MM工房スタジオの紹介

MM工房スタジオ(以下「スタジオ」という。) とは、「Multimedia Atelier Studio」のことでカメラやマイクなどの録画設備があり、教育・研究・学習を目的として自身で映像作成をすることが出来る場所です。

MM工房スタジオ利用者

・本学の教職員(非常勤を含む)および学生
 ※申込はMM工房スタジオ利用者講習会を受講し修了証を 取得した者
・その他教育研究支援センター所長が認めた者

MM工房スタジオ利用目的

(1)マルチメディア機器を活用した創作活動を目的に、つぎの範囲で利用すること
・学生の自律学習
・教員の教材・研究資料作成および職員の業務資料作成

(2)その他、教育研究支援センター所長が認める場合
※防災上の理由から個人での利用はできません。必ず複数名でお申し込みください。


MM工房スタジオ利用者講習会

スタジオを利用するためには、利用者講習会の受講が必須です。講習を修了した方には講習会終了時に「修了証」をお渡しします。講習会の予定は以下の通りです。

日時 : 毎月第2・第3水曜(12:30-13:10)
※両日とも講習内容は同じです。ご都合のよい日程でお申し込みください。
定員 : 先着3名
講習内容 : スタジオ機器の基礎的な操作
申込 : 天野貞祐記念館2階MM工房受付にて「MM工房スタジオ利用者講習会受講申込書」 に必要事項を記入の上、提出してください。
講習会開始時刻10分前までにお申込ください。

修了証の有効期限は、本学学生は卒業または修了まで、教職員は退職までです。卒業、修了、退職時には教育研究支援センター(MM工房受付)に返却してください。

MM工房スタジオの利用について

スタジオ利用申込み手続き

●申込受付場所:天野貞祐記念館2階 MM工房受付
●申込受付時間:
 授業期間:平日 8:45〜18:00 土曜 8:45〜14:30
 授業期間外 :平日 9:00〜16:30
 ※日曜・祭日、その他大学が定めた休業日を除く。

●利用予約時間単位

    1時限 2時限 昼休み 3時限 4時限 5時限
授業期間 月〜金 9:00-10:30 10:45-12:15 12:30-13:00 13:15-14:45 15:00-16:30 16:45-18:15
9:00-10:30 10:45-12:15 12:30-13:00 13:15-14:45 -
授業期間外 月〜金 9:00-10:30 10:45-12:15 12:30-13:00 13:15-14:45 15:00-16:30 -

下の期間は利用できません
日曜・祭日、一斉休業期間、定期試験期間、入学試験期間、年末年始、その他大学が定めた休業

●申込方法

  1. MM工房スタジオ利用申込書(以下、利用申込書)に必要事項を記入してください。
    ・責任者となる方の氏名・講習会修了証番号・連絡先などを記入します。
    ・その他、使用日・利用団体・スタジオを利用するグループのメンバーの情報 などの必要事項を記入します。
  2. 記入した利用申込書を受付時間内にMM工房受付に提出してください。
    ・使用する6開室日前から先着順で受け付けます。
    ・利用申込書提出時には責任者の学生証と修了証の提示が必要です。
  3. 利用時には、MM工房受付にて責任者の学生証と修了証を提示してください。

スタジオ入室手続き

  1. 予約時間になったら利用申込書のコピーを持参の上、MM工房受付にお越しください。その際、修了証と学生証(教職員証)を提示してください。
    なお、利用予約時間を20分経過してもMM工房受付に来ない場合、その日の予約は全てキャンセルとします。
  2. 受付後、スタッフに鍵を開けてもらってください。
  3. 機器の操作は修了証を持っている方が行い、責任を持って管理してください。
  4. スタジオの利用終了時間までに使用した機器の後片付けを行い、MM工房受付にお越しください。

利用上の注意点

(1) スタジオは、2人以上のグループでの利用となります。
(2) 緊急の利用がある場合、教育研究支援センターから利用日時変更のお願いをすることがあります。
(3) 利用予約時間を20分経過しても利用者が現れない場合には、その予約は自動的 にキャンセルとなります。
(4) 修了証未取得の方が利用グループにいる場合、修了証未取得者は機器の操作を禁止します。
(5) スタジオ内は飲食禁止です。(飲食シーンの撮影が必要な場合は、事前にご相談ください。)
(6) スタジオ内およびMM工房では、著作権法、その他の法令に抵触する行為を禁止します。
(7) 本学の諸規定に反する行為を禁止します。
(8) スタジオの入館カードや鍵の複製を禁止します。
(9) スタジオ機材の持ち出しを禁止します。スタジオ内で利用してください。
(10) スタジオ機材の設定変更を禁止します。講習会の内容に従って操作してください。
(11) 録音や録画したUSBメモリやDVテープなどは必ず持ち帰ってください。
(12) 利用中に機器のトラブルがあったときや不具合の発生、変調、機材の毀損や汚損をしたときは、速やかに教育研究支援センターに連絡してください。
(13) スタジオ内は常に整理整頓して退出してください。機材は大学共有の財産です。丁寧に取り扱ってください。
(14) 故意または過失によってスタジオ内の機器に破損があった場合、弁償していただ くことがありますので丁寧に取り扱ってください。

※利用のルールが守れない場合には、利用の中止および修了証を没収することがあります。

ここからサイドメニューです。

教育研究支援センター

■連絡先

〒340-0042
埼玉県草加市学園町1-1


教育研究支援課
 外国語教育支援係
TEL 048-946-1906
(内線7321)

教育研究支援課
 教育支援係
TEL 048-946-1857
(内線2035)

教育研究推進課
TEL 048-946-2036
(内線2044)

このページのトップへ