獨協大学 企業・マスコミの方へのニュース http://www.dokkyo.ac.jp 獨協大学 企業・マスコミの方へのニュース ja 獨協大学 獨協大学 獨協大学 企業・マスコミの方へのニュース 大学内の水田で田植えを行いました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9016/  この授業は、コメ作りの体験を通して食料と農業と環境のつながりを考えることが目的です。学生は田んぼに入り、慣れない作業に奮闘していました。
 今後は、農薬を使用せず栽培し、草取り、稲刈り、脱穀などの作業を学生が行い、秋に収穫する予定です。

]]>
2019-05-27T10:10:00+09:00
卓球部 春季・関東学生卓球リーグ 男子3部Aブロック優勝 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9015/
■卓球部 山口蒼太さんのコメント
昨年のリーグ戦は、春秋共にリーグ2位という結果で終わりとても悔しい思いをしました。そこで部員一同がより普段の練習に励み団結した結果、今回3部リーグで優勝する事が出来ました。ただし部の目標は2部昇格をする事なので、6月に行われる入替戦に向けて、部員一同更なる努力を致しますので、応援よろしくお願いします。

学友会総務部長室事務課
048-946-2057

]]>
2019-05-27T09:10:00+09:00
英語学科 香港大学の学生と日本文化ツアーを実施しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9008/
ツアーの企画と運営は英語学科の学生が担当。香港の学生と一緒に着物を着て、情緒あふれる蔵造りの町並みを案内しました。

また、新元号「令和」のお祝いムードに沸く川越氷川神社を散策。人の形をした和紙を小川に流して心身を清める、「人形(ひとがた)流し」を体験しました。

今回のツアーのように、香港での研修後にも国境を越えた交流が続くのも、香港プログラムの大きな魅力です。

※英語学科では、グローバルマインドを持った情報発信型のリーダー育成を目的として、「獨協大学父母の会」の助成により海外学修奨励賞短期研修を実施しています。

]]>
2019-05-24T16:50:00+09:00
半田滋非常勤講師の論説が「現代ビジネス」に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9005/ 首相がどうしても『護衛艦かが』を見せたい理由」のタイトルで半田滋非常勤講師の
論説が掲載されました。半田非常勤講師は、安倍首相がトランプ米大統領を「かが」
の視察に招待するのは、「自主防衛の努力」などをアピールする狙いがある、と論じ
ました。 ]]>
2019-05-21T16:50:00+09:00
国際交流イベント「飴細工体験&人形劇 谷根千ツアー」を実施しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9003/
 このイベントは、日本人学生と外国人学生・留学生が相互交流を図りながら、日本文化への理解を深めることを目的としています。

 外国人留学生15名と日本人学生24名が参加し、日暮里駅から谷根千エリアを散策。谷中銀座や根津神社を訪れ、東京の下町の風情を感じました。指人形劇の観劇では、外国人留学生も日本人学生も大笑いし、打ち解けることができました。飴細工体験では、グループごとにウサギ、イルカ、クマの飴細工に挑戦。悪戦苦闘しながらも、職人さんの説明を参考に、学生同士で助け合いながら、個性豊かな飴細工をつくりました。
 参加した学生からは「飴細工は難しかったけど、なかなか体験する機会がないのでよかった」「言葉がわからなくても楽しめる人形劇でおもしろかった」「留学生とも日本人学生ともいろいろな人と話すことが出来た」といった感想が聞かれました。

 国際交流センターでは、今後も日本人学生と外国人学生・留学生の交流イベントを開催していきます。ぜひ、ご参加ください。

]]>
2019-05-21T15:30:00+09:00
父母の会総会 開催 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9001/  総会終了後、新役員による第1回幹事会が開催され、代表幹事に中澤俊勝氏が選任されたほか、副代表幹事および執行幹事が決まり、2019年度の父母の会の活動がスタートしました。
 幹事会終了後には、学生食堂で懇親会が行われ、盛会のうちに終了しました。

]]>
2019-05-20T17:10:00+09:00
国際教養学部和田ゼミがWFP協会主催のイベントにボランティア参加 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8981/
和田ゼミ生  堤 ひよりさん(言2年)のコメント
 今回のボランティアを通して、参加者はもちろんボランティアの方々の、世界中の飢餓の撲滅に対する強い思いを知ることができました。暑い中での開催でしたが、参加者、スタッフ、ボランティアが一丸となってひとつの素晴らしいチャリティーイベントを作りあげることができました。私一人の力では飢餓の問題を解決するのは難しいことですが、今回のように小さな力が集まることによって、少しでも問題解決の力になれたらと思いました。今後、このような機会があれば積極的に関わっていきたいと思いました。また、ゼミOBの方々のボランティアとしての参加はたいへん心強く感じました。
 この記事を読んでいる方々も、来年から一緒に参加してみませんか。

 なお、秋学期に開講の全学総合講座「食文化と人間生活」において、国連WFP協会の方がゲストスピーカーとして登壇予定です。

]]>
2019-05-14T15:40:00+09:00
2020年4月採用 獨協大学専任職員募集 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8985/ もしくは大学院博士前期(修士)課程を修了見込み(満26歳まで)の方を対象に採用活動を行います。
(上記年齢は、全て採用時期:2020年4月1日付けの満年齢です)

採用時期:2020年4月1日付

詳細は、添付ファイル「獨協大学 専任職員募集要項・事務局概要」をご確認ください。

■獨協大学専任職員採用ガイダンス
応募を希望される方は、獨協大学専任職員採用ガイダンスに必ずご参加ください。
 日時:2019年6月15日(土) 9:30〜12:00(終了予定)
 場所:獨協大学 東棟 E-102教室(予定:人数の関係で変更となる場合があります)
 応募:参加希望の方は、6月12日(水)までに、ページ下方の「採用ガイダンス入力フォーム」からお申し込みください。
※「採用ガイダンス」に参加されない方は採用試験を受けられません。ご注意ください。

■獨協大学専任職員採用ガイダンスに出席された方を対象に、次の日程で第1次選考(グループ面接)を行います。
 日付:2019年6月22日(土)
 時間:9:30〜15:00(獨協大学専任職員採用ガイダンスにて本学が指定した時間に集合していただきます)


■お問合せ先
 〒340-0042 埼玉県草加市学園町1−1
 獨協大学 総務部 人事課 人事研修係
 電話048-946-1642
 *内容によりお問合せには回答できない場合がございます。

【注意】
 ご応募いただいた書類・情報については、採用に関する目的以外には使用いたしません。
 また、採用に至らなかった場合は本学で責任を持って廃棄し、返却はいたしません。
 あらかじめご了承ください。 ]]>
2019-05-14T09:00:00+09:00
【在学生対象】「トビタテ!留学JAPAN」留学計画作成ワークショップ開催について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8979/ トビタテ!留学JAPANには興味があるが、自身のやりたいことが不明確であったり、留学計画を立てることに悩んでいる方はぜひご参加ください。

 日 時 : 2019年6月12日(水)15時20分〜19時00分
 会 場 : 西棟316教室(W-316)
 備 考 : 定員30名、先着順(国際交流センターで申し込むとともに、事前課題を受け取ってください)

※制度等の詳細は、関連リンクを参照ください。
※第12期の募集要項等は、7月初旬に公表される見通しです。 ]]>
2019-05-13T11:00:00+09:00
英語学科 「国際ツーリズム・キャリア講演会」 <エアライン特集>を開催します http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail/id/8976/publish/1/ http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail/id/8976/publish/1/ 2019-05-10T17:00:00+09:00 広報誌『獨協大学ニュース』5月号(Vol.459)を発行しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8968/ 学内各棟の配架台で配布しています。
誌面は、以下の[関連リンク]からもご覧いただけます。ぜひご一読ください。

総合企画課

]]>
2019-05-07T16:00:00+09:00
クールビズ(夏季軽装)実施のお知らせ http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8206/ 皆様のご理解とご協力をお願いします。

獨協大学 ]]>
2019-04-27T11:00:00+09:00
仏検準1級・2級対策講座のご案内【どなたでも受講できます 締切5月28日(火)】 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8966/ 獨大生以外のお申込みも可能です。
講師の田中善英先生の講座説明動画を下記リンク先よりご覧いただけます。

◇日程
6月4日、6月18日、7月2日、10月15日、10月29日
17:20-18:50(全5回:毎回単語小テスト・添削課題あり)

◇受講料
獨大生 10,000円  獨大生以外 12,000円
(テキスト,添削問題,必須単語熟語リスト代等すべてを含む)

◇担当
田中善英(フランス語学科教授)

◇申込締切
5月28日(火) 最少開講人数7名

◇最少開講人数
最少開講人数7名

◇場所
A-401教室

◇申込み方法
東棟1階または学生センター1階の証明書発行機で納付書を購入し、天野記念館3階ICZカウンターに提出してください。

【本学学生以外の方】
受講料振込を証明できるもの(ATMのレシートなど)のコピーと
添付の申込書をダウンロードし、必要事項を記入したものを 下記のいずれかの方法で5月28日(火)までに提出してください。
 ・天野記念館3階ICZカウンターへ提出
 ・メール:gaigo_shien@ml.dokkyo.ac.jpへ添付し送付
 ・FAX:048-946-2896へ送信
 ・郵送:〒340-0042 埼玉県草加市学園町1-1
獨協大学 教育研究支援課外国語教育支援係 仏検講座担当者宛へ送付


◎振込口座
  三菱UFJ銀行 草加新田支店
  普通預金 口座番号 1005858
  口座名義 学校法人 獨協学園


◆問い合わせ先:教育研究支援センター (天野貞祐記念館3階) TEL:048-946-2887

◆仏検ついて:仏検ホームページ( http://www.apefdapf.org/ )をご覧ください。

※天野貞祐記念館3FのICZにも、仏検合格に向けた参考書、問題集など、多数ありますので、ぜひ活用してください。

]]>
2019-04-26T16:10:00+09:00
フランス語会話講座開講のお知らせ(学外の方も受講できます アテネ・フランセ オープンスクール) http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8954/ 在学生の方には、大学から1万円の補助があり、下記の金額になります。
【講座概要】
日  時:5月20日(月)〜7月8日(月) 毎週月曜日 17:20-19:00
受講料:在学生13,500円 在学生以外23,500円(教材費等すべて込)
申込締切:5月15日(水) 先着順(各クラス15名)
申込方法や講座の詳細は、下記のリンクでご確認ください。

【説明会】
授業内容の説明と過去に使用したテキスト、評価表などを紹介します。
日時:5月13日(月)17:20-18:00
場所:A棟4階ICZ ルーム1
申込不要、出入り自由
※説明会に参加しなくても講座にはお申込みできます。

問い合わせ
獨協大学教育研究支援課外国語教育支援係
TEL 048-946-2887
]]>
2019-04-23T14:20:00+09:00
4/27、4/28 越谷グラウンドでの硬式野球部リーグ戦について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8953/  これに伴いまして、以下のとおりせんげん台駅西口からの無料送迎バスを運行します。
 なお、開始時間など試合の詳細につきましては、硬式野球部ホームページをご確認ください。

<無料送迎バス 運行>
■4月27日(土)
 9:45 せんげん台駅西口発
 10:10 せんげん台駅西口発

■4月28日(日)
 12:00 せんげん台駅西口発
 12:30 せんげん台駅西口発

・乗車場所 せんげん台駅西口吉野家様前
・お帰りの際のバス発車時刻は試合終了後、球場にてアナウンスがありますので、現地にてご確認ください。

<乗車における注意>
・乗降は、速やかにお願いします。
・車内での忘れ物などのトラブルにつきましては、大学として対応出来かねますので、降車時の確認いただくなど、十分注意しご乗車ください。
・乗車時、乗降時のお客様に起因するお怪我につきましては、、大学として対応出来かねますので、乗降時には足元をご確認いただくとともに、座席にしっかりとご着席いただくなど、十分注意しご乗車ください。

]]>
2019-04-23T12:10:00+09:00
北海道と就職協定を締結しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8949/  4月18日、北海道東京事務所の近藤晃司所長が獨協大学を訪れ、平井岳哉キャリアセンター所長と協定書を取り交わしました。近藤所長は「北海道は、これまでも個別相談会への参加や道内企業との交流会の開催など、U・Iターン就職に向けた取り組みを支援してきた。このたびの協定締結を機に、国際的な視野や語学力を身につけた学生が、北海道を舞台に地域と世界とをつなぐ存在として飛躍できるよう、精一杯応援したい」とコメントしました。平井所長は「北海道の学生には愛郷心がある。協定締結をきっかけとして、人的ネットワークの整備や情報交換を活発にしていきたい」と述べ、北海道との関係強化に意欲を示しました。
 本学学生のうち、北海道出身者は163名(2018年5月1日現在)。北海道と連携することで、同県内の就職支援イベント、企業情報等の提供を広げ、北海道出身学生を中心としたU・I・Jターン就職を強化します。本学が就職に関する協定を結ぶのは、栃木県、長野県、福島県、新潟県、宮城県に続き6件目です。

(写真左)平井岳哉キャリアセンター所長
(写真右)近藤晃司北海道東京事務所所長

]]>
2019-04-22T10:30:00+09:00
半田滋非常勤講師の論説が「現代ビジネス」に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8940/ 2019-04-18T15:50:00+09:00 留学生・外国人学生との交流会 "International Spring Party"を開催しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8931/ この行事は、外国人留学生・外国人学生と日本人学生の交流を促進するために、国際交流センターと書道研究会が例年行っているものです。

パーティーは歓談タイムから始まり、お互いが自己紹介などをして積極的に話しかけることで、会場内は和やかな雰囲気に包まれました。
続いて、ステージ上で繰り広げられた書道パフォーマンスには、その迫力と勢いに参加者全員が引き込まれました。
その後、チームごとに季節の漢字を一画ずつ書くリレーに挑戦し、協力してバランスのとれた書道作品を完成させました。

会場内は体験ブースが設けられ、書道研究会のアドバイスのもと、外国人留学生らが丁寧に筆を運んでいました。
参加者の談笑が絶えないパーティーであり、互いの交流を深めることのできるイベントとなりました。

]]>
2019-04-15T11:40:00+09:00
半田滋非常勤講師の論説が「現代ビジネス」に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8929/ 2019-04-12T13:00:00+09:00 ドイツ語学科専任教員の公募について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8901/
                            記

【職位】 
准教授または専任講師 (常勤、任期なし)

【募集人数】 
1名

【研究分野】 (1)か(2)のいずれかの分野:
(1)ドイツ語圏における現代文化(20世紀以降の演劇・映画など)・現代メディア論
(2)ドイツ語圏を主な対象とする社会科学(政治学、社会学、地理学、国際関係論など)、またはその関連分野
   
【担当科目】ドイツ語科目(「基礎ドイツ語」「総合ドイツ語」など)と講義科目
(講義科目は上記(1)で採用された場合「ドイツ語圏の演劇」「ドイツ語圏のメディア文化」「ドイツ語圏芸術・文化概論」など、上記(2)で採用された場合「ドイツ語圏とEU」「ドイツ語圏現代社会概論」など)

【職務内容】
本学ドイツ語学科の専任教員は、ドイツ語圏の言語、文化、歴史、社会に関し、多角的な視点から研究・教育を行っています。
職務としては、各自の研究とならび、専門分野に関する講義・演習科目のほか、第1あるいは第2外国語としてのドイツ語科目も含め、週5コマ以上の授業を担当していただきます。また、提携しているドイツ語圏の大学(デュースブルク=エッセン大学、ハイデルベルク大学、ハレ=ヴィッテンベルク大学、ヒルデスハイム大学、ブレーメン専門単科大学、ベルリン自由大学、マールブルク大学、ミュンスター大学、レーゲンスブルク大学、バーゼル大学)との国際共同研究・交換教授プログラムへの参加や、大学・学部・学科が主催する各種行事の企画・運営への協力も求められます。

【着任予定日】 
2020年4月1日

【応募資格】
・博士の学位を有する方、あるいはそれと同等の研究歴を有する方
・教員は外国籍を有する者であることを妨げない。ただし、日本語の能力があり、日本人教員と同等の責務を果たしうる者であることを要する。
・大学における教育歴があることが望ましい。

【待遇】
1. 給与 本学の給与規定による。
2. 通勤費 本学規定により実費支給(上限あり)
3. 定年 70歳
4. その他 社会保険(日本私立学校振興・共済事業団)、労災保険、雇用保険に加入

【応募手続き】
<提出書類>
1. カバーレター(e-mailアドレス、電話番号を記載)
2. 履歴書
*写真貼付。期間の長短にかかわらず、ドイツ語圏滞在歴を明記してください。
*教員免許や語学検定の資格をお持ちの場合は、明記してください。
*本学指定の様式にご記入ください。http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/index_j.htmlからダウンロードできます。
3. 研究業績書 
*本学指定の様式にご記入ください。http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/index_j.htmlからダウンロードできます。
4. 主要業績3点(抜き刷り・コピー可。著書の場合は、原本1部)
5. 主要業績の要旨(それぞれの業績について、800字程度の日本語で記すこと。用紙はA4版)
6. 「ドイツ語教育への抱負」を、2000字程度にまとめたもの(日本語で記すこと。用紙はA4版)
7. 学位記のコピーまたは証明書
<提出期限>    
2019年5月28日(火)必着
<宛先>
〒340-0042 草加市学園町1-1 獨協大学外国語学部ドイツ語学科 学科長 木村佐千子
*封筒に「ドイツ語学科専任教員応募書類」と朱書してください。応募書類は原則として返却いたしませんが、返却ご希望の方は、切手を貼った返信用封筒を同封してください。

【選考方法】
1. 第1次審査:書類選考
2. 第2次審査:日本語およびドイツ語による面接 [2019年7月13日(土)を予定]。
*なお、面接に際しての旅費・滞在費は応募者の負担とします。
また、審査の過程で追加書類の提出を求めることがあります。

【選考結果の通知】
選考手続き終了次第、ご本人に通知します。なお、応募者のプライバシーは厳守し、提出された書類は選考以外の目的には使用しません。

【問い合わせ先】
外国語学部ドイツ語学科長 木村佐千子 (ドイツ語学科教授)
e-mail: skimura(a)dokkyo.ac.jp  (a)部分はアットマークに変更してください。

【備考】
本学ホームページの「教職員採用情報」もご覧ください。http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/index_j.html

                                                       以上 ]]>
2019-04-11T14:20:00+09:00