天野貞祐初代学長の就職に関する講話

「就職希望者のために」昭和42年6月21日

 皆さんは、獨協大学が育成した最初の卒業生です。皆さんによって、獨協大学はどういう大学であるかを、一般社会は判断するだろうと思うのです。そういう意味で、皆さんの責任は非常に重いし、私たちとしては、この学園が田圃であったときから今日に至るまで、苦楽を共にしてきた諸君に対しては特別な感情を持っているわけです。無事に、そしてよくやってくれればよいがという気持は、どの卒業生に対しても抱きますけれども、特に一期生である諸君に対しては、特に強 くそういう感情を持つわけでございます。

 諸君が今後、社会へ出て行くに当って、必ずしも受験の優等生でなくったっていいのです。社会の優等生になろうと考えて、社会へ出て行って下すったらよろしいのです。社会の優等生になるにはどうしたらよいかと言いますと、私がよく言いますように、まず、しっかりした心構えを持つことです。自分の利害のためだけでなく、これから社会に出て行ったら、ひとつ社会のために働いて、皆さんが宣誓されたように、社会・国家の創造的な奉仕者になっていただきたいと思います。自分がそこからただ利益を得ようというのではなく、一つの仕事を通じて創造的な要素になろうという、そういう気持がまず大切だと思うのです。諸君がこれからどういう職業にお就きなるか分りませんが、その職業を通じてひとつ社会・国家のために大いに働こうという、そういう心構えが必要だと思うのです。

 まずそういう心構えが大切でありますが、ただ心構えだけでは足りないのであって、こういうことをやろうというには頭をしっかりさせて判断していくことが必要になってきます。それには思慮と言ってもよろしいのですが、思慮の力を養っていって、しっかりした判断をして、そして間違わないようにすることが大切であります。人間は、良いと思ったことが間違いなく良いというわけにはいかないのです。もし人生というものが、自分たちが良いと主観的に考えたことがいつでも良いというのなら、それは非常にやさしいけれども、そうではなくて、自分たちの考えたことも間違うこともあり得るという、そういう謙虚な気持を持つこ とが必要だと思うんですね。

 いま申しましたように、しっかりした心構えを持ち、自分一身のためよりも、むしろ、ひとつ社会の奉仕者になろうという、そういう考えを持っていただきたい。それから、判断力を間違わないように。それには平生からいろいろなことを誠実に取り組む――そのことによって判断力は養われて行くのです。同時に又、諸君がどういう職業に就くにしても、その職場の知識技能力を持っていなくてはならない。そういう知識技能力を十分に養っていただいたい。それからさらに、平生から心がけて、情操を養っていくということも必要です。最後に、体がよくなければだめだ。健康ということが必要です。健康であるためには、いちどきに健康になるわけにはいかないので、日々気をつけていくこと。世間では体を丈夫にするといって、いろいろ工夫をしているようですが、体を丈夫にすることも必要ですけれども、体をわるくしないことが必要だと思うのです。諸君はもう大学に入る前のような無理な勉強をする必要はない。そういう無法な勉強はする必要はないのですから、規則正しくやって、そして、体をわるくしないように。そうすることが体をよくすることですから、そういうようにして体を養っていくこと です。

 よく人は社会を目して、力の社会だ――と言います。いわゆる「コネ」というようなものも、ある程度の力は持っていても、結局は、本人に力があるかどうか、ということです。それでは、力のある人というのはどういう人のことをいうのか。まず第一に、体ですね。健康であるということが、力のある人の第一の要件だと思うのです。二番目には、知識技能があるということ。三番目には、誠実な人格であるということです。すなわち、人間が誠実だということですね。そういうことが力のある人の要件だと思うのです。従って、自ら反省することを知り、しっかりした信条を持ち、知識技能力を養い、健康を保持しているならば、社 会のいかなる分野にでも安心して出て行って活躍できます。

 今、社会の第一線に立って働いている人の多くは、必ずしも若い時からそうなれると思ってやったわけではないと思うのです。大体の人が、やっているうちにだんだんそういうふうになった。要するに、諸君は大学生といっても、私などから見れば、可能性そのものだと言ってもいいと思うのです。ですから、その可能性を開発することが必要なのです。私がいつも興味を持って考えていることですが、内村鑑三(1861〜1930)先生などは、大学を卒業して(明治16年)、農商務省(今の農林省)の役人になったのですが、魚に関する研究題目の報告を出すのに、日本文が書けなくて困る、と友だちによく話していたというのです。札幌農学校出身の内村先生は、英文を書くことは得意だったので、英文で書くのならわけはないけれども、日本文では書けない、実に困った、と言っていたというのです。その人が、練習をすれば、ああいうような、他の追従を許さない文章を書くようになった。そのように多くの人が隠れた才能を持っている。意外なところにそれが現れる。それにはどうすればよいかというと、やはりたゆまざる勉強ですね。そういうことによって才能が出てくるということがある。

 ですから、諸君はどうか、この立派な大学において修行をしたのですから、自信を持って、どこへ出て行っても何も引けを取らないという考えで、試験に応じてもらいたいと思うのです。いわば、スポーツをやるような気持で、安楽な気持で、試験に立ち向ったらいいと思うのです。そうすれば案外、諸君の力が出てくるのではないかと思う。そして一旦、いずれかの会社なり、職場なりに入ったならば、――諸君が入学されたおり、私が諸君に、大学を対象的に考えず、諸君がこの大学の主体者であり、一員と考えるようにと言いましたが、そのように、――職場を対象的に考えず、自分が職場の一員であり、主体者だと考えていただきたいと思います。どこへ行かれても、その同じ気持でやられたらよろしい。私が諸君に望みたいことは、諸君が入学のときに私が諸君に宣誓してもらったこと を、改めて考えていただきたいと思うのです。

 諸君はもう宣誓文は忘れてしまったかもしれませんが、あの宣誓文は私の諸君に望む一番の点なのですから、よく読んで、ひとつ考えていただきたいと思うのです。私が今日ここで読んでみます。――「わたくしは獨協大学生として、この倫理的文化的共同体の一員として、学問の同志として、相互に信頼し、大学理念の実現に学生としての誠実な協力をいたします」――ですから、どの職場へ入っても、その中の一員として、その場所をよく発展させるということを考えて働いてもらいたいのです。それから次に――「学生としての在り方を謙虚に反省し、学則はもとより、一般の法を尊び、秩序を重んじ、日々の生活は規則正しく、勉学に精進し、心も健康、からだも健康、他日国家社会の優れた創造的奉仕者と成ることを期します」とあります。――諸君が一つところに入っても、ただ眼前の立身出世というようなことではなくて、その職場のため、会社のため、あるいは何か一つの事業のために精進して、そこを発展させることによって国家社会の優れた創造的奉仕者になろうという、そういう考えを持ってやっていただきたいと思う。そして諸君がそういう考えを持って対すれば、――今、社会は、獨協大学というものの在り方に対して非常な同感と期待を持っていると思うのです、――きっと諸君をもよく迎えて、そして、諸君に十分力を伸ばすことができるようにしてくれると思うのです。どうかよろしくお願いします。以上です。

ここからサイドメニューです。

キャリアセンター

キャリアセンター
(天野貞祐記念館1階)

〒340-0042
埼玉県草加市学園町1-1

TELキャリアデザイン係
048-946-2861

講座企画係
048-946-1677

就職支援係
048-946-1676

FAX048-946-2893
 

このページのトップへ