主な教育支援サービス(ICT関連)

主な支援業務

1. ホームページ作成支援

授業・ゼミ用のホームページ開設時の支援をします。

2.授業レポートシステムの運用

授業レポートシステムは、マークシートと自由記述を組み合わせた紙面アンケートを取扱うシステムです。アンケート用紙をスキャニング処理することで、Web 上にてアンケート内容や集計結果の閲覧、コメントの付与が可能となります。授業レポートシステムの操作説明、QA対応などの利用支援を行います。 リンク:授業レポートシステムトップページ 

3.My DOCの運用

My DOCはLearning Management System(製品名はBlackboard)です。
教材の配布、アンケートの実施など多くのコンテンツを持ったシステムです。
My DOCの操作説明、QA対応などの利用支援を行います。リンク:My DOC

4.講習会の実施

大学から共通で配布されているPCにインストールされているソフトを中心に、教員向けの講習を行います。

5.デジタル教材開発支援

授業に用いるデジタル資料等を作成するための支援を行います。

6.AV機器操作説明・障害対応

教室などに設置されているAV機器の操作説明や、使用中にトラブルが発生したときの対応を行います

7.CAL教室障害対応

CAL教室の障害対応を行います。

8.情報機器貸出

PCやプロジェクターなどの貸出を行います。詳細は「貸出機器について(学内のみ参照可)」をご覧ください。

9.MM工房・MM工房スタジオの運用

MM工房は、マルチメディア編集機を使い、自身で編集加工が出来る場所です。詳細は「MM工房(学内のみ参照可) )」をご覧ください。
MM工房スタジオとは、Multimedia Atelier Studio のことで、作品制作、教材の作成、実験研究、ゼミ論文作成などを、利用者自身の手で行うことを可能にするために、各種映像機器を用意し開放しています。

10.実験環境の運用

詳細は「実験環境について(学内のみ参照可)」をご覧ください。

11.東棟4階ヘルプデスク

東棟4階ヘルプデスクは、大学が提供する情報サービスの利用に関するサポートを行います。主な業務は次の通りです。なお学生向けサポートはTA(ティーチングアシスタント)が行います。

Q&A対応(コンピューター教室でのログイン方法・印刷方法など)
パソコン操作案内(Excel・Wordなど)
記憶メディア忘れ物対応(CD-R・DVD-R・USBフラッシュメモリなど)
VPN接続マニュアルの配布

12.ラーニング・スクエアの運用

ラーニング・スクエアは学生の能動的な学習(課題研究、PBL、ディスカッション、プレゼンテーション)を促すための教育スペースです。プロジェクタ、モニター、ホワイトボードなどの教育設備を用意しています。

ここからサイドメニューです。

教育研究支援センター

■連絡先

〒340-0042
埼玉県草加市学園町1-1


教育研究支援課
 外国語教育支援係
TEL 048-946-1906
(内線7321)

教育研究支援課
 教育支援係
TEL 048-946-1857
(内線2035)

教育研究推進課
TEL 048-946-2036
(内線2044)

このページのトップへ