獨協大学 ニュース http://www.dokkyo.ac.jp 獨協大学 ニュース ja 獨協大学 獨協大学 獨協大学 ニュース 2019年度からの授業時間割の変更について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8711/
学生のみなさんへ
                                                   獨協大学
                                                学長 犬井 正

 既にお知らせしている通り、2019年度より1時限あたりの授業時間を90分から100分に変更し、各学期14回の開講といたします。
 これまで年間行事予定を編成する際、大学設置基準に準拠した学修時間を確保するため、様々な調整を行いながら1学期15週の授業期間を確保してきました。しかしながら、祝日に授業を行うなどの変則的な対応を行っても、十分に授業日程を確保することが困難な状況が続いておりました。近年の法令改正により、授業期間の弾力的な運用ができるようになり、全学的に検討を行った結果、来年度より、変更することとしました。今回、授業時間が100分に延長されることは、単に時間が10分延びるだけでなく、「プラス10分」が新たな学びの形を展開していくと考えています。一方的な授業形式だけにとらわれず、アクティブラーニングの手法を始め、様々な工夫を取り入れた形の授業が可能となり、みなさんの学びに刺激を与えていくと考えています。
 今回の変更により、毎日の授業の終了時刻は繰り下がり、日々の学生生活に変化が生じるかもしれませんが、今後行わざるを得ないと考えられていた長期休業期間の短縮は回避されました。クラブ活動を始め、短期留学、インターンシップ等の主体的な活動に有意義に活用して頂きたく、期待をしています。なお、帰宅時間等を考慮し、4時限と5時限の授業間の休み時間は5分間短縮しました。
 本学は、「単位制度の実質化」に応える学修時間を確保し、多様な授業を施しながら教育の質保証に努めていきます。あわせて正課外の活動機会も確保し、「学問を通じての人間形成」という建学の理念をさらに追求し、充実した学生生活を過ごせるよう支援して参ります。みなさんの学修・学生生活への影響は少なくないと思いますが、変更の趣旨を理解頂き、次年度に向けた準備をして頂きたく、お願いします。より充実した学修環境を提供するべく、今後とも教職員が一丸となって改善に取り組んで行く所存です。

1.変更点
・1時限あたりの授業時間を10分延長し100分とする。
・授業回数を学期14回とする。(科目により異なる場合がある)
・4時限と5時限の間の休み時間を10分に短縮する。

2.新しい授業時間割
1限: 9:00〜10:40
2限:10:55〜12:35
3限:13:35〜15:15
4限:15:30〜17:10
5限:17:20〜19:00

以 上 

]]>
2018-12-20T13:00:00+09:00
2019年度一般入試出願受付中 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/7794/ 出願方法:インターネット出願のみ
     出願には、”マイページ” の登録が必要となります。”マイページ” は事前に登録可能です。
試験日程:一般入試要項を参照。
試験科目:一般入試要項を参照。
     一般入試要項はPDFのみの公開です(冊子配付はありません)。

・志願状況について
本学の一般入試・センター利用入試志願状況は、本学ホームページ上で公開しています。

・問い合わせ等について
2019年1月26日(土)は入学試験準備のため、窓口を閉室いたします。
お問い合わせ等につきましては、2019年1月28日(月)9:00以降にお願いいたします。
よくある質問事項については、下記サイトを参照してください。

2018年12月 獨協大学入試課 ]]>
2019-01-25T10:20:00+09:00
英語学科 「国際ツーリズム見学会」を開催 横浜港にて 豪華客船「飛鳥II」に乗船見学 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8806/
日本郵船の豪華客船「飛鳥II」を、約30名の学生が訪問。海外ツアー直前のラグジュアリーな船内で、学生たちは目を輝かせ、将来のキャリア(就職先)候補としても、真剣に見学しておりました。

アジア・グランド・ツアーの航海に出航する直前で、船内は華やいだ雰囲気に包まれており、学生たちはクルーズ船での海外旅行をイメージすることができたと、感激しております。

こうした一つひとつの「アクティブ・ラーニング」を積み重ねることで、学生たちは高揚感に包まれ、将来に向けて新たな一歩を踏み出すことができます。

]]>
2019-02-15T10:00:00+09:00
平良好利特任助手のコメントが『沖縄タイムス』に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8802/ 2019-02-14T13:00:00+09:00 公認会計士合格体験報告会を開催しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8803/
 このたびの3名の合格を記念し、1月17日、東棟で経済学部主催の合格体験報告会が行われました。岩見さんが登壇し「最終試験合格まで頑張ることができたのは、勉強が面白かったからだと思う。努力し続けた結果、大きな困難を乗り越えることができた」と、それまでの試験勉強を振り返りました。報告会には学生のほか、教職員を含め約70人が集まりました。

 その後、会場を東棟5階ラウンジに移して懇談会が行われました。公認会計士養成講座の担当教員である内倉滋経営学科教授より、合格者のプロフィール紹介がありました。続いて教務課職員より、懇親会に参加した岩見さん、染谷さんに花束が贈られると、会場に集まった参加者から大きな拍手が沸き起こりました。

(写真上)染谷さん(左)と岩見さん(右)
(写真下)東棟5階ラウンジで記念撮影

]]>
2019-02-14T09:40:00+09:00
浦部浩之ゼミ 合同ゼミを開催 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8798/  浦部ゼミ代表の佐藤奈々子さん(言3年)は「自分の発表に対して質問が寄せられたり、他大学の先生からアドバイスをいただいたりすることで、いい刺激を受けた。発表したことを卒業研究にするので、今回の学びを糧にしてこれからも頑張りたい」とコメントしました。

]]>
2019-02-14T00:50:00+09:00
体育会リーダーズマンキャンプを実施しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8793/  体育会リーダーズマンキャンプは、新たに幹部となった部員に対して毎年2月に実施しているイベントで、各種事務手続きの情報共有、活動時のケガに対応する保険加入説明、利用施設などに対する意見の吸い上げなどを目的としています。
 このほかにも、体育会本部では団体間のコミュニケーションを円滑にすることなどを目的に、体育会団体新入部員を対象としたフレッシュマンキャンプ(スポーツ大会)や、体育会団体が積極的に参加する全学生対象の体育祭、体育総会などを実施しています。

学友会総務部長室

]]>
2019-02-06T15:20:00+09:00
半田滋非常勤講師の論説が「現代ビジネス」に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8792/ 2019-02-06T12:50:00+09:00 【保健センター】校医等相談日(2月・3月) http://www.dokkyo.ac.jp/news2019/0204.html http://www.dokkyo.ac.jp/news2019/0204.html 2019-02-05T13:40:00+09:00 テニスコートがリニューアル 人工芝を全面張り替えました  http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8783/
本学はオムニコート(砂入り人工芝)を導入しています。
授業のほか、硬式庭球部・軟式庭球部などの学友会活動の活動場所として利用しており、関東学生テニス連盟のリーグ戦の会場としても使用されます。
また、毎年3月に開催する獨協大学高校生親善大会(主催:体育会硬式庭球部)でも利用しています。

学友会総務部長室事務課
048-946-2057

]]>
2019-01-31T15:10:00+09:00
北野収交流文化学科教授の翻訳本が米国研究機関サイトで紹介されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8778/
 北野教授の恩師の1人でもあるコーネル大学開発社会学科の故ライソン教授は、同書の中で、アグリビジネスの過剰なグローバル化に警鐘を鳴らし、アメリカ、カナダの都市近郊で急速に展開してきたローカルな食の復権をめぐる動きを社会学的に分析しました。「食の文化論」の授業では、世界各地のこのような動向もとりあげます。
]]>
2019-01-30T11:50:00+09:00
経済学部高安健一ゼミ生の活動が消費者庁HPで紹介されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8764/  詳細は、以下の[関連リンク]よりご覧いただけます。

(写真:エコプロ2018に出展)

]]>
2019-01-29T17:00:00+09:00
春季休業期間の35周年記念館内店舗および同窓会事務室の営業について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8769/ 同窓会事務室の営業を下記のとおりといたします。

■ぶっくぎゃらりいDUO(丸善雄松堂株式会社) TEL 048-944-3475
2月1日(金)8:30〜14:00 ※獨協大学入試日
2月2日(土)8:30〜13:00 ※獨協大学入試日
2月4日(月)〜3月22日(金)9:30〜15:00
※土日祝は休業
3月25日(月)〜3月28日(木)9:30〜18:00
3月29日(金)9:00〜18:00
3月30日(土)9:00〜17:00
※卒業式 3月20日(水)9:00〜17:00

※ 教科書販売にともない、3月29日(金)以降の営業時間を変更します。
※ 当初3月31日(日)は営業を予定しておりましたが、休業となります。


■セブン-イレブン TEL 048-946-0037
月〜金 8:30〜16:30、土 8:30〜15:00
※入試日2月1日(金)、2月2日(土)、日祝は休業


■アパート紹介コーナー(有限会社アローエステート) TEL 048-942-8811
2月3日(日)〜3月26日(火)10:00〜16:00
※木曜日は休業
3月27日(水)以降は火曜日、金曜日のみ営業
10:00〜16:00


■旅 行 代 理 店(東武トップツアーズ株式会社) TEL 048-942-8752
月〜金 10:30〜16:30
※入試日2月1日(金)、土日祝は休業。
獨協大学前駅支店にて営業(国際学生証、ユースホステル会員証の
発行を除く)


■専門学校受付等(株式会社デュオ) TEL 048-941-0200
2月4日(月)〜3月22日(金)10:00〜15:00
3月25日(月)〜3月29日(金)10:00〜17:00
※入試日2月1日(金)、土日祝は休業


■同窓会事務室(35周年記念館1F) TEL 048-941-6855
9:00〜17:00
※入試日2月1日(金)、卒業式3月20日(火)、土日祝は閉室


以上
]]>
2019-01-25T14:00:00+09:00
管弦楽部が第54回定期演奏会を開催しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8768/  当日、会場となった江東区江東公会堂(ティアラこうとう)には、約350名の方が来場し、管弦楽部の奏でる音楽に耳を傾けていました。
 管弦楽部は、年2回の定期演奏会を実施しているほか、入学式・卒業式での演奏、アンサンブルで社会福祉施設での慰問演奏を行うなど積極的に活動しています。

■管弦楽部 部長 中久喜千晶さん(交3年)のコメント
12月25日(火)にティアラこうとうにて第54回定期演奏会を開催しました。
今回は、ベートーベンの交響曲第5番「運命」他を演奏し、来場のお客様からお褒めの言葉を多数頂きました。
ご来場いただいたお客様、演奏会を迎えるまでにご協力をしていただいた皆様に深く感謝申し上げます。
次回の定期演奏会は2019年5月25日(土)に越谷サンシティでシューマンの交響曲第1番「春」他を演奏します。
是非お越し下さい。

学友会総務部長室事務課
048-946-2057

]]>
2019-01-25T09:30:00+09:00
学生食堂の休業について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8767/ ]]> 2019-01-24T17:10:00+09:00 半田滋非常勤講師の論説が「現代ビジネス」に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8748/ 2019-01-16T11:40:00+09:00 第21回全国高校生ドイツ語スピーチコンテストの応募要項を掲載しました http://www.dokkyo.ac.jp/d-speech/ http://www.dokkyo.ac.jp/d-speech/ 2019-01-15T17:00:00+09:00 半田滋非常勤講師の論説が「週刊金曜日」に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8745/ 2019-01-15T11:20:00+09:00 国際交流センター サポートスタッフ募集説明会のお知らせ http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8743/
(1)学内外で行われる各種国際交流イベントの運営
(2)留学生の来日当日から入居までのサポート、その他の日常生活のサポート

興味のある方は、いずれかの募集説明会に参加してください。

【サポートスタッフ募集説明会】
1月15日(火) 12:25〜13:05
1月16日(水) 12:25〜13:05
※両日とも場所はA-306教室です。

【サポートスタッフ応募方法】
希望する方は以下の「サポートスタッフ応募フォーム」を入力し、1月中に送信ください(必須)。

※詳細は説明会でお知らせしますが、サポートスタッフのうち、「リーダー」を希望する方は、
以下の添付ファイルから応募フォームをダウンロードし、次の宛先にメールしてください。
※応募フォームのファイル名を、自身の学籍番号と氏名に変更してお送りください。
宛先:a-kokuse@stf.dokkyo.ac.jp
締切:1月24日(木)

【主な実施イベント】
International Spring Party (4月)
日本文化紹介・体験イベント(5月または6月)
留学生Farewell Party (7月、1月)
留学生と行くバスツアー(10月)

積極的な参加をお待ちしています。

]]>
2019-01-15T09:20:00+09:00
第49回天野杯ドイツ語弁論大会を開催しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8742/ 本大会は、創設者である天野貞祐先生の名を冠し、文化会ドイツ語会話研究会の学生が主体的に運営する大学生のドイツ語弁論大会で、ドイツ大使館、オーストリア大使館、スイス大使館より毎年後援をいただいています。

<第49回天野杯ドイツ語弁論大会 大会結果> 敬称略
■第1部 D.U.K.杯
内容;3分程度で指定されたテキストの朗読を行う
対象:ドイツ語を母語としない大学生(ドイツ語学習歴2年以内、ドイツ語圏滞在歴半年以内)
 第1位 岡田 珠実(松山大学)
 第2位 中井 和真(早稲田大学)
 第3位 何 偉粤(日本大学)

■第2部 獨協大学学長杯
内容:2人1組で指定されたテキストを演劇朝の演出で暗唱する。
対象:ドイツ語を母語としない大学生(ドイツ語学習歴4年以内、ドイツ語圏滞在歴1年以内)
 第1位 椙村 真琴/矢野 菜奈(慶應義塾大学)
 第2位 橘 みのり/田山 礼真(慶應義塾大学)
 第3位 鎌谷 実芽/沼澤 慎佳(国立音楽大学)

■第3部 天野杯
内容:指定されたテーマに沿ったドイツ語を用いた自作スピーチ
対象:ドイツ語を母語としない大学生、大学院生、高専4・5年生(ドイツ語学習歴、ドイツ語圏滞在歴上限なし)
 第1位 森内 初音(東京藝術大学)
 第2位 佐藤 萌子(慶應義塾大学)
 第3位 ?橋 宏明(電気通信大学)

獨協大学同窓会賞
 第2部 林 菜々美/村 美里(獨協大学)

学友会総務部長室事務課
048-946-2057


]]>
2019-01-11T12:00:00+09:00