入学者受入れ方針

入学者受入れ方針

各学部・学科・研究科の入学者受入れ方針について

外国語学部 (教育目的)
「ドイツ語、英語、または、フランス語の運用能力を有し、その言語を用いる地域の歴史・文化・社会を理解するための専門知識を習得した、国際的視野に立つ教養人を育成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)
ドイツ語、英語、または、フランス語の運用能力を有し、その言語を用いる地域の歴史・文化・社会を理解するための専門知識を習得した、国際的視野に立つ教養人となるための資質を有する人物を求める。

(出願要件)
高等学校卒業程度の資格と学力を要する。科目別では外国語、国語、地理歴史・公民、数学、理科の学力を求める。

(入学者選抜方法)
外国語教育重視の観点から、外国語科目を重視した入試を行う。また、多彩な学生の受け入れを図るべく、一般入試をはじめとする様々な入試制度を設ける。
外国語学部ドイツ語学科 (教育目的)
「ドイツ語の運用能力を養成し、ドイツ語圏の歴史・文化・社会を理解するための専門知識を習得した、国際的視野に立つ教養人を育成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)
実用的なドイツ語運用能力を得たうえで、ドイツ語圏の文化・歴史・社会について深く研究しようとする高い動機を持った人物を求める。

(出願要件)
高等学校卒業程度の資格と学力を要する。科目別では外国語、国語、地理歴史・公民、数学、理科の学力を求める。

(入学者選抜方法)
外国語教育重視の観点から、外国語科目を重視した入試を行う。また、多彩な学生の受け入れを図るべく、一般入試をはじめとする様々な入試制度を設ける。
外国語学部英語学科 (教育目的)
「英語の運用能力を養成し、英語圏の言語・文学・文化・社会・国際関係などを理解するための専門知識を身につけた、国際的視野に立つ教養人を育成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)
ツールとしての英語力を高めると同時に、単なる英語力向上に留まることなく、各種コースの専門知識を深めることに努める人物を求める。

(出願要件)
高等学校卒業程度の資格と学力を要する。科目別では外国語、国語、地理歴史・公民、数学、理科の学力を求める。

(入学者選抜方法)
外国語教育重視の観点から、外国語科目を重視した入試を行う。また、多彩な学生の受け入れを図るべく、一般入試をはじめとする様々な入試制度を設ける。
外国語学部フランス語学科 (教育目的)
「フランス語の運用能力を養成し、フランス語圏の歴史・文化・社会を理解するための専門知識を習得した、国際的視野に立つ教養人を育成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)
語学力にとどまらない教養とコミュニケーション力、およびフランスに脈々と受け継がれる文化や芸術、歴史、文学を理解したいと考える人物を求める。

(出願要件)
高等学校卒業程度の資格と学力を要する。科目別では外国語、国語、地理歴史・公民、数学、理科の学力を求める。

(入学者選抜方法)
外国語教育重視の観点から、外国語科目を重視した入試を行う。また、多彩な学生の受け入れを図るべく、一般入試をはじめとする様々な入試制度を設ける。
外国語学部交流文化学科 (教育目的)
「英語を中心とした外国語の運用能力を養成し、交流する文化の諸相を理解するための専門知識を習得した、国際的視野に立つ教養人を育成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)
国や民族に固有のものと思われがちであった文化が、人やモノの往来によって交わり合い、また新たな文化を生み出していくという「交流する文化」をツーリズムだけでなく、国際関係論や社会学、文化人類学などの多角的な視点から学びたいと考える人物を求める。

(出願要件)
高等学校卒業程度の資格と学力を要する。科目別では外国語、国語、地理歴史・公民、数学、理科の学力を求める。

(入学者選抜方法)
外国語教育重視の観点から、外国語科目を重視した入試を行う。また、多彩な学生の受け入れを図るべく、一般入試をはじめとする様々な入試制度を設ける。
国際教養学部言語文化学科 (教育目的)
「複数の外国語の運用能力を身につけるとともに、環太平洋地域を見据えた日本を含む諸地域の言語・文化・社会についての知識を習得し、さらに、日本が蓄積してきた「知」を国際社会における教養の一環として積極的に発信しうる市民を育成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)
2言語併習と8つの研究科目群の履修を通じた、国際的に通用する教養(知識、技能、判断力)の獲得により、外国の文化を知るとともに、自国のことを正しく相手に伝えたいと考える人物を求める。

(出願要件)
高等学校卒業程度の資格と学力を要する。科目別では外国語、国語、地理歴史・公民、数学、理科の学力を求める。

(入学者選抜方法)
外国語教育重視の観点から、外国語科目を重視した入試を行う。また、多彩な学生の受け入れを図るべく、一般入試をはじめとする様々な入試制度を設ける。
経済学部 (教育目的)
「外国語の能力、ならびに、豊かな歴史観、自然観、および、倫理観を中核とする教養に基礎付けられた経済学、経営学・情報、環境学の専門知識を習得した、国際的視野を有する優れた社会人、地域社会や国際社会に貢献できる実践的な人材を育成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)
外国語の能力、ならびに、豊かな歴史観、自然観、および、倫理観を中核とする教養に基礎付けられた経済学、経営学・情報、環境学の専門知識を習得した、国際的視野を有する優れた社会人、地域社会や国際社会に貢献できる実践的な人材となるための資質を有する人物を求める。

(出願要件)
高等学校卒業程度の資格と学力を要する。科目別では外国語、国語、地理歴史・公民、数学、理科の学力を求める。

(入学者選抜方法)
外国語教育重視の観点から、外国語科目を重視した入試を行う。また、多彩な学生の受け入れを図るべく、一般入試をはじめとする様々な入試制度を設ける。
経済学部経済学科 (教育目的)
「外国語の能力、ならびに、豊かな歴史観、自然観、および、倫理観を中核とする教養に基礎付けられた経済学の専門知識を習得した、国際的視野を有する優れた社会人の育成」を教育目的とする。

(求める人物像)
国際経済を読み解き、国際的なコミュニケーションを図るために必要な外国語能力と、ビジネス思考のツールとなる経済学(経済理論・総合政策・国際経済)に関する知識を体系的に養成し、将来、国際ビジネスの世界で活躍したいと考える人物を求める。

(出願要件)
高等学校卒業程度の資格と学力を要する。科目別では外国語、国語、地理歴史・公民、数学、理科の学力を求める。

(入学者選抜方法)
外国語教育重視の観点から、外国語科目を重視した入試を行う。また、多彩な学生の受け入れを図るべく、一般入試をはじめとする様々な入試制度を設ける。
経済学部経営学科 (教育目的)
「外国語の能力、ならびに、豊かな歴史観、自然観、および、倫理観を中核とする教養に基礎付けられた経営学・情報学の専門知識を習 得した、国際的視野を有する優れた社会人の育成」を教育目的とする。

(求める人物像)
グローバルな経営に必須とされる外国語能力と、経営学・情報(マネジメント・ビジネス・会計・情報)に関する知識を体系的に養成し、
経営や情報に関するセンスを養成したいと考える人物を求める。

(出願要件)
高等学校卒業程度の資格と学力を要する。科目別では外国語、国語、地理歴史・公民、数学、理科の学力を求める。

(入学者選抜方法)
外国語教育重視の観点から、外国語科目を重視した入試を行う。また、多彩な学生の受け入れを図るべく、一般入試をはじめとする様々な入試制度を設ける。
経済学部国際環境経済学科 (教育目的)
「外国語の能力、ならびに、豊かな歴史観、自然観、および、倫理観を中核とする教養に基礎付けられた経済学の専門知識を習得したうえで、環境に対する責任と正しい認識に基づき、持続可能な社会の実現を目指して、地域社会や国際社会に貢献できる実践的な人材の育成」を教育目的とする。

(求める人物像)
国際的なコミュニケーションを図るため必要となる外国語能力を有し、近年の社会状況が要求する環境に対する責任と正しい認識に基づき、持続可能な社会の実現を目指して、地域社会や国際社会に貢献したいと考える人物を求める。

(出願要件)
高等学校卒業程度の資格と学力を要する。科目別では外国語、国語、地理歴史・公民、数学、理科の学力を求める。

(入学者選抜方法)
外国語教育重視の観点から、外国語科目を重視した入試を行う。また、多彩な学生の受け入れを図るべく、一般入試をはじめとする様々な入試制度を設ける。
法学部 (教育目的)
「外国語の能力、ならびに、歴史、文化、および、社会に関する深い教養に基礎付けられた法学、および、政治学の専門的知識を習得した、国際的視野に立つ教養人を育成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)
外国語の能力、ならびに、歴史、文化、および、社会に関する深い教養に基礎付けられた法学、および、政治学の専門的知識を習得した、国際的視野に立つ教養人となるための資質を有する人物を求める。

(出願要件)
高等学校卒業程度の資格と学力を要する。科目別では外国語、国語、地理歴史・公民、数学、理科の高い学力を求める。

(入学者選抜方法)
外国語教育重視の観点から、外国語科目を重視した入試を行う。また、多彩な学生の受け入れを図るべく、一般入試をはじめとする様々な入試制度を設ける。
法学部法律学科 (教育目的)
「外国語の能力、ならびに、歴史、文化、および、社会に関する深い教養に基礎付けられた法学の専門的知識を習得した、国際的視野に立つ教養人を育成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)
外国語の能力、ならびに歴史、文化、および、社会に関する深い教養に基礎付けられた法学の専門的知識を習得した、国際的視野に立つ教養人となるための資質を有する人物を求める。

(出願要件)
高等学校卒業程度の資格と学力を要する。科目別では外国語、国語、地理歴史・公民、数学、理科の高い学力を求める。

(入学者選抜方法)
外国語教育重視の観点から、外国語科目を重視した入試を行う。また、多彩な学生の受け入れを図るべく、一般入試をはじめとする様々な入試制度を設ける。
法学部国際関係法学科 (教育目的)
「外国語の能力、ならびに、歴史、文化、および、社会に関する深い教養に基礎付けられた国際的な法学、および、政治学の知識を習得した、国際的視野に立つ教養人を育成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)
外国語の能力、ならびに、歴史、文化、および、社会に関する深い教養に基礎付けられた国際的な法学、および、政治学の知識を習得した、国際的視野に立つ教養人となるための資質を有する人物を求める。

(出願要件)
高等学校卒業程度の資格と学力を要する。科目別では外国語、国語、地理歴史・公民、数学、理科の高い学力を求める。

(入学者選抜方法)
外国語教育重視の観点から、外国語科目を重視した入試を行う。また、多彩な学生の受け入れを図るべく、一般入試をはじめとする様々な入試制度を設ける。
法学部総合政策学科 (教育目的)
「外国語の能力、ならびに、歴史、文化、および、社会に関する深い教養に基礎付けられた地域的、および、国際的な政治学、および、法学の知識を習得した、国際的視野に立つ教養人を育成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)
外国語の能力、ならびに、歴史、文化、および、社会に関する深い教養に基礎付けられた地域的、および、国際的な政治学、および、法学の知識を習得した、国際的視野に立つ教養人となるための資質を有する人物を求める。

(出願要件)
高等学校卒業程度の資格と学力を要する。科目別では外国語、国語、地理歴史・公民、数学、理科の高い学力を求める。

(入学者選抜方法)
外国語教育重視の観点から、外国語科目を重視した入試を行う。また、多彩な学生の受け入れを図るべく、一般入試をはじめとする様々な入試制度を設ける。
獨協大学大学院 法学研究科 博士前期課程 (教育目的)
「法学・政治学の分野において、総合的、専門的、また学際的な教育・研究を行い、法学・政治学の研究の発展に資するとともに、高度の専門性を有する職業に必要な学識・能力をもった人材を養成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)
法学・政治学の分野において、総合的、専門的、また学際的な教育・研究を行い、法学・政治学の研究の発展に資するとともに、高度の専門性を有する職業に必要な学識・能力をもった人材となるための資質を有する人物を求める。

(出願要件)
大学卒業程度の資格と学力を有する。出身大学は問わない。

(入学者選抜方法)
筆記、口述、または書面等により、法学・政治学の専門知識、外国語の能力を判定し、さらに志望動機、学習・研究意欲を問う入試を行う。
獨協大学大学院 法学研究科 博士後期課程 (教育目的)
「法学・政治学の分野において、総合的、専門的、また学際的な教育・研究を行い、法学・政治学の研究の発展に資するとともに、高度の専門性を有する職業に必要な学識・能力をもった人材を養成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)
法学・政治学の分野において、総合的、専門的、また学際的な教育・研究を行い、法学・政治学の研究の発展に資するとともに、高度の専門性を有する職業に必要な学識・能力をもった人材となるための資質を有する人物を求める。

(出願要件)
博士前期課程(修士課程)修了程度の資格と学力を有する。出身大学は問わない。

(入学者選抜方法)
筆記、口述、または書面等により、法学・政治学の専門知識、外国語の能力を判定し、さらに志望動機、学習・研究意欲を問う入試を行う。
獨協大学大学院 外国語学研究科 博士前期課程(修士課程) (教育目的)
「語学・文学・文化・外国語教育分野において、総合的、専門的、また学際的な教育・研究を行い、語学・文学・文化・外国語教育の研究の発展に資するとともに、高度の専門性を有する職業に必要な学識・能力をもった人材を養成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)
自立的な調査、研究、発表を通じて、外国語に関わる分野の研究者を志す人物、あるいは教員や国際機関職員等、高度の知識を持った専門家となることを志す人物を求める。

(出願要件)
大学卒業程度の資格と学力を有する。出身大学は問わない。

(入学者選抜方法)
筆記、口述、または書面等により、語学・文学・文化・外国語教育の専門知識、外国語の能力を判定し、さらに志望動機、学習・研究意欲を問う入試を行う。
獨協大学大学院 外国語学研究科 博士後期課程 (教育目的)
「語学・文学・文化・外国語教育分野において、総合的、専門的、また学際的な教育・研究を行い、語学・文学・文化・外国語教育の研究の発展に資するとともに、高度の専門性を有する職業に必要な学識・能力をもった人材を養成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)
自立的な調査、研究、発表を通じて、外国語に関わる分野の研究者を志す人物、あるいは教員や国際機関職員等、高度の知識を持った専門家となることを志す人物を求める。

(出願要件)
博士前期課程(修士課程)修了程度の資格と学力を有する。出身大学は問わない。

(入学者選抜方法)
筆記、口述、または書面等により、語学・文学・文化・外国語教育の専門知識、外国語の能力を判定し、さらに志望動機、学習・研究意欲を問う入試を行う。
獨協大学大学院 経済学研究科 博士前期課程 (教育目的)
「経済・経営・情報の分野において、総合的、専門的、また学際的な教育・研究を行い、経済・経営・情報の研究の発展に資するとともに、高度の専門性を有する職業に必要な学識・能力をもった人材を養成すること」を教育目的とする。
博士前期課程は、経済・経営・情報分野における研究能力を高め、また公務、教育、税務、会計業務等に必要な高度の能力を養うことを教育目的とする。

(求める人物像)
経済・経営・情報分野における研究能力を高めようとする人物、また公務、教育、税務、会計業務等に必要な経済・経営・情報分野における高度の能力を獲得しようとする人物を求める。

(出願要件)
大学卒業程度の資格と学力を有する者。

(入学者選抜方法)
書面、筆記、口述試験により、経済・経営・情報分野の専門知識、外国語運用能力、志望動機、学習・研究意欲を問う。
獨協大学大学院 経済学研究科 博士後期課程 (教育目的)
「経済・経営・情報の分野において、総合的、専門的、また学際的な教育・研究を行い、経済・経営・情報の研究の発展に資するとともに、高度の専門性を有する職業に必要な学識・能力をもった人材を養成すること」を教育目的とする。博士後期課程は、経済・経営・情報分野において研究者として自立して教育・研究活動を行い、また公務、教育、税務、会計業務等に従事するに必要な高度の研究能力およびその基礎となる豊かな学識を養うことを教育目的とする。

(求める人物像)
経済・経営・情報分野において研究者として自立して教育・研究活動を行おうとする人物、また公務、教育、税務、会計業務等に従事するに必要な経済・経営・情報分野における高度の研究能力を獲得しようとする人物を求める。

(出願要件)
大学院博士前期課程(修士課程)修了程度の資格と学力を有する者。

(入学者選抜方法)
書面、筆記、口述試験により、経済・経営・情報分野の高度な専門知識、外国語運用能力、志望動機、学習・研究意欲を問う。
ページトップへ