なお留学期間は延長手続きを行うことにより、既に認定された留学期間を含め4学期間までの延長が可能です。ただし、交換留学生としての留学期間は2学期間で、留学延長した期間は認定留学生の扱いとなります。延長手続きは当初の留学修了日の3ヶ月前までに行う必要があります。

交換・認定留学とは 認定留学先大学一覧 語学能力・学力試験一覧 関連書類一覧 留学Q&A
渡航手続 交換留学生募集要項 資格について 優遇措置について 海外留学者対象の奨学金等
長期留学の期間 長期留学の費用 プランニングから出発まで    

これまでの質問のうちで特に多いものについてQ&Aの形で簡単にまとめてみました。

交換留学と認定留学

  • 交換留学と認定留学、どちらを選んだらよいのでしょうか
  • 獨協大学との協定校の中に、自分の希望や条件を満たすものがあれば、交換留学を目指しましょう。もしも協定校以外に、自分の最も希望する留学を実現できそうな大学があれば、認定留学という形を選択するのがよいでしょう。
     いずれの制度を利用するにしても、国際交流センターにある資料を活用したり、スタッフに相談をして、より実り多い留学を実現させてください。
     なお、交換留学、認定留学ともに、学業成績、語学スコア等による条件が設けられています。その基準に達しない場合や、留学先での履修希望が所属学部・学科の専攻と大きく異なる場合は、休学して渡航することになります。
  • 交換留学と認定留学の留学期間を教えてください
  • 交換留学は2学期間、認定留学は1学期間または2学期間です。留学期間は獨協大学の学期に合わせたかたちで取り扱われます。従って留学の開始日・終了日を以下の要領で想定してください。
  •   ・1学期の留学…春学期または秋学期の1学期間
  •   ・2学期の留学…春学期〜秋学期、または秋学期〜翌年春学期までの2学期間。

このページのトップへ

単位の認定

  • 留学中に修得した単位は32単位までしか認められていないそうですが、それは留学中にそれ以上の単位を履修することができないということですか。
  • 単位の認定については、「学生国外留学により修得した単位の認定に関する細則」に規定されています。これによると、学部学生については32単位まで、大学院学生については10単位まで認定することができることになっています。したがって留学先の許可があれば何科目(単位)でも履修することはかまいませんが、上限を超える単位の認定はできません。逆に、在留資格の関係上、学期ごとに最低履修科目(単位)数が定められている場合があるので注意してください。また留学期間を延長した場合でも単位認定の上限を超えることはできません。
  • 留学して単位が認められる科目を教えてください。
  • 学部・学科によって異なります。詳細は留学ガイド「単位の認定について」で確認するとともに所属する学科の教務課窓口にて相談してください。
  • 昨年度、休学して外国の大学で勉強していたのですが、大学では単位を修得することができました。今からでもこれを本学の単位として認めてもらえますか?
  • 休学して留学した場合は認められません。単位の認定は交換・認定留学生として認められた場合に限られます。本学に休学手続を取って渡航し、その後大学への留学資格を取ることができた場合は、在外地からでも身分の変更(休学から認定留学)を申請することができます。しかし、この場合でも年度を遡っての身分の変更はできません。休学から認定留学への変更を予定している方は出発前に国際交流センターおよび教務課でその旨を相談し、事前に指導を受けてください。また、身分の切り替えの際は、まず教務課に対して復学申請の手続きが必要となります。復学申請には、復学者用の健康診断の受診が義務付けられているため、休学から認定留学への変更を申請する場合は、早急に国際交流センターおよび教務課と連絡をとり、その指示に従ってください。
  • 1年間留学して、4年間で卒業できますか。
  • 交換・認定留学では、海外の大学での修得単位のうち32単位を上限として卒業単位へ振替・換算することができます。したがって必修に相当する科目を留学先で修得し振替えることで、4年間で卒業することも可能です。しかしながら、単位の修得数や卒業単位への振替・換算単位数によっては、4年間で卒業できない場合もあります。

このページのトップへ

履修と卒業

  • 教職課程を履修していますが、教育実習はどのように行えばよいですか?
  • 教育実習を行うには、教育実習校の開拓および実習要件科目の修得等が必要です。特に、2学年秋学期または3学年春学期から1年間の留学(交換留学および認定留学)をする場合は、留学前に教育実習校(主に出身の中学校または高等学校)を開拓し、受入れの内諾を得ておく必要があります。実習要件についても、実習実施学期の前までに修得する必要があります。科目の特性上、履修開始学期が留学期間と重なる場合がありますので、事前に免許課程係で相談および確認が必要です。なお、中学校の教育職員免許状取得には、教育実習の他に7日間の介護等体験が義務づけられています。体験実施時期は受入れる特別支援学校・社会福祉施設によって異なります。指定期間内(2学年秋学期〜3学年春学期)に申込手続が必要です。留学する場合は、あらかじめ教務課各学部係および免許課程係で相談し、帰国後の教育実習や免許状取得要件に支障のないよう十分注意してください。また、1学年から履修可能な教職科目は、なるべく早い時期に履修することがよいでしょう。
  • 3学年の秋学期から留学して4学年の春学期終了後に帰国する場合、卒業見込証明書は発行してもらえるのでしょうか?
  • 「卒業見込証明書」は、留学終了届を国際交流センターに提出し、所定の要件を満たせば発行します。詳細については、教務課の窓口までお問い合わせください。
  • 留学した場合、就職活動に影響はありますか?
  • 留学を含め、充実した大学生活を送った人は、採用側にとって大変魅力的な人材として映ります。
    一方、企業の採用試験のエントリーは3年の3月から始まり、4年の春学期に採用試験が集中しています。そのため、留学の日程によっては、採用試験の受験機会を逸する場合もあります。ただし、中には留学終了後の限られた期間でも満足する就職先に就職を決めている人がいます。留学前にはこのことを理解した上で、留学に臨んでください。
    留学を含め5年間の大学生活を送ることが可能であれば、採用試験のスケジュールにおいて、特段の不利益のない留学を計画できます。 これらを踏まえ、留学を積極的に検討してみるとよいでしょう。
    また、キャリアセンターに相談することをお勧めします。

このページのトップへ

留学中の学生生活

  • 留学継続が困難になって帰国しなければならない場合、どのような扱いになりますか?
  • 留学期間の途中で留学を中止して帰国する場合、その理由や時期によって扱いが異なるため、まずは国際交流センターに連絡して指示を受けてください。交換留学生として留学している場合は、支給された奨学金や研修費補助は原則として全額返還しなければなりません。
  • 外国の大学の学期制について教えてください。
  • 以下に主要国の学期制度について簡単に説明します。詳細は留学しようとする大学のパンフレット等で確認してください。
    1. イギリスの場合
      2学期制または3学期制です。
      2学期制の場合、秋学期は9月下旬から1月下旬、春学期は1月下旬から6月上旬までです。
      3学期制の場合、秋学期は10月上旬から12月中旬、春学期は1月上旬から3月中旬、夏学期は4月下旬から6月初旬まで行われます。
    2. アメリカの場合
      2学期(Semester)制、3学期(trimester)制、4学期(quarter)制の3種類があります。2学期制は、8月下旬から12月下旬までの秋学期と、1月中旬から5月中旬までの春学期とに分かれています。さらに夏休み(5月下旬〜8月頃)にサマーセッションもあります。3学期制は、秋学期は10月上旬から12月中旬、春学期は1月上旬から3月中旬、夏学期は4月下旬から6月初旬まで行われます。4学期制は、各学期は10〜12週間で、9月中旬〜12月中旬、1月上旬〜3月中旬、3月下旬〜6月中旬、6月下旬〜8月下旬の4学期に分かれています。
      日本の大学では、学期は分かれていてもほとんどの科目が通年制になっていますが、アメリカの大学では科目は学期毎に終了します。
    3. ドイツ、オーストリア、スイスの場合
      2学期制です。ドイツの場合、冬学期は10月〜3月、夏学期は4月〜9月、オーストリアの場合、冬学期は10月〜1月、夏学期は3月〜6月となります。ドイツの専門大学やスイスの場合、各学期の開始と終了はそれぞれ1ヶ月前後早まります。多くの科目が学期毎に開設されており、夏学期もしくは冬学期から1年間という単位で留学することができます。
    4. フランスの場合
      一般的に約4ヶ月からなる2学期で1学年度が構成されています。第1学期は9月中旬・10月初旬から12月下旬・翌年1月下旬まで、第2学期は1月中旬・2月初旬から5月下旬・6月中旬まで。3学期制の場合は、各校によって異なります。
    5. オーストラリア・ニュージーランドの場合
      通常2学期制です。第1学期は2月下旬〜6月末、第2学期は7月末〜11月末です。12月〜2月にサマースクールを取り入れている大学もあります。(※北半球と季節が逆)
    6. カナダの場合
      2学期制を採用している大学が多いです。9月下旬から翌年4月までが1学年度となっています。
    7. スペインの場合
      2学期制が多く、1学年度は9月から翌年7月まで。(1学期:9月〜1月、2学期:2月〜7月)
    8. メキシコの場合
      2学期制が多く、前期は8月から、後期は1月中旬から2月初旬の間に始まります。
    9. 中国の場合
      2学期制です。第1学期は9月から、第2学期は2月中旬から3月初旬の間に始まります。
    10. 韓国の場合
      2学期制です。第1学期は3月〜6月、第2学期は9月〜12月です。
    11. 台湾の場合
      2学期制です。第1学期は9月から、第2学期は2月から始まります。
  • 外国に送金するにはどうしたらいいのですか? お金はどういう形で持っていったらよいですか?
  • 長期留学する場合に、送金するルートは次のような方法があります。受取銀行への仲介手数料や口座登記料が別途かかる場合があります。
    詳細については各銀行またはゆうちょ銀行のWebサイト等を参照してください。

    <銀行からの外国向け送金方法>
    海外への銀行チャージは送金人負担にしてください。手数料は割高です。

    [電信送金(Telegraphic Transfer)]
    通知払・請求払・預金勘定帳振込の方法があり、至急送金する場合に適しています。

    [ゆうちょ銀行および国際送金取扱郵便局からの外国向け送金方法]
    受取人の「住所あて送金」と「口座あて送金/口座間送金」があり、手数料が割安です。
    急ぎの場合は、電信扱いにしてください。

    短期にしろ長期にしろ、留学するに当たって多額の現金を持っていくのは大変危険です。クレジット・カード、大手銀行などの国際キャッシュカード、トラベルプリペイドカードなどを用意するといいでしょう。
  • 私はこれまで海外経験が一度もありません。海外のトラブルにはどんなことに気を付ければよいですか?
  • よくあるトラブルとしては、次のようなものがあります。
    1. パスポートの紛失(旅券番号と発行年月日を必ず控えておくこと)。
      海外では命の次に大切なものはパスポートだと言われています。特に語学研修の場合は紛失すると翌日から団体行動が取れなくなりますので十分注意してください。
      ◎紛失に気付いたら直ちに最寄の在外公館で再発給の手続を取ってください。
      ◎再発給の申請には次のような書類が必要です。
       一般旅券再発給申請書 2通(在外公館領事部の窓口にある)
       写真(4.5cmX3.5cm) 1枚
         *汚損・破損した時→オリジナルの旅券
         *紛失の場合→紛失届けおよび警察の紛失届受理証明書(各1通)
         *焼失した場合→罹災証明書(1通)
         *その他(事情に応じて、それぞれ指示される)
      パスポートは即時発給はできません。再発給までに2週間程度要します。
    2. トラベラーズ・チェックおよびクレジット・カードの紛失
      トラベラーズ・チェックは、発行通知書を別に保管しておくこと。再発行に必要です。クレジット・カードは、発行会社に対し、不正行使を防止する為に、早急に紛失の事実を報告してください。
    3. 現金の紛失
      まず戻ってくることはないと思いますが、最寄の警察に届けてください。
  • 留学中に休暇を利用して旅行したいと考えています。手続きや注意した方が良いこと等を教えてください。
  • 日本人が短期の観光を目的とした入国をするのに査証(ビザ)を必要とする国があります。もし必要ならば査証を取得しなければなりません。 出発前にインターネットなどで事前に情報を集めましょう。また地域によっては単独旅行を控えた方がよい場合もあります。「海外危険情報」も入手しましょう。
    http://www.anzen.mofa.go.jp/(日本語)

    国際交流センターが発行している「長期留学ガイド」には、海外渡航時の注意事項やサイト情報など、役立つ情報が数多く記載されています。是非参考にしてください。また国際交流センターが実施する「危機管理セミナー」には必ず参加してください。

このページのトップへ

その他

  • 長期留学は短期留学の長期版なのですか
  • 長期留学は語学力をしっかりと身につけた上で、獨協大学で専攻する分野を海外の大学で学ぶための留学です。 現地の大学での正規の授業についていけるだけの語学力があり、その大学で何を学びたいかという目的がしっかりとあることが前提条件となります。
    長期留学は単なる語学留学ではなく、明確な留学目的と十分な語学力が要求され、「短期留学の長期版」とは別の次元として捉える必要があります。
  • 交換留学ができる大学はいくつありますか。
  • 交換協定校の紹介」のページをご覧ください。

  • 長期留学では何ができるのでしょうか
  • 長期留学は短期留学のように用意されたプログラムはありません。「何ができるか」ではなく「何をやりたいか」を全て自分で計画し、準備し、明確な目的のもとに留学生活を送ってください。しっかりとした計画と実行を伴った留学であれば語学力の飛躍的な向上や、自分の学んでいる専門分野の知識を広め、深めることに大いに役立つことはもちろん、異文化社会で一人で日常生活をこなし、友人関係を築き、留学生活を送ることで体得した経験は、視野を飛躍的に広げ、柔軟な考えや適応力を身につけ、自分のこれからの人生全てに渡って大きなプラスとなり、自信につながります。
  • 留学するための資格・条件は何ですか?
  • 長期留学「資格・条件について」のページをご覧ください。
  • GPAの計算方式を教えてください。
  • 獨協大学における留学のためのGPA(認定平均値)の計算方式は以下のとおりです。
    [2010年度以降の入学者]
    GPA =  (AAの単位数×4+Aの単位数×3+Bの単位数×2+Cの単位数×1)
    総登録単位数(累計)
    ※「総登録単位数」はFとXの科目は含むが、Pの科目は除く。
    [2009年度以前の入学者]
    GPA =  (A/AAの科目数×3+Bの科目数×2+Cの科目数×1)
    総修得科目数(累計)
    ※「総修得科目数」はF、XおよびPの科目は含まない。

    いずれの計算式においても留学に必要なGPAは2.3以上(少数点以下第2位を四捨五入)。
    免許課程科目は計算式から除きます。

  • 長期留学の選考方法は?
  • 【交換留学の場合】
    すべての協定校で書類選考(第一選考)を行います。また西部カトリック大学のみ筆記試験実施選考後、面接を実施します。 書類選考通過者には面接(第二選考)を行います。
    1. ドイツ語圏:ドイツ語と日本語による面接
    2. 英語圏:英語と日本語による面接
    3. フランス語圏:フランス語と日本語による面接
    4. スペイン語圏:スペイン語と日本語による面接
    5. 中国語圏: 中国語と日本語による面接
    6. 韓国語圏:韓国語と日本語による面接
    【認定留学の場合】
    選考試験はありません。認定留学の資格を満たし、留学希望の大学から入学許可を得て、本学の所定の手続を済ませれば認定留学として認められます。
  • 交換留学生の応募状況、合格状況はどのぐらいですか?
  • 参考:
    2014年度 定員 応募 合格
    英語圏 47 21 15
    ドイツ語圏 23 13 13
    フランス語圏 4 7 4
    スペイン語圏 4 3 2
    韓国語圏 10 5 5
    中国語圏 6 1 1
    *2014年実績(再募集分は含まれていません)
  • 留学中の獨協大学の学費はどうなるのでしょうか?
  • 【交換留学】
    留学先大学の授業料が免除され本学の授業料を払う場合と、本学授業料が免除され(施設設備費等および父母の会年会費は必要)、留学先大学の授業料を払う2つのパターンがあります。

    【認定留学】
    本学の授業料が免除されます(施設設備費等および父母の会年会費は必要)。
  • 留学費用はどのくらいかかるのでしょうか?
  • 留学の費用」の項をご覧ください。
  • 奨学金はありますか?
  • 長期留学生への優遇措置」の項をご覧ください。
  • 留学中の滞在はどんなところですか?
  • ほとんどの場合が学生寮です。
  • 留学期間はどのくらいですか?
  • 交換留学は2学期間、認定留学は1学期期間または2学期間です。
    また既に認められた留学期間を含め4学期間までの延長を申請することができます。
    ただし交換留学生としての留学期間は2学期間のみで、延長する期間は認定留学生としての扱いとなります。
  • 長期留学の申請の時期は?
  • 交換留学募集要項」および「プランニングから出発まで」の項をご覧ください。
  • 留学計画はどのように立てたらよいですか
  • 長期留学を行うためには、しっかりとした留学計画を立てる必要があります。留学準備として1年半程度は見て、留学時期を決めることをお勧めします。卒業までに大学でどのようなことを身につけたいかという長期的な学習計画、卒業後の進路までも視野に入れて留学計画を立て、ひとつずつ実行に移していってください。留学計画を立てるに当たっては国際交流センター発行の「獨協大学留学ガイド」をご一読ください。
    国際交流センターでは留学に関する相談にのっているほか、留学に関する本や資料も用意して、皆さんをサポートしています。どうぞお気軽にお立ち寄りください。
  • 留学以外での国外体験をしたいのですが。
  • 獨協大学の留学制度を使わず、長期で語学学習に出かけたり、ワーキングホリデーやボランティアに参加する学生も相当数います。このような目的で大学を長期間休む場合は、休学手続きを取る必要があります。休学手続きについては教務課にご確認ください。休学の場合でも、手続きをとれば学費のうち授業料は全額免除され、実際の支払いは施設設備費等および父母の会年会費となります。
    ※父母の会年会費については2009年度以降の入学者は支払いが必要となります。

    国際交流センターでは正規の留学のサポートを行っていますが、留学制度によらない渡航に関しても代理機関を招いて説明を聞く機会を提供したり、学生の体験リポートの機会を設けたり、パンフレットや書籍を用意するなど、ある程度の情報を提供できるようにしています。(ただし、大学はプログラムに関与していませんので、参加は自己責任で判断してください。)
  • 国際交流センターの開室時間は?
  • 通常期間:
    月〜金 9:00〜17:00 (言語圏別にスタッフの勤務日が変わります)
    土   9:00〜12:00

    夏休み期間中:
    月〜金 9:00〜12:00/13:00〜15:00
    土   9:00〜12:00
    (授業日、定期試験期間以外の11:45〜12:45は、昼休みのため閉室します)

    電話 :048‐946‐1918〜1920

このページのトップへ