獨協大学 企業・マスコミの方へのニュース http://www.dokkyo.ac.jp 獨協大学 企業・マスコミの方へのニュース ja 獨協大学 獨協大学 獨協大学 企業・マスコミの方へのニュース 第16回国際交流フェスティバル「草加国際村一番地」開催 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9075/  「ワールド・ランゲージ」という企画には、海外協定校からの留学生が参加し、各国の言語で高校生や市民、子どもたちとの会話を楽しみました。本学学生団体やゼミも多数参加し、研究発表や交流型イベント、ジャグリング、フリーマーケットや物販等が来場者の注目を集めていました。
 当日は老若男女約6000名が来場し、本学で毎年開催される国際交流イベントを楽しみました。

]]>
2019-06-24T09:00:00+09:00
英語学科 国際ツーリズム懇談会を開催 JAL(日本航空)国際線CA ANA(全日本空輸)国際線スタッフが登場して 学生たちは感激 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9073/
懇談会のゲストは、英語学科を卒業して、JAL(日本航空)国際線客室乗務員(CA)の手塚咲さんと、ANA(全日本空輸)エアポートサービス(株)にて羽田空港国際線担当の今井はるかさんです。

ご卒業してから3年ぶりの来学で、英語学科で開設している授業「国際開発論ーー世界のエアラインとホテル」も聴講されました。

お二人は英語学科に在籍中、充実した英語プログラムの授業を受け、専門科目「グローバル社会論」を受講し、それぞれ希望のJALとANAに採用されました。

]]>
2019-06-20T14:00:00+09:00
半田滋非常勤講師の論説が「現代ビジネス」に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9071/ 2019-06-20T09:40:00+09:00 弓道部女子 「第49回全関東学生弓道選手権大会」ベスト8・「第27回関東学生弓道選手権春季大会」第3位 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9072/  また、5月4日に行われた「第27回関東学生弓道選手権春季トーナメント大会」で、野口茜さん(独3年)、河野彩花さん(言3年)、野口涼加さん(営3年)が女子団体戦第3位となりました。

女子主将 河野彩花さんのコメント
 昨年はほとんどの試合で敗北を喫する散々な結果だったので、春トー第3位・全関東ベスト8という好成績を残せたことは非常に嬉しいです。
 新しい試みを取り入れたのがプラスになりました。また、男子が新体制となってから着々と力を上げてきたことも良い刺激になったと思います。
 ただ、まだ安定した的中を出せず優勝には及ばないのが現状です。今後は夏の全日本大会や練習試合を踏み台にして、今年最大の目標「中関東リーグ1部復帰」を目指します。

学友会総務部長室事務課
048-946-2057

]]>
2019-06-20T09:20:00+09:00
【受付開始】オープンカレッジ2019年度秋期講座パンフレット請求の受付を開始しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/6694/ 下記リンクより資料請求ページへお進みください。
お電話でもご請求いただけます(TEL:048-946-1678)。なお、パンフレットは7月下旬から順次発送予定です。
また、2017年度以降にご受講いただいた方には、自動的に送付いたします(請求不要)。


]]>
2019-06-17T10:50:00+09:00
黒川文子教授の論説が雑誌「リベラルタイム」に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9060/  黒川教授は、日本の自動車メーカーは販売台数、売上高、純利益で世界のトップ10に三社入っている。今後は、日米物品貿易協定(TAG)等の影響も受けるだろうが、技術面で得意分野を持つ各日本メーカーは、今後も競争力を保持していくだろう、と論じました。 ]]> 2019-06-13T09:00:00+09:00 矢羽々崇教授が鳴門市で講演「シラーの詩から ベートーヴェンの『第九』へ」を行いました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9059/  鳴門市は、第一次世界大戦時に板東俘虜収容所が置かれ、そこでドイツ人俘虜によって1918年6月1日に『第九』がアジアではじめて演奏された地です。
 その101周年を記念して、6月2日(日)に第38回ベートーヴェン『第九』交響曲演奏会(主催・鳴門市、認定NPO法人 鳴門「第九」を歌う会)、翌3日(月)に、鳴門市の依頼により講演会が開催されました。
 講演会には約100名が参加し、90分の講演の後、30分にわたって盛んな質疑応答が行われました。 ]]>
2019-06-12T14:00:00+09:00
陰山孔貴准教授の論説が「マネー現代」に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9058/ 2019-06-12T13:50:00+09:00 半田滋非常勤講師の論説が「現代ビジネス」に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9056/ い』のウラで、米軍はF15の大量購入を決めた」のタイトルで半田滋非常勤講師の論
説が掲載されました。半田非常勤講師は、日本政府はトランプ米大統領の勧めでで
F35戦闘機の追加購入を決めたが、米政府は別の戦闘機の購入を決めた、日本は騙さ
れているのではないか、と論じました。 ]]>
2019-06-10T16:40:00+09:00
山岳部 第6回日本学生スポーツクライミング対校選手権大会 第3位 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9052/
学友会総務部長室事務課
048-946-2057

]]>
2019-06-10T09:50:00+09:00
硬式野球部 3名がベストナインを受賞 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9050/
・首都大学連盟 2019春季リーグ戦 ベストナイン賞

投手   雪野敏和さん(経営4)  初
 
外野手  並木秀尊さん(経済3)  初

外野手  前島健志郎さん(法律3) 初

雪野敏和さんのコメント
春季リーグ戦応援して下さった皆さん本当にありがとうこざいます。ベストナインは個人として目標であった為、受賞でき大変嬉しく思います。しかし優勝には後一歩届きませんでした。秋、必ず一部昇格し、後輩達を一部の舞台に立たせてあげられるようエースとして自覚を持ち、精進して参りますので、今後も応援宜しくお願い致します。

並木秀尊さんのコメント
今回はベストナインに選出させていただき、嬉しく思います。しかし、今回のリーグ戦で私自身の未熟さや勝負弱さを痛感しました。これから、秋に向け、チームを勝利に導ける選手になるためにやっていきます。今後も宜しくお願い致します。

前島健志郎さんのコメント
ベストナインは初めての受賞なので素直にとても嬉しいです。しかし、チームとしては春季リーグ戦2位という結果となってしまいました。来季は、今季以上の結果を残し、一部昇格に貢献したいです。



学友会総務部長室事務課
048-946-2057

]]>
2019-06-08T11:20:00+09:00
英語学科 国際ツーリズム講演会 ANA(全日空)パイロットによる ライブトークを開催します http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail/id/9000/publish/1/ http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail/id/9000/publish/1/ 2019-06-07T16:50:00+09:00 国際教養学部和田ゼミが「災害対応トレーニングキャンプ」を実施 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9013/  このキャンプの目的は、災害時に対応できるような知識・技術の蓄積、人間関係の形成、アウトドアに関する知識・技術を身につけることです。当日はオープンカレッジでのロープワークの実技の補助、仮設トイレの設置・使用、炊事の際に節水するためのスリーバケツシステムの利用、ブルーシートを使用したシェルター、食卓テントの設営を行いました。なお、食卓テントはオープンカレッジ「災害時に役立つアウトドアテクニック」の受講者と設営しました。さらに、レクリエーションとして、キャンパス内全域を使った宝探しと、大学外でのチーム戦の謎解きゲームを実施し、キャンプ参加者が親交を深めました。

和田ゼミ生の中戸日菜子さん(言2年)のコメント:
 参加者同士が同じ時間を過ごすことで、互いがどんな人なのかを理解することができたのは、キャンプ生活の利点であると思いました。今回のキャンプを通して得た知識を活かし、災害時には私達がリーダーとなり、周りに対して手本になるよう行動したいと思います。

(写真上)仮設トイレの設営
(写真下)キャンプ2日目の朝食

]]>
2019-06-07T12:20:00+09:00
熱中症予防講習会を開催しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9041/ この講習会は、学友会団体(クラブ・サークル)の代表者を対象に、熱中症に関する正しい知識を身に付け、重大な事故を防ぐために毎年実施しているもので、2日間合わせて82団体の参加がありました。

 講習会では、和田智教授(国際教養学部)が講師となり、熱中症に関する正しい知識、熱中症を防ぐ方法や、本学にある熱中症予防のための設備についての説明など、約1時間にわたって行いました。
また、水で濡らした皮膚に送風機の風を当てて体温を下げる方法を、実際に行い、サーモグラフィを用いた体表温度変化について紹介しました。

 6月に入り、気温が上昇しています。室外の活動だけではなく、室内の活動でも熱中症にかかる可能性はあり、文化系団体も注意が必要です。今回の講習会の内容を踏まえて、各団体でしっかりと熱中症予防のための対策を取ってください。

学友会総務部長室事務課
048-946-2057

]]>
2019-06-04T14:10:00+09:00
自然観察会を行いました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9040/  この観察会は、幼稚園からの依頼を受け、子どもたちに自然や科学に興味を持ってもらうことを目的に実施しています。
 園児たちは、学内を流れる小川で見つけたヤゴやタニシを興味深そうに眺めながら、コーディネーターを務めた大竹伸郎経済学部准教授(環境共生研究所主任研究員)の説明に熱心に耳を傾けていました。当日は、「いた!」「先生見てー!」といった園児たちの元気の良い声が芝生広場に響いていました。

]]>
2019-06-04T11:50:00+09:00
広報誌『獨協大学ニュース』6月号(Vol.460)を発行しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9032/ 学内各棟の配架台で配布しています。
誌面は、以下の[関連リンク]からもご覧いただけます。ぜひご一読ください。

総合企画課

]]>
2019-06-03T09:10:00+09:00
【予告】2021(令和3)年度獨協大学入学者選抜の変更点について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8419/ なお、今回公表する内容は現時点のものであり、その他の詳細内容や変更等については、決定次第、本学ホームページ等で公表する予定です。

2019年6月1日 獨協大学入試課 ]]>
2019-06-01T09:00:00+09:00
英語学科 「国際ツーリズム・キャリア講演会」 <エアライン特集> http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail/id/8976/publish/1/ http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail/id/8976/publish/1/ 2019-05-31T17:00:00+09:00 防災備蓄品配布訓練を行いました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9030/  本学では毎年1回、大規模地震を想定した防災基本訓練(避難・救護・消火訓練等)を実施しています。今年は10月16日(水)に行う予定です。

]]>
2019-05-31T15:30:00+09:00
「中国ふれあいの場大学生交流事業」 派遣学生帰国報告会開催 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/9025/  この事業は、現地の大学生とともにイベント実施を通して、日本と中国の次代を担う若い世代の交流促進を目的としており、本学学生らの企画の採用は2017年度に続き2年連続となります。
 報告した伊藤有依子さん(環3年)、高見堂亜美さん(交4年)は、他大学の学生3名と「かんなぎガールズ」というチームを結成し、2019年3月に中国・西安市で日本の偉人7名をテーマにした日本文化発信イベントや、大和ことばに関する参加型授業を行いました。
 チームリーダーを務めた伊藤さんは「これまで生きてきた中でリーダー経験がなく、様々な苦労に悩んだが、周りの方に支えてもらいイベントをやり遂げることができてうれしく思う。今回、多くの方からの厚意を受けたことで、自身の能力や経験などを自分のためだけでなく、人のために使いたいと思うようになった。また、中国の文化に触れたことで、この国のことをもっと知りたいと思い、帰国後、中国語の授業を選択し、勉強し始めた」と時に身振り手振りを交えながら、感想を語ってくれました。
 今回の報告会には、前回派遣されたチームの学生やこれからの参加を検討している学生が多数集まり、2人の話を熱心に聞いていました。

]]>
2019-05-30T16:50:00+09:00