルノワール『河』『黄金の馬車』」 単著 2008年3月 『ユリイカ』40巻4号(特集:ジャン・ルノワール)、青土社 pp.234-239、244-247
論文 “Some Pioneering Cases of Digital Restoration in Japan” 単著 2005年5月 Journal of Film Preservation vol.69, FIAF pp.45-52
論文 「始源のフィルム その彩りと輝き」 単著 2004年7月 『季刊d/SIGN』no.8、太田出版 pp.26-29
論文 「デジタル復元、はじめの一歩 フィルムとデジタルをつなぐインターフェイス」 単著 2004年3月 『映画テレビ技術』第619号、映画テレビ技術協会 pp.20-25
論文 「描かれた窓の奥から 『グレースと公爵』」 単著 2002年11月 『ユリイカ』34巻14号(特集:エリック・ロメール)、青土社 pp.192-197
論文 「糸を張る フレデリック・ワイズマン『霊長類』を中心に」 単著 2002年11月 第11回中世の里なみおか映画祭カタログ pp.32-35
論文 「シネマスコープの時代(下)」 単著 2001年10月 『NFCニューズレター』第39号、東京国立近代美術館 pp.5-7
論文 「シネマスコープの時代(上)」 単著 2001年8月 『NFCニューズレター』第38号、東京国立近代美術館 pp.8-9
論文 「見守り、真似て、繰り返す 北野武のカメラの視線」 単著 2000年11月 『毎日ムック シリーズ 20世紀の記憶1989年 ― 社会主義の終焉 オタクの時代』15、毎日新聞社 pp.116-119
論文 「三度目の自刃 <超やくざ映画>の波紋」 単著 2000年11月 『ユリイカ』32巻14号(特集:三島由紀夫)、青土社 pp.238-245
論文 「『猥褻裁判』考」 単著 2000年10月 『アサヒグラフ』4103号(特集=大島渚と『愛のコリーダ』)、朝日新聞社 pp.20-21
論文 「映画批評家・大島渚論」 単著 2000年1月 『ユリイカ』32巻1号(特集:大島渚2000)、青土社 pp.218-226
論文 「二×三十郎=還暦までの双子たち 黒沢明はやくざ映画の産みの親?」 単著 1998年12月 『文芸』37号(別冊)(追悼特集:黒澤明)、河出書房新社 pp.70-77
論文 「返らぬ踵、さしのべる手 前田陽一」 単著 1998年9月 『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』第9号、勁草書房 pp.144-156
論文 「Close Your Eyes, Clint. 『真夜中のサバナ』」 単著 1998年7月 『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』第8号、勁草書房 pp.44-55
論文 「Un Coup de KATO Tai 増殖するスクリーン」 単著 1998年3月 『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』第7号、勁草書房 pp.101-110
論文 「条理の涯ての不条理の条理 黒沢清『CURE』」 単著 1997年11月 『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』第6号、勁草書房 pp.54-63
論文 「軟骨の挿入、穴くぐり」 単著 1997年10月 『ユリイカ』29巻13号(特集:北野武以降日本映画、小特集:神代辰巳) 、青土社 pp.284-290
論文 「荷風小説」 単著 1997年3月 『ユリイカ』29巻3号(特集:永井荷風) 、青土社 pp.117-123
論文 「文字からの文学論 夏目漱石『明暗』の文字形式」 単著 1996年12月 『漱石研究』 第7号、翰林書房 pp.170-179
翻訳 マルティン・ケルバー「『メトロポリス』の増殖に関する覚書」(英語) 単訳 2005年9月 『ドイツ時代のラングとムルナウ』、朝日新聞社 pp.100-111
翻訳 「書簡 映画についての一観念 マノエル・ド・オリヴェイラからドゥルーズへ」(フランス語) 単訳 2002年7月 『批評空間』第III期第4号、太田出版 pp.201-204
翻訳 アラン・バディウ「剰余視」(フランス語) 単訳 2000年1月 『批評空間』第II期第24号、太田出版 pp.150-155
研究ノート 「デジタルアーカイヴの不可能性について」 単著 2020年2月 『REPRE』38号、表象文化論学会 WEB媒体
研究ノート 「排外主義に抗って 『ユダヤ人のいない街』復元版公開までの道のり」 単著 2019年10月 『NFAJニューズレター』第7号、国立映画アーカイブ p.7
研究ノート 「日本で発見されたドイツ無声映画」 単著 2006年2月 『NFCニューズレター』第65号、東京国立近代美術館 p.4
研究ノート 「ナイトレート返還/変換始末」 単著 2003年2月 『文化資源学会ニューズレター』第2号、文化資源学会 pp.2-3
書評 大島渚という問題 『異形の者』の自負と孤独―『大島渚1968』書評 単著 2004年11月 『新潮』 pp.284-285
書評 深作欣二・山根貞男著『映画監督 深作欣二』書評 単著 2003年10月 『新潮』
書評 暗闇へ向けて手を伸ばすこと 蓮實重彦『映像の詩学』書評 単著 2002年9月 『ちくま』 pp.8-9
書評 俊藤浩滋・山根貞男著 『任侠映画伝』書評 単著 1999年4月 『キネマ旬報』1281号 p.175
報告書 「カラー映画のデジタル復元とその色彩」 単著 2005年5月 『日本色彩学会誌』no.29、日本色彩学会 pp.142-143
報告書 「『デジタル小津展』を回想する 」 単著 1999年5月 『映画撮影』141号、日本映画撮影監督協会 pp.38-42
学会発表・国際会議 ワークショップ「映像アーカイブの未来を考える」 2019年11月23日 表象文化論学会 第14回研究発表集会 ミツヨ・ワダ・マルシアーノ、とちぎあきら、常石史子、小川佐和子
学会発表・国際会議 „Filmsuchaufruf Salzburg privat“ 2019年10月31日 Bewegte Landbilder. Symposium zur Erschließung der Filmsammlung „Niederösterreich privat“ (St. Pölten)
学会発表・国際会議 „Die Bewahrung filmischer Alltagskultur im Archiv“ 2019年10月30日 Bewegte Landbilder. Symposium zur Erschließung der Filmsammlung „Niederösterreich privat“ (St. Pölten)
学会発表・国際会議 「あなたのフィルムが歴史をつくる ホームムービーのデジタルアーカイブ」 2019年3月16日 デジタルアーカイブ学会 第三回研究大会
学会発表・国際会議 “A Comprehensive Analysis of Applied Colour Reproduction” 2019年2月26日 The Fourth International Conference, Colour in Film, British Film Institute (London)
学会発表・国際会議 “Migration or Curatorship? A Study on Survival” 2018年11月23日 Forgetting the Archive: Exploring Past Images in the Digital Age, Istanbul Şehir University
学会発表・国際会議 “Restoring The City without Jews” 2018年9月18日 Silent Film Historiography Conference 2018, University of Leeds
学会発表・国際会議 「ROIを拡張する アジアをモチーフとするヨーロッパ製映画の保存と復元」 2017年9月24日 Restoration Asia IV 失われたアジア映画の宝を求めて、福岡市総合図書館
学会発表・国際会議 “Mass Digitization and Hand-Made Restorations” 2016年6月8日 ARRI Archive Workshop (Munich)
学会発表・国際会議 “Digitizing 25,000 Films a Year. A Challenge of Filmarchiv Austria” 2015年6月17日 The 1st International Conference on Advanced Imaging (ICAI 2015)(Tokyo)
学会発表・国際会議 “Colours Emerging through Pixels. Varieté and More” 2015年3月29日 International Conerence “The Colour Fantastic!” (EYE Film Museum)(Amsterdam)
学会発表・国際会議 “Niederösterreich Privat. Private Film Collection of Lower Austria” 2014年10月14日 The 7th Art in the Film Archives. I. International Workshop on Restoration, Digitalization and Conservation (Budapest)
学会発表・国際会議 “Preserve and Show. National Film Center as Film Exhibitor” 2011年11月27日 Kinema Club (Vienna)
学会発表・国際会議 “Pragmatic Solutions for Problematic Sources” 2011年9月23日 Symposium “Digital Film Restorations within Archives,” Donau-Universität Krems
学会発表・国際会議 „Koichi Kishi und seine Filme“ (貴志康一とその映画) 2011年8月18日 Deutsch-Japanische Filmbeziehungen, Universität Bonn (シンポジウム「映画における日独関係」、ボン大学)
学会発表・国際会議 „Kultureller Filmaustausch zwischen Japan und Deutschland“ (映画における日独文化交流) 2011年8月17日 Deutsch-Japanische Filmbeziehungen, Universität Bonn (シンポジウム「映画における日独関係」、ボン大学)
学会発表・国際会議 “From a Wooden Box to Digital Film Restoration” 2011年6月1日 ARRI Archive Workshop 2011 (Munich)
学会発表・国際会議 シンポジウム「表象のメディエーション 知の現場、現場の知」 2005年11月20日 表象文化論学会設立準備大会 古賀太、住友文彦、常石 史子、三浦雅士、佐藤良明
学会発表・国際会議 基調講演「映画フィルムのデジタル復元の現状について」 2005年6月25日 日本色彩学会 画像色彩研究会 公開シンポジウム「映画作品のデジタル復元と色彩 文化を伝えるデジタル技術をめざして」
学会発表・国際会議 座談会「文化を伝える色彩とそのデジタル復元を考える」 2005年6月25日 日本色彩学会 画像色彩研究会 公開シンポジウム「映画作品のデジタル復元と色彩 文化を伝えるデジタル技術をめざして」 室屋泰三、常石史子、市原恭代、川瀬敏雄、鈴木卓治
学会発表・国際会議 「日本におけるデジタル復元の試み」 2005年6月2日 ディジタルシネマコンソーシアム(DCCJ)「国際ディジタルシネマ・シンポジウム」
学会発表・国際会議 「カラー映画のデジタル復元とその色彩」 2005年5月29日 日本色彩学会 第36回全国大会・公開講座「色彩演出 ― 隠された技」
学会発表・国際会議 「現存する震災記録フィルムについて」 2003年8月30日 第3回文化資源学フォーラム「関東大震災と記録映画 ― 都市の死と再生」
学会発表・国際会議 国際シンポジウム「映画批評の役割」 2001年12月5-6日 東京ドイツ文化センター クラウス・エーダー、トニー・レインズ、佐藤忠男 他
講演 「ホームムービーのデジタルアーカイビング オーストリアの取り組み」 2019年3月12日 デジタルアーカイブ学会 コミュニティアーカイブ部会
講演 「無声映画の国際性と多様性 『ユダヤ人のいない街』(1924)を中心に」 2018年10月31日 京都大学映画コロキアム
講演 「デジタル時代における映画の保存と復元」 2018年10月30日 関西大学文学部学術講演会
講演 「フィルムが語る 無声映画の「リコンストラクション」」 2018年10月27日 神戸発掘映画祭、神戸映画資料館
講演 基調講演「デジタル時代の映画が、いまフィルムから受け継ぐべきこと」 2017年8月26日 第12回映画の復元と保存に関するワークショップ
講演 「フィルムアルヒーフ・オーストリアにおける映画保存活動」 2014年11月15日 東京国立近代美術館フィルムセンター
講演 「オーストリア映画史とオーストリア人の映画史」 2014年11月11日 東京国立近代美術館フィルムセンター
講演 「ヨーロッパにおけるフィルム・アーカイヴの現状」 2010年11月12日 映画テレビ技術協会主催講演会
講演 「今、なぜサイレント・ムービー?」 2008年11月29日 茨木サイレント・ムービー・フェスティバル
講演 「巨匠が描いた花街の女たち」 2006年3月18日 国際交流基金
講演 「豊門会館 国登録有形文化財登録記念講演会」 2005年11月12日 豊門会館
講演 「デジタル復元の現在」 2004年12月7日 映画テレビ技術協会主催講演会
口頭発表 「無声映画 発見– 復元–保存–上映!」 2017年8月27日 第12回映画の復元と保存に関するワークショップ 柳下美恵、松戸誠、村川英、常石史子
口頭発表 “Digital Restoration of Varieté” 2016年7月3日 Il Cinema Ritrovato (Bologna) Anke Wilkening, Fumiko Tsuneishi
口頭発表 “Light from the East. Celebrating Japanese Cinema.” 2005年10月8日 Pordenone Silent Film Festival David Bordwell, David Robinson, Fumiko Tsuneishi, Alexander Jacoby
口頭発表 「デジタル経由のフィルム復元/『瀧の白糸』『新・平家物語』を中心に」 2005年3月9日 立命館大学アート・リサーチセンター シンポジウム「よみがえる日本映画/映画復元の現在、フィルムとデジタルの融合」
口頭発表 『武士道』公開記念シンポジウム「映画は国境を越える」 2004年9月20日 京都府京都文化博物館 アレキサンダー・ベネット、常石 史子、山根貞男、冨田美香、稲賀繁美
口頭発表 国際シンポジウム「文明の未来 ― 混成か、純化か」 2003年4月27日 一橋大学 武村知子、常石史子 他
口頭発表 「黒沢清のA−TEMPOREL (ア・タンポレル)な世界」 2000年11月8日 シンポジウム「映画の/と時間 その3」、慶應義塾大学アート・センター 黒沢清、藤崎康、橋下順一、常石史子
口頭発表 「成瀬巳喜男とマキノ雅弘」 1999年5月1日 シンポジウム「成瀬巳喜男とマキノ雅弘」、三百人劇場 岡本喜八、蓮實重彦、山根貞男、篠崎誠、常石史子
その他 „Digitale Restaurierung von Die Stadt ohne Juden“ 単著 2018年11月 DVD Booklet Die Stadt ohne Juden, Filmarchiv Austria pp.16-17
その他 „Benshi erzählt. Japanische Stummfilmtage“ 単著 2014年12月 filmheft #13a, Filmarchiv Austria pp.44-54
その他 「陽光の東京上空 相米慎二『東京上空いらっしゃいませ』」 単著 2000年7月 『建築文化』第55号(特集:東京)、彰文社 pp.70-72
その他 「まどろみのロード・ムーヴィー 『都会のアリス』」 単著 2000年6月 『ヴィム・ヴェンダース』(キネ旬ムック フィルムメーカーズ[11])、キネマ旬報社 pp.102-104
その他 「ガラスの細胞壁1998」 単著 1998年8月 『中国女』プログラム、ザジフィルムズ
ページトップへ