中世悪党の生態をみる ー荘園の人々からー

中世悪党の生態をみる ー荘園の人々からー

クラスコード:62S03

講座名 中世悪党の生態をみる
――荘園の人々から――

曜日・時間 土曜 11:00~12:30
受講料 6,600円*
定員 なし(ただし、申込期限までに受講申込者が9名に達しない場合は、開講できません)
単位 1単位
テキスト 資料を電子データにて配付します
(参考図書)新井孝重 『中世日本を生きる―遍歴漂浪の人びと―』 (吉川弘文館 2,400円+税)
備考 発言時にマイク機能を使います
*獨協大学 同窓会/父母の会 会員 10%OFF 5,940円
◎オンライン配信(ライブ型)で行います
 講座内容の録画、及び後日の配信には対応しておりません
◎配布した電子データを他人に渡したり、インターネット上に掲出することを禁じます

講師

新井 孝重
獨協大学名誉教授 専門/日本社会史
 早稲田大学大学院博士課程修了。博士(文学)。2004年中国長期滞在、蒙古襲来関連の史資料を博捜・調査する。著書『中世悪党の研究』、『蒙古襲来』(以上吉川弘文館)、『黒田悪党たちの中世史』(NHKブックス)など

概要

 鎌倉時代末に現われた悪党は、たんなる悪漢のことではありません。かれらは盗賊の要素をもつ民間の武装民であるが、よく観ると社会の深いところに根を持つ人々でありました。
 この講座では、中世悪党の存在のしかたを、当時の社会の民衆生活と関連づけて観察します。

日程・内容

  1. 8月28日
    畿内農村の武装民(a.中世の人びとは農業だけでは生きられない b.土地から浮いたものたち)
  2. 9月4日
    鎌倉末、南北朝期宮方の武力(a.悪党は多次元の紐帯をもつ b.天皇の軍事力になる)
  3. 9月11日
    地域一揆を組む地侍(a.内乱期武士の地域志向 b.武装民の「悪党」からの脱皮 c.むすび)

講座紹介動画

一覧に戻る

申込期限:8月5日(木)10:00

※ビデオ会議ツール「Zoom」を使用し、リアルタイムで講座内容を配信するライブ型講座です。パソコン(以下PC)またはタブレット端末をご準備ください。
大学が指定するPCはありませんが、参考までに大学内貸出用PCの仕様をお知らせします(機器の貸し出しはありません。また、本学施設はご利用になれません)。
動作環境が整っていない場合、快適に受講できないことがあります。予めご承知おきください。

OS Windows10(64ビット版)
CPU Core i3以上
メモリ 8GB以上
ストレージ SSD 256GB以上
ソフトウェア PDFが閲覧可能なソフトウェア
例: Adobe Acrobat Reader

ページトップへ