教員研究業績最終更新日:2020年7月23日

氏名 陰山 孔貴
所属 経済学部経営学科
職名 准教授

研究業績

⟺ スクロールできます
種別 著書・論文等の名称 単著
共著
分担執筆
発行年月 発表誌名称・発行元 共著者・編者 頁数
著書 『脱コモディティ化を実現する価値づくり ―競合企業による共創メカニズム―』 単著 2019年2月 中央経済社 - 全160頁
著書 『ビジネスマンに経営学が必要な理由』 単著 2019年1月 クロスメディア・パブリッシング - 全223頁
著書 『できる人の共通点』 単著 2018年3月 ダイヤモンド社 - 全224頁
編著 『技術経営』
【第9章】担当
分担執筆 2017年9月 中央経済社 原拓志・宮尾学(編者) pp.141-154
編著 『1からの戦略論(第2版)』 
【第1章】担当
分担執筆 2016年3月 碩学舎 嶋口充輝・内田和成・黒岩健一郎(編者) pp.1-31
論文 「経営戦略と適合した人事評価制度実現に向けた取組み ーマテックス株式会社の事例研究ー」 共著 2019年7月 『獨協経済』第104号 矢寺顕行(共著者) pp.37-45
論文 「製品カテゴリーを越えた製品開発と製品コンセプト」 共著 2018年10月 『日本経営学会誌』第41号 竹内竜介(共著者) pp.16-27
論文 「長期的に障害者雇用を実践し続ける企業の取り組み」 単著 2018年7月 『獨協経済』第102号 - pp.47-54
論文 「共有されていない製品価値の定量化についての一考察」 単著 2017年12月 『獨協経済』第101号 - pp.37-46
論文 「モバイル型ロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」の開発」 共著 2017年11月 『神戸大学 Discussion Paper』2017・26 宮尾学(共著者) pp.1-10
論文 「脱カテゴリー製品の開発プロセス ―お茶メーカー「ヘルシオお茶プレッソ」の事例研究―」 共著 2016年7月 『国民経済雑誌』第214巻第1号 竹内竜介(共著者) pp.1-20
論文 「組織内外におけるイノベーションの正当化」 単著 2015年12月 『獨協経済』第97号 - pp.79-88
論文 「脱コモディティ化にむけた鍵概念の模索」 単著 2014年9月 『獨協経済』第95号 - pp.113-124
論文 「コモディティ化発生のメカニズム」 単著 2014年3月 『獨協経済』第94号 - pp.19-28
論文 「製品の意味次元の価値の研究」 単著 2012年1月 『神戸大学大学院経営学研究科 博士論文』 - 全151頁
論文 「製品の意味的価値の可視化」 単著 2010年12月 『六甲台論集 -経営学編-』第57巻第3号 - pp.25-41
論文 「製品の「意味的価値」についての一考察」 単著 2010年9月 『六甲台論集 -経営学編-』第57巻第2号 - pp.1-
15
論文 「創造的な新製品開発のための組織能力」 単著 2006年8月 『神戸大学大学院経営学研究科 修士論文』 - 全47頁
研究ノート 「日本におけるシリアル食品市場の生成・発展に関する史的分析」 共著 2020年4月 『国際ビジネス研究』第12巻第1号 竹内竜介(共著者) pp.43-54
学会発表 「製品カテゴリーを越えた製品開発 ―社会・知識の立脚基盤と製品コンセプトの変化を軸にして―」 共著 2018年9月 日本経営学会 竹内竜介(共著者) -
学会発表 「製品カテゴリーと製品コンセプト ―「社会・知識の立脚基盤」という概念―」 共著 2018年6月 早稲田大学ビジネスファイナンス研究センター技術経営研究部会 竹内竜介(共著者) -
学会発表 Countering Commoditization with the Semantic Value of Products 単著 2014年9月 International Federation of Scholarly Associations of Management (IFSAM) - -
学会発表 「製品開発における意味次元の価値―コモディティ化の脅威への対処方法―」 単著 2010年9月 日本経営学会 - -
学会発表 「製品の意味次元の価値についての実証研究」 単著 2010年6月 組織学会 - -
学会発表 「製品の意味次元の価値の研究―企業家が直面しているコモディティ化の脅威への対処方法の模索―」 単著 2010年3月 企業家研究フォーラム(春季研究会) - -
学会発表 「製品の意味次元の価値の可視化」 単著 2010年3月 日本MOT学会 - -
学会発表 「製品の意味的価値に関する研究」 単著 2009年11月 日本経営システム学会 - -
ページトップへ