獨協大学 ニュース http://www.dokkyo.ac.jp 獨協大学 ニュース ja 獨協大学 獨協大学 獨協大学 ニュース 【在学生対象】TOEIC(R)LISTENING AND READING TEST 対策講座について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8198/
学習法を学び、実践し、目標のスコアに向かって学習する中で、
英語の力、英語を学習する力をつけていきます。
基礎コースでは500点突破を、中級コースでは700点突破を目指します。
コースごとの教材を使用した日本人講師による指導は、これまでの本学受講生から分かりやすいと好評です。

新学期の新たな学生生活を始めた中で、さらに自分で英語の力をつけようと考えている方、一段階自分の英語力をアップさせたい方は、奮って参加ください。

講座料:12,400円(教材費込み)90分×11コマ
申込: 4月6日(金)〜4月27日(金) 
    天野貞祐記念館 3階ICZに納付書を提出

日程等コースごとの詳細はこのページからのリンクでご確認ください。

]]>
2018-04-24T10:00:00+09:00
【メディア掲載】経済学科 倉橋透教授のコメントが東京新聞に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8197/
]]>
2018-04-23T17:30:00+09:00
【学生向け】「毎日レッスン! 実践英会話」申込期間延長 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8193/  希望の学生は、エクステンションセンター(中央棟1階)にて申し込みを行ってください。
 4月23日現在、10名まで受け付けられます。

 (講座内容)
 https://www.dokkyo.ac.jp/opencollege/oc05_01_j.html

                         2018年4月23日
                         エクステンションセンター

]]>
2018-04-23T10:40:00+09:00
健康診断証明書について http://www.dokkyo.ac.jp/hoken/hoken03_02_j.html http://www.dokkyo.ac.jp/hoken/hoken03_02_j.html 2018-04-23T09:50:00+09:00 【保健センター】5月31日(木)の内科相談日の追加について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8190/
5月の内科相談日で、5月31日(水)が追加となりました。

受付時間:10時20分から11時30分
       12時35分〜15時

時間を確認の上、おいで下さい。 ]]>
2018-04-19T11:00:00+09:00
言語文化学科 半田滋非常勤講師の論説が「現代ビジネス」に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8187/ 2018-04-18T15:30:00+09:00 ゲーテインスティトゥート ドイツ語講座のご案内(受付締切5月17日) http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8169/ 本学学生は大学の補助により割引受講料が適用されます。

申込受付中のコースは下記の通りです。【締切:5月17日(木)】

・Goethe-Zertifikat A2準備コース
・Goethe-Zertifikat B1準備コース
・Goethe-Zertifikat B2準備コース

講座日程:6月6日(水)〜6月27日(水) 全4回
申込  :天野貞祐記念館3階ICZにて受付
    (獨協大生以外の方はHPをご覧ください)
]]>
2018-04-18T11:00:00+09:00
学生サポートスタッフの登録について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8182/
積極的に国際交流活動に貢献したいという方、留学生と友達になりたいという方だけでなく、とりあえず自分に何ができるか考えながら…という方も、ぜひ登録してください。

国際交流イベントの企画・運営や、外国人留学生のサポートといった活動に、学生ならではのアイデアやフットワークを発揮してくれることを期待しています。

なお、説明会は明日18日も行います。
興味のある方は、ぜひ気軽にお越しください。


<第2回募集説明会>

日時: 4月18日(水)  12:20〜13:10
場所: A-306教室 ]]>
2018-04-17T12:00:00+09:00
保健師の募集について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8181/ 埼玉県草加市学園町1-1(東武伊勢崎線獨協大学前駅徒歩5分)

2.募集人数 1名

3.応募資格 保健師の免許を有し、看護師としての実務経験のある方
※実務経験:企業や学校の医務室等の勤務を含む。

4.職務内容 
(1)本学学生・教職員の体調不良・健康に関する相談、学校医による診察時の補助
(2)本学学生・教職員の健康管理、記録・資料作成
(3)その他、保健センターの事務に関すること

5.勤務日及び勤務時間
    週6日 月〜土
月〜金曜日 09:00 〜18:30の中で実働7時間(昼休み1時間)
土曜日   09:00 〜13:00(業務に支障がなければ12時まで)
※状況により、超過勤務になる場合がある。
※大学の夏期休業期間中の平日は、専任職員に準じ9時から15時又は16時までとする予定であるが、変更になることがある。

6.休日及び休暇等
(1)休日
日曜、祝日及び本学が定めた休日に出勤日の振替休日指定日
夏休み一斉休暇(約1週間)、年末年始(12月25日〜1月7日)
(2)有給休暇 1年目は12日、2年目から20日
(3)土曜休暇 12月と1月は1回、その他の月は2回

7.勤務期間 
2018年5月1日から2019年3月31日まで(試用期間3か月)
※状況により次年度、継続の場合もある。

8.処遇等
(1)給与  月額30万円
(2)諸手当 超過勤務手当、休日出勤手当

9.福利厚生
専任職員に準じ、社会保険は私学共済に加入

10.応募書類 履歴書、看護師・保健師の免許証(写し)
応募書類郵送先:340-0042 埼玉県草加市学園町1-1
獨協大学保健センター
*応募書類は返却いたしません
*連絡可能なメールアドレス、電話番号を記入のこと。

11.選考方法(1次選考)書類審査 
(2次選考)面接 (書類審査通過者が対象)
※ 1次選考の結果は電子メールにて連絡いたします。

12. 2次選考日 詳細は1次選考結果と合わせて連絡いたします。
以上

募集に関する問合せ先
獨協大学保健センター(担当:田村)
tamura_masaaki@stf.dokkyo.ac.jp
048−946−2008
]]>
2018-04-17T11:10:00+09:00
英語学科 竹田いさみ教授 新潮社『フォーサイト』に 国際コラムを寄稿しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8180/
この国際コラムは、英国秘密工作員「ジェームズ・ボンド」が活躍するスパイ映画「007」シリーズを題材に、「『007』を旅して」というタイトルで、掲載されています。 ]]>
2018-04-17T10:50:00+09:00
留学生・外国人学生との交流会 "International Spring Party"を開催しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8179/  パーティーは書道研究会による書道パフォーマンスで開幕。ステージ上の大きなボードを使った力強いパフォーマンスの迫力と勢いに、参加者全員が引き込まれました。
 その後は、「仲間探しゲーム」や「ボキャブラ・リレーゲーム」が行われ、初めのうちはお互いに話しづらそうにしていた参加者の間に自然と会話が生まれ、多くの学生が留学生や外国人学生と交流を深めました。
 また、会場内に設けられた書道体験ブースでは、留学生が書道を初体験しました。提出作品によるコンテストで、カリフォルニア州立大学モントレー・ベイ校からの留学生タイラス・トレスさんがユニーク賞、ベルリン自由大学から来ているセリーナ・パウェジックさんがスプリングパーティー賞を受賞しました。

]]>
2018-04-16T15:50:00+09:00
オープンキャンパス学生スタッフを募集します http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/6497/
説明会 4月18日(水)・19日(木)・20日(金)12:30〜13:00
場  所 東棟2階 E-202(昼食持込可)
応募条件 
   上記いずれかの説明会に必ず参加すること。
  参加できない場合は事前に入試課広報係(048-946-1900)までご連絡もしくはDAO(Dokkyo Admissions Office)にお越しください。

【業務内容】
1、 オープンキャンパススタッフ
キャンパスツアー、個別相談、在学生によるトークライブ、受付、誘導、設営、企画立案など

オープンキャンパス開催日程
 6月17日(日)、8月4日(土)・5日(日)・25日(土)・26日(日)、10月14日(日)
※各開催日前日が設営日になります。

2、DAO(Dokkyo Admissions Office)スタッフ
大学見学に訪れた高校生等に対し、大学生活や受験体験などを話します。また希望者に対して施設見学(キャンパスツアー)を行います。

3、LINE等の企画・取材・発信
高校生向けのLINEや受験サイト等で学生生活のこと、大学イベントや入試などの情報配信を行います。

4、その他
受験生向け広報冊子の取材協力、入試実施に際しての設営や試験監督補助、学外進学相談会における個別相談などを上記1〜3で活躍する学生スタッフにお願いすることがあります。 ]]>
2018-04-14T09:00:00+09:00
【在学生対象】チャットルーム(独・仏・西・中・韓/5言語無料会話レッスン)のご案内 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8175/ ドイツ語 4/20〜7/6 金曜5時限(1週間前より申込受付)
英  語 4/16〜7/6 月曜〜金曜5時限(当日の9:00より受付)
仏  語 4/27〜7/6 金曜5時限(1週間前より申込受付)
西  語 4/25〜7/6 水曜4時限(1週間前より申込受付)
中国語 4/13〜6/29 火曜・金曜昼休み(1週間前より申込受付)
韓国語  4/20〜7/6 金曜5時限(1週間前より申込受付)

すべてのチャットルームは天野貞祐記念館3、4階ICZ内で実施します。
教育研究支援課外国語教育支援係(天野貞祐記念館3階ICZ)



 
]]>
2018-04-13T17:40:00+09:00
ドイツ語学科専任教員(専任講師、准教授または教授)の公募について / Oeffentliche Ausschreibung einer unbefristeten Stelle http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8172/

【職位】
専任講師、准教授または教授

【募集人数】
1名

【研究分野】
ドイツ語圏の人文・社会科学系の諸分野、比較研究

【職務内容】
 本学ドイツ語学科の専任教員は、ドイツ語圏の言語、文化、歴史、社会に関し、多角的な視点から研究・教育を行っています。
 職務としては、各自の研究とならび、専門分野に関する講義・演習科目のほか、第1あるいは第2外国語としてのドイツ語科目も含め、週5コマ以上の授業を担当していただきます。また、提携しているドイツ語圏の大学(デュースブルク=エッセン大学、ハイデルベルク大学、ハレ=ヴィッテンベルク大学、ヒルデスハイム大学、ブレーメン専門単科大学、ベルリン自由大学、マールブルク大学、ミュンスター大学、レーゲンスブルク大学、バーゼル大学)との国際共同研究・交換教授プログラムへの参加や、大学・学部・学科が主催する各種行事の企画・運営への協力も求められます。

【着任予定日】
2019年4月1日

【応募資格】
・博士の学位を有する方、あるいはそれと同等の研究歴を有する方
・母語がドイツ語か、あるいは母語レベルのドイツ語力を有する方
・国籍は問わないが日本語の能力があり、日本人教員と同等の責務を果たしうる方

【応募手続き】
<提出書類>
1. カバーレター(e-mailアドレス、電話番号を記載)
2. 履歴書
*写真貼付
*本学指定の様式にご記入ください。http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/からダウンロードできます。
3. 研究業績書 
*本学指定の様式にご記入ください。http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/からダウンロードできます。
4. 主要業績3点(抜き刷り・コピー可。著書の場合は、原本1部)
5. 主要業績の要旨(それぞれの業績について、800字程度の日本語で記すこと。用紙はA4版)
6. 「ドイツ語教育への抱負」を、2000字程度にまとめたもの(日本語で記すこと。用紙はA4版)
7. 学位記のコピーまたは証明書
8. 日本語能力を証明するもの

<提出期限>
2018年 5月29日(火) 必着

<宛先>
〒340-0042 草加市学園町1-1 獨協大学外国語学部ドイツ語学科 学科長 工藤達也
*封筒に「ドイツ語学科専任教員応募書類」と朱書してください。応募書類は原則として返却いたしませんが、返却ご希望の方は、切手を貼った返信用封筒を同封してください。

【選考方法】
1) 第1次審査: 書類選考
2) 第2次審査: 日本語およびドイツ語による面接 2018年7月14日(土)を予定。
*なお、面接に際しての旅費・滞在費は応募者の負担とします。また、審査の過程で追加書類の提出を求めることがあります。

【選考結果の通知】
選考手続き終了次第、ご本人に通知します。なお、応募者のプライバシーは厳守し、提出された書類は選考以外の目的には使用しません。

【問い合わせ先】
外国語学部ドイツ語学科長
工藤達也(ドイツ語学科教授) e-mail: tkudo(a)dokkyo.ac.jp  (a)部分はアットマークに変更してください。

【備考】
本学ホームページの「教職員採用情報」もご覧ください。
http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/



Oeffentliche Ausschreibung einer unbefristeten Stelle


An der Abteilung fuer Deutsche Sprache und Kultur der Fakultaet fuer Fremdsprachen an der Dokkyo Universitaet ist zum 1. April 2019 eine unbefristete Stelle eines/einer

専任講師, 准教授oder 教授
zu besetzen.

Der Bewerber/Die Bewerberin sollte im Bereich Geisteswissenschaften, Kulturwissenschaften oder Sozialwissenschaften zu den deutschsprachigen Laendern, gerne auch vergleichend, forschen.

Der zukuenftige Stelleninhaber/die Stelleninhaberin soll an der Deutschen Abteilung Sprache, Literatur, Kultur oder Geschichte und Gesellschaft der deutschsprachigen Laender mit interdisziplinaerer Ausrichtung unterrichten. Die Dienstpflichten umfassen neben der Forschungstaetigkeit u. a. mindestens 5 Lehrveranstaltungen pro Semester wie Vorlesungen, Seminare, Sprachunterricht Deutsch als erste und zweite Fremdsprache sowie die Teilnahme an internationalen Forschungsprojekten und am akademischen Austausch mit den Partneruniversitaeten in den deutschsprachigen Laendern(Universitaet Duisburg-Essen, Universitaet Muenster, Universitaet Marburg, Fachhochschule Bremen, Universitaet Halle-Wittenberg, Universitaet Heidelberg, Universitaet Basel, FU Berlin, Universitaet Hildesheim, Universitaet Regensburg). Weiterhin wird die Mitwirkung an Verwaltungsaufgaben auf der Ebene der Universitaet, der Fakultaet und der Abteilung fuer Deutsche Sprache und Kultur erwartet.


Qualifikation:
Promotion in einem der oben genannten Fachgebiete oder vergleichbare akademische Leistungen.
Um eine reibungslose Zusammenarbeit bei der Lehre und den anderen Dienstpflichten zu gewaehrleisten, werden Deutschkenntnisse auf muttersprachlichem Niveau und gute Japanischkenntnisse vorausgesetzt.
Lehrerfahrung ist erwuenscht, bitte konkrete Angaben dazu im Lebenslauf.

Bewerbungsunterlagen:
1. Anschreiben (mit E-Mail Adresse und Telefonnummer)
2. Lebenslauf mit Foto (Formblatt der Universitaet, abrufbar unter http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/ )
3. Auflistung der Veroeffentlichungen und anderer akademischer Leistungen (Formblatt der Universitaet, abrufbar unter http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/ )
4. Je ein Exemplar von insgesamt drei repraesentativen Veroeffentlichungen
5. Eine Zusammenfassung jeder der drei beigelegten Veroeffentlichungen im Umfang von je einer A4-Seite
6. Eine zwei A4-Seiten umfassende Darlegung Ihrer Konzeption fuer den universitaeren Deutschunterricht in Japan und deren japanische Zusammenfassung
7. Kopien der Zeugnisse und Urkunden
8. Nachweis der Japanischkenntnisse
Die Bewerbungen werden bis 29. 5. 2018 (Di.) (Zeitpunkt des Eintreffens an der Dokkyo Universitaet) an folgende Adresse erbeten:
340-0042 Soka-shi, Gakuen-cho 1-1,
Dokkyo Universitaet, Fakultaet fuer Fremdsprachen, Abteilung fuer Deutsche Sprache und Kultur,
Abteilungsleiter Univ.-Prof. Tatsuya Kudo.

Bitte schreiben Sie auf den Briefumschlag den Vermerk “Unterlagen zur Ausschreibung einer unbefristeten Stelle an der Abteilung fuer Deutsche Sprache und Kultur”. Eingesandte Bewerbungsunterlagen werden nicht zurueckgesandt. Falls Sie Ihre Unterlagen zurueck haben moechten, legen Sie bitte einen adressierten und frankierten Umschlag bei.


Auswahlverfahren:
1. Sichtung aller Bewerbungsunterlagen und Auswahl der Kandidaten
2. Bewerbungsgespraech mit ausgewaehlten Kandidaten
(Bewerbungsgespraeche sind fuer den 14. 7. 2018 (Sa.) vorgesehen.)
Anreisekosten zum Bewerbungsgespraech und eventuelle Aufenthaltskosten tragen die Bewerber. Fuer das Bewerbungsgespraech koennen von Seite der Universitaet weitere Unterlagen angefordert werden.

Benachrichtigung ueber das Ergebnis der Bewerbung:
Die Bewerber/Bewerberinnen werden nach Beendigung des Auswahlverfahrens umgehend benachrichtigt. Zur strikten Wahrung der Persoenlichkeitsrechte werden die Bewerbungsunterlagen nur fuer das Auswahlverfahren verwendet und danach vernichtet.

Weitere Auskuenfte:
Leiter der Abteilung fuer Deutsche Sprache und Kultur
Univ.-Prof. Tatsuya Kudo
E-Mail: tkudo(a)dokkyo.ac.jp  *(a)=@

Ausschreibungstext:
Die Stellenausschreibung ist unter den Personalnachrichten auf der Homepage der Dokkyo Universitaet veroeffentlicht: http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/

]]>
2018-04-13T11:40:00+09:00
ドイツ語学科専任教員(准教授または専任講師)の公募について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8171/

【職位】
准教授または専任講師 (常勤、任期なし)

【募集人数】
1名

【研究分野】
ドイツ語圏、あるいはドイツ語圏とEUの関係を主要対象とする社会科学(政治学、社会学、地理学、国際関係論など)、またはその関連分野

【担当科目】
講義科目「ドイツ語圏とEU」「ドイツ語圏現代社会概論」、ドイツ語科目「基礎ドイツ語」「総合ドイツ語」など

【職務内容】
 本学ドイツ語学科の専任教員は、ドイツ語圏の言語、文化、歴史、社会に関し、多角的な視点から研究・教育を行っています。
 職務としては、各自の研究とならび、専門分野に関する講義・演習科目のほか、第1あるいは第2外国語としてのドイツ語科目も含め、週5コマ以上の授業を担当していただきます。また、提携しているドイツ語圏の大学(デュースブルク=エッセン大学、ハイデルベルク大学、ハレ=ヴィッテンベルク大学、ヒルデスハイム大学、ブレーメン専門単科大学、ベルリン自由大学、マールブルク大学、ミュンスター大学、レーゲンスブルク大学、バーゼル大学)との国際共同研究・交換教授プログラムへの参加や、大学・学部・学科が主催する各種行事の企画・運営への協力も求められます。

【着任予定日】
2019年4月1日

【応募資格】
・博士の学位を有する方、あるいはそれと同等の研究歴を有する方
・国籍は問わないが、日本語で支障なく教育その他の職務を遂行できる方
・大学における教育歴があることが望ましい。

【応募手続き】
<提出書類>
1. カバーレター(e-mailアドレス、電話番号を記載)
2. 履歴書
*写真貼付。期間の長短にかかわらず、ドイツ語圏滞在歴を明記してください。
*教員免許をお持ちの方は、その旨お書き添えください。語学検定の資格をお持ちの場合も、明記してください。
*本学指定の様式にご記入ください。http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/からダウンロードできます。
3. 研究業績書 
*本学指定の様式にご記入ください。http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/からダウンロードできます。
4. 主要業績3点(抜き刷り・コピー可。著書の場合は、原本1部)
5. 主要業績の要旨(それぞれの業績について、800字程度の日本語で記すこと。用紙はA4版)
6. 「ドイツ語教育への抱負」を、2000字程度にまとめたもの(日本語で記すこと。用紙はA4版)
7. 学位記のコピーまたは証明書

<提出期限>
2018年5月29日(火)必着

<宛先>
〒340-0042 草加市学園町1-1 獨協大学外国語学部ドイツ語学科 学科長 工藤 達也
*封筒に「ドイツ語学科専任教員応募書類」と朱書してください。応募書類は原則として返却いたしませんが、返却ご希望の方は、切手を貼った返信用封筒を同封してください。

【選考方法】
1) 第1次審査: 書類選考
2) 第2次審査: 日本語およびドイツ語による面接 [2018年7月14日(土)を予定]。
*なお、面接に際しての旅費・滞在費は応募者の負担とします。また、審査の過程で追加書類の提出を求めることがあります。

【選考結果の通知】
選考手続き終了次第、ご本人に通知します。なお、応募者のプライバシーは厳守し、提出された書類は選考以外の目的には使用しません。

【問い合わせ先】
外国語学部ドイツ語学科長 工藤 達也 (ドイツ語学科教授)
e-mail: tkudo(a)dokkyo.ac.jp  (a)部分はアットマークに変更してください。

【備考】
本学ホームページの「教職員採用情報」もご覧ください。
http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/
]]>
2018-04-13T11:40:00+09:00
今年度の定期健康診断を受けられなかった学生へ http://www.dokkyo.ac.jp/hoken/hoken03_01_j.html http://www.dokkyo.ac.jp/hoken/hoken03_01_j.html 2018-04-12T19:40:00+09:00 国際交流サポート・スタッフを募集します(国際交流センター) http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8155/
国際交流センターでは、これらのイベントを自ら企画・運営する学生スタッフを募集しています。

興味のある方は、いずれかの募集説明会に参加してください。

【サポート・スタッフ集説明会】
4月17日(火) 12:20〜13:10
4月18日(水) 12:20〜13:10

※両日とも場所はA-306教室

主な実施イベント:
International Spring Party (4月)
国際村一番地 (6月)
Campus Outing(バスハイク) (10月)
日本文化体験ツアー (12月)
留学生Farewell Party (7月、1月)

積極的な参加をお待ちしています。

]]>
2018-04-12T18:50:00+09:00
外国語学部交流文化学科専任教員の募集について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8170/

1.職位
   専任講師、准教授または教授 (常勤、任期なし)

2.募集人員
   1名

3.着任予定日
   2019(平成31)年4月1日

4.募集要件
(1)本学科の英語教育に情熱を持って取り組んで頂ける方。ひろく英語教育に関する教育歴があることが望ましい。
(2)本学科の専門科目(英語圏の文化、文学、歴史、社会など)を担当できる研究領域を有する方。
(3)博士またはPh.D.の学位を有するか、あるいは取得見込みの方(ただし、後者の場合は、着任予定日までに博士または
   Ph.D.学位を取得のこと)、もしくは博士の学位と同等の研究業績を有する方。
(4)外国籍を有する場合には、日本語の能力があり、日本人教員と同等の責務を果たしうる方。

5.職務内容および担当予定科目
  少なくとも以下の3点が職務となります。
(1)本学科の英語教育プログラムにおける「Reading Strategies」、「E-learning」などの英語の学科基礎・共通科目、
   「基礎演習」、「英語専門講読」、「演習」、「トランスナショナル文化特殊講義」などの学科専門科目を担当する
   こと。最低週5コマの授業科目担当が条件です。なお、本学HPに学科のカリキュラム、シラバスが掲載されています。
(2)本学科の英語教育プログラム、免許課程プログラムの企画と運営。
(3)そのほか、学生に対する幅広い教育指導をはじめ、大学・学部・学科が主催する各種行事の企画・運営に協力し、
   各種委員会等の校務を分掌すること。

6.待遇
  獨協大学就業規則及びその他の諸規程による
(1)勤務時間 専門業務型裁量労働制の適用(1日のみなし労働時間は7時間とする)
(2)社会保険 日本私立学校振興・共済事業団
(3)雇用保険 適用あり

7.提出書類
(1)カバーレター(e-mailアドレス、電話番号を記載)
(2)履歴書(書式自由)
(3)最終学歴の教育機関の修了証明書(学位記のコピー、もしくはそれに準ずるもの)
(4)研究業績一覧表(フォームを本学HPからダウンロードして記入のこと。査読付き論文の場合には、そのことを明記する
   こと)
(5)主要研究業績3点(抜き刷り・コピー可、著書の場合は原本1部、それぞれに日本語800字程度の要約をつけること
   )。なお、英語教育に関する業績がある場合は、上記3点に含めるか、もしくは上記3点に追加する形で提出して下さ
   い。ただし追加できる業績は3点以内とします。
(6)本学科の理念と特徴を踏まえ、(1)本学科の英語教育に関する抱負、(2)開講を希望する演習の内容を、それぞれA4版
   1枚以内にまとめてご提出下さい。

 *研究業績一覧表は、以下のURLからダウンロードできる「応募用履歴書」の1枚目と2枚目を削除し、3枚目以降をご利用
  下さい。 http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/

8.選考方法
(1)第1次審査  書類選考
(2)第2次選考  (1)英語基礎科目、(2)専門科目に関する模擬授業、および日本語・英語による面接

 *面接に際しての旅費・滞在費は応募者の負担になります。なお、審査の過程で追加書類の提出を求めることがあります。
 *第一次審査の結果は、7月末を目処にご本人に通知いたします。なお、応募者のプライバシーは厳守し、提出された書類は
  選考以外の目的には使用いたしません。

9.提出期限  2018(平成30)年6月15日(金)必着

10.宛先
   〒340-0042 埼玉県草加市学園町1-1 獨協大学外国語学部 交流文化学科共同研究室

   *封筒に「交流文化学科専任教員応募書類(英語)」と朱書。応募書類は原則として返却いたしませんが、返却を希望の
    方は、切手を貼った返信用封筒を同封して下さい。

11.問い合わせ先
  外国語学部交流文化学科長 永野隆行 e-mail: tnagano●dokkyo.ac.jp
              (●を@に置き換えて下さい。電話での問い合わせにはお答えできません。)

12.その他
  本学科は、男女共同参画社会基本法をはじめとする法令を遵守する採用人事を行います。
]]>
2018-04-12T13:50:00+09:00
フランス語学科専任教員(准教授または専任講師)の公募について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8167/

1.採用人事:1名

2.任用職名:准教授または専任講師

3.待遇
  (1)給与:本学の給与規程による
  (2)通勤費:本学規定により実費支給(上限あり)
  (3)定年:70歳
  (4)その他:社会保険(日本私立学校振興・共済事業団)、労災保険、雇用保険に加入

4.担当科目:基礎フランス語、専門科目(「フランス語圏の文学」)など

5.応募資格
  専門分野:現代フランス語圏文学
  学歴等 :以下の条件をすべて満たすこと
  (1)フランス語圏の大学でMASTER2またはDEA相当以上の学位、あるいは日本の大学で博士の学位を取得していること
  (2)着任時(2019年4月1日)、日本の大学卒業後5年以上、あるいはフランス語圏の大学でLicence修了後5年以上を
   経過していること
  (3)大学教員としての能力を裏付ける研究業績を有すること
  (4)フランス語圏の大学に1年以上の正規留学経験があることが望ましい
  (5)日本語を母語としない場合は日本人教員と同等の責務を果たすのに十分な日本語運用能力を有すること

6.着任予定日:2019年4月1日

7.提出書類
  (1)履歴書・研究業績書(フォームを本学HPからダウンロードして記入、写真添付、電話番号欄にメールアドレスも
   記入。http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/)
  (2)学位の証明書のコピー
  (3)研究業績(主要なもの3点、コピー可。著書・論文にはそれぞれ、学問的意義のわかるような
   1000字程度の日本語の要約をつけること)
  (4)「これまでの研究テーマ、今後の研究計画」について、A4用紙1枚程度のフランス語の作文
  (5)自分の専門を踏まえて、フランス語学科3・4年の講義科目「フランス語圏の文学」の概要について、
   A4用紙1枚程度の日本語の作文

8.応募締切:2018年6月15日(金)必着

9.送付先
  〒340-0042 草加市学園町1-1  
  獨協大学外国語学部 フランス語学科共同研究室
  封筒に「フランス語学科教員応募書類(文学)」と朱筆し、必ず簡易書留か宅配便で送付のこと。なお、応募書類は
  原則として返却いたしませんが、返却を希望の場合は宅配便の記入済みの着払いの伝票を同封のこと。

10.選考方法
  7月から9月にかけて下記の要領で選考を行ないます。
  (1)第一次選考(書類審査)― 結果をお知らせします。
  (2)第二次選考(フランス語および日本語の面接、模擬授業)9月中〜下旬
   時間・場所等は追ってお知らせします。面接に際して旅費・滞在費は応募者の負担になります。

11.その他
  お問い合わせはフランス語学科長 筒井伸保宛メール(ntutui●dokkyo.ac.jp)に限らせていただきます。
  (●を@に置き換えてください)

  本学HP(http://www.dokkyo.ac.jp)の「獨協大学教職員採用情報」もご覧ください。
  ※採用募集に際してご提出いただく履歴書に記入の個人情報に関する内容については、
   採用人事業務に関する目的の個人データとして使用し、外部に提供することは一切ありません。
]]>
2018-04-12T11:30:00+09:00
フランス語学科専任教員(教授または准教授または専任講師)の公募について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8166/

1.採用人事:1名

2.任用職名:教授または准教授または専任講師

3.待遇
  (1)給与:本学の給与規程による
  (2)通勤費:本学規定により実費支給(上限あり)
  (3)定年:70歳
  (4)その他:社会保険(日本私立学校振興・共済事業団)、労災保険、雇用保険に加入

4.担当科目:基礎フランス語、専門科目(「フランス語コミュニケーション各論」)など

5.応募資格
  専門分野:言語学またはフランス語教育またはフランコフォニー研究
  学歴等 :以下の条件をすべて満たすこと
  (1)フランス語圏の大学でMASTER2またはDEA相当以上の学位、あるいは日本の大学で博士の学位を取得していること
  (2)着任時(2019年4月1日)、日本の大学卒業後5年以上、あるいはフランス語圏の大学でLicence修了後5年以上を
   経過していること
  (3)大学教員としての能力を裏付ける研究業績を有すること
  (4)フランス語圏の大学に1年以上の正規留学経験があることが望ましい
  (5)日本語を母語としない場合は日本人教員と同等の責務を果たすのに十分な日本語運用能力を有すること

6.着任予定日:2019年4月1日

7.提出書類
  (1)履歴書・研究業績書(フォームを本学HPからダウンロードして記入、写真添付、電話番号欄にメールアドレスも
   記入。http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/)
  (2)学位の証明書のコピー
  (3)研究業績(主要なもの3点、コピー可。著書・論文にはそれぞれ、学問的意義のわかるような
   1000字程度の日本語の要約をつけること)
  (4)「これまでの研究テーマ、今後の研究計画」について、A4用紙1枚程度のフランス語の作文
  (5)自分の専門を踏まえて、フランス語学科3・4年の講義科目「フランス語コミュニケーション各論」の概要について、
   A4用紙1枚程度の日本語の作文

8.応募締切:2018年6月15日(金)までに必着

9.送付先
  〒340-0042 草加市学園町1−1
  獨協大学外国語学部 フランス語学科共同研究室
  封筒に「フランス語学科教員応募書類(言語)」と朱筆し、必ず簡易書留か宅配便で送付のこと。なお、応募書類は
  原則として返却いたしませんが、返却を希望の場合は宅配便の記入済みの着払いの伝票を同封のこと。

10.選考方法:7月から9月にかけて下記の要領で選考を行ないます。
  (1)第一次選考(書類審査)― 結果をお知らせします。
  (2)第二次選考(フランス語および日本語の面接、模擬授業)9月中〜下旬
   時間・場所等は追ってお知らせします。面接に際して旅費・滞在費は応募者の負担になります。

11.その他
  お問い合わせはフランス語学科長 筒井伸保宛メール(ntutui●dokkyo.ac.jp)に限らせていただきます。
  (●を@に置き換えてください)

  本学HP(http://www.dokkyo.ac.jp)の「獨協大学教職員採用情報」もご覧ください。
  ※採用募集に際してご提出いただく履歴書に記入の個人情報に関する内容については、
   採用人事業務に関する目的の個人データとして使用し、外部に提供することは一切ありません。
]]>
2018-04-12T11:20:00+09:00