• HOME >
  • 大学案内 >
  • 獨協大学の社会的取組|省エネルギーに関する取組み

省エネルギーに関する取り組み

獨協大学環境宣言

私たちは、地域環境や地球環境の保全を重要課題とする社会の責任ある一員として、すべての教育、研究活動を通じて、人々の健康増進と環境保全に寄与することを目標に掲げ、以下のことに積極的に取り組みます。

◎環境教育、環境研究、環境啓発活動に取り組みます
◎省エネルギーや環境保全に適合した設備、備品を使用します
◎モノや資源を大切に使うとともに、ごみの減量化やリサイクルを推進します

2008年6月 獨協大学



 省エネ運動は国をはじめとして、県、市町村における行政の課題となっているだけではなく、私たちや私たちの子孫の生活に関わる重要な事項となっています。
 地球温暖化は地球に住む生き物共通の課題です。しかし、この課題に取り組むことができるのは私たち人間以外にはありません。本学にあっては、学生のみなさん、教職員、地域社会の方々が協力して対処することこそが重要です。
 本学に置かれた「環境共生研究所」開所式で基調講演を行った東京大学名誉教授月尾嘉男氏によれば、地球温暖化を是正するために我々ができる有効な唯一の手段は「電力などの節約」であるそうです。
 私どもは、獨協大学に集う一人一人が、省エネ運動をしやすい環境づくりのお手伝いをしていくつもりです。
 みなさん、私どもと一緒に省エネの一歩を踏み出してみませんか?

省エネルギー推進に関する専門部会
部会長 板場 良久(学生部長)


省エネルギーに関するこれまでの取り組み






このページのトップへ