獨協大学 ニュース http://www.dokkyo.ac.jp 獨協大学 ニュース ja 獨協大学 獨協大学 獨協大学 ニュース 平成30年7月豪雨の被害にあわれた方々へ http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8398/ 被害に遭われた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
 被災地出身の在学生およびご父母・保証人の皆様に対しましては、大学としての最大限の支援をしてまいります。
 依然として被害の拡大が心配されておりますが、皆様の安全な生活と被災地の復旧をお祈り申し上げます。

                                   2018年7月11日
                                   獨協大学学長 犬井 正
]]>
2018-07-11T13:50:00+09:00
2019年度 学部の授業時間の変更について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8440/  これにより、学生の学修時間が確保され、現状よりも自由度が高く多様な形態の授業を実施することが可能となります。
 本学は、この度の100分授業への移行が単なる授業時間の延長にとどまらず、授業内容の質的向上を図り、本学の「教育力」をさらに高める契機となるよう、今後も教育改革を推進してまいります。
 さらに詳細については、決まり次第、大学ホームページや各種媒体でお知らせします。

  ◎新しい時間割は現在以下の案を元に検討中ですが、休み時間等の検討結果により変更となる可能性があります。
   1時限 09:00〜10:40
   2時限 10:55〜12:35
   3時限 13:35〜15:15
   4時限 15:30〜17:10
   5時限 17:25〜19:05

                                        2018年8月6日
                                        獨協大学
]]>
2018-08-06T15:00:00+09:00
半田滋非常勤講師の論説が「現代ビジネス」に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8450/ 2018-08-20T09:50:00+09:00 福井県大野市主催「〜磨き輝かそう大野の宝〜越前おおの観光プロデュースコンテスト2018」にて、獨協大学国際環境経済学科米山チームが最優秀賞と市民賞をダブル受賞しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8449/ この事業は、全国の高校生、大学生、専門学校生の若く柔軟な視点で、交流人口の拡大による地方創生に取り組み、大野市を中心とした観光提案を募集するコンテストで、応募された提案は今後の市の観光施策や事業企画に反映することを目的としています。同コンテストについて国際環境経済学科米山昌幸教授がメンバー募集をして、国際環境経済学科1年6組から2人が米山チームとして参加を決め、準備を進めてきたものです。
 同コンテストには「高校の部」に7グループ、「大学・専門学校の部」に30グループが参加し、企画提案書による一次審査を通過した「高校の部」3グループと「大学・専門学校の部」3グループの計6グループが現地調査とプレゼンテーション審査の二次審査に進みました。同チームは一次審査を通過して、8月4日から5泊6日の二次審査に進み、6日まで現地調査を行って、提案内容を練り直し、8日のプレゼンテーション審査に臨み、全6グループ中で見事、最優秀賞と市民賞に輝きました。
米山チームは、提案テーマ「大野市の観光消費額(飲食・宿泊・土産・体験など)を増やすための取り組み」を選択して、訪日外国人観光客(インバウンド)の滞在数が47都道府県中43位という福井県のインバウンドの現状に注目し、交流人口の中でとくに今後増加が期待できるインバウンドを増やして、定住人口の減少を補う戦略を提案しました。現地調査では、大野市の宿泊施設3か所を訪問し、ヒアリング調査を行いました。それらを踏まえて、市内の廃校になった小学校をリノベーションして、ナイトプールやレンタサイクルなどの設備を整備した魅力的な宿泊拠点、新しいビジネス拠点として作り上げて、「大野へかえろう」プロジェトと連携してUターン希望者を募ることで、大野市へ帰ってくるための雇用を生み出すことを提案しました。一次審査の際にはわからなかった大野市の自然や人の暖かさなど、実際に大野市に来て調査する中で自分たちが特に感動したものを提案に盛り込んだことが高く評価されました。

○チーム代表 柴清花さん(環1年)の感想
 今回のコンテストは一次審査、二次審査と分かれていたのですが、現地調査ではインターネット上の写真や情報を収集する過程で得られることのできない住民の方々の実際の声を聞くことができました。また、実際に訪れたことで一次審査の時に感じていた大野市の雰囲気とは異なった雰囲気を感じることができました。自分自身、あまり地方創生に興味はなかったのですが、今回のコンテストを通じてもっと多くの地域のことを知り、どうすればもっと地域活性化が進むのかと考えることの面白さを感じました。また、大学入学後初めてのプレゼンテーションの場だったので反省点もありましたが、今後の機会で磨きをかけるため今回の経験を生かしていきたいと思います。

]]>
2018-08-09T13:40:00+09:00
英語学科 羽田空港のANA(全日本空輸) 機体整備工場見学 感動の世界へ飛び立つ http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8447/
英語学科では7月2日に、ANA現役パイロットの梅本雄三郎さん(英語学科、2011年卒)をお迎えしての講演を開催しております。その講演会を聴講した学生たちが、羽田空港の機体整備工場を訪問し、エアラインの素晴らしさを、改めて実感することができました。

パイロットや客室乗務員(CA)の方にお会いすることもでき、「華やかなイベント」に恵まれ、「とても素敵なキャンパスライフを送っています」と、高揚感に包まれた学生からのメッセージも届いております。

]]>
2018-08-08T14:40:00+09:00
半田滋非常勤講師のインタビューが「通販生活」に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8443/ 2018-08-07T09:10:00+09:00 国際環境経済学科 木原隆司教授のコメントがNIKKEI ASIAN REVIEWに掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8442/ ]]> 2018-08-06T18:30:00+09:00 父母の会主催芸術・芸能鑑賞企画「東京宝塚劇場 宝塚歌劇団体鑑賞」が行われました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8441/  これは獨協大学父母の会が、幅広いジャンルの芸術や芸能に間近に触れ、自国の文化を理解してほしいとの思いから企画したもので、宝塚歌劇の鑑賞は昨年に続き2回目の実施となりました。
 当日は、雪組公演。第二次世界大戦前夜のパリを舞台に、シャンゼリゼの周辺で起こる激しい人間のドラマを、シャンソンをモチーフにした音楽を絡めながら綴った作品「凱旋門−エリッヒ・マリア・レマルクの小説による−」と、華やかでドラマティックなラテンショー「『Gato Bonito!!』〜ガート・ボニート、美しい猫のような男〜」が上演され、参加した学生は宝塚ならではの豪華で夢のような世界に引き込まれていました。


]]>
2018-08-06T16:00:00+09:00
第20回全国高校生ドイツ語スピーチコンテスト本選結果 http://www.dokkyo.ac.jp/news2018/0804.html http://www.dokkyo.ac.jp/news2018/0804.html 2018-08-04T18:20:00+09:00 【外国語教育研究所】 第8回公開講演会を開催しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8437/  開催日当時は、猛暑が少し緩んだとはいえ、まだまだ暑い中、約90名もの参加者がありました。
岡田圭子外国語教育研究所所長の開会挨拶に続いて、斎藤先生の講演が始まり、様々な文学テキストを用いたり、「ローマの休日」や斎藤先生がご担当になったNHKの番組のDVDなども示されながら、テキスト間相互連関性や「言葉のやり取りにおいて、表面的な情報が伝達されるばかりでなく、その裏で歴史や文化が渦巻いていることを理解することが大事」ということをユーモア溢れる語り口でお話し下さいました。また日本の英語教育の問題点や今後新しく導入される大学入試、小学校で導入されることになった英語授業に関しても舌鋒鋭く様々な観点からのご意見を述べられました。
 講演に引き続き、質疑応答が行われ、多くの質問希望者の中から限られた時間の中でなされた質問に対して、斎藤先生は一つ一つ丁寧に解答してくださり、有意義で実り多い講演会となりました。
(文責: 金井 満)

]]>
2018-08-03T13:30:00+09:00
【保健センター】校医等相談日(8月・9月) http://www.dokkyo.ac.jp/news2018/0801.html http://www.dokkyo.ac.jp/news2018/0801.html 2018-08-03T09:30:00+09:00 英語学科 国際ツーリズム講演会を開催 少人数の対話型クラス ANAパイロッ トが登場 憧れと感動のトーク http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8432/
講師は、英語学科を卒業して、ANA(全日本空輸)の自社養成パイロットとしてご活躍の梅本雄三郎さんです。

現在、大型旅客機B777の副操縦士として、ニューヨーク、ワシントン、ロンドン、フランクフルトなどの国際線を担当しております。

エアラインに関する講演の後、大学生活の過ごし方、コックピットでの操縦など、学生から寄せられた沢山の質問にお答え頂きました。学生たちは、憧れと感動に包まれました。

梅本さんは英語学科に在籍中、充実した英語プログラムの授業を受け、専門科目「グローバル社会論」を受講し、ANAに自社養成パイロットとして採用されました。

]]>
2018-08-02T13:40:00+09:00
普通救命講習会を実施しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8431/  この講習会は、これから気温や湿度の高い時期を迎えるにあたり、熱中症予防講習会などの予防対策と合わせて、部活動中などに万が一、目の前に心肺停止した方がいるという状況に直面した際に、応急対応ができる能力を身に付けることを目的としています。
 今回で4回目となり、今回も草加八潮消防組合西分署様にご協力いただき、10名の硬式野球部部員が受講しました。

学友会総務部長室事務課
048-946-2057

]]>
2018-08-02T12:30:00+09:00
TestDaF準備講座のご案内(受付締切10月2日)受付中です http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/7294/
TestDaFはドイツ語能力検定試験として、ドイツ語圏の大学において公式に認定されています。

TestDaFの試験はレベルがC1(独検新2級、ZD/B1取得)以上で、試験方法は通常の日本の試験とは異なります。この講座では試験の特徴や、ご自身で勉強する場合のテクニックや教材をお教えします。
実力判定には www.testdaf.deのHPにある "Fit fuer den TestDaF?" という10分程度の小テストでレベルチェックをしてください。

獨大生はもちろん、獨大生以外の方も受講できます。(定員15名程度)
本年度獨協大学で実施するTestDaFの本試験日程は11月13日(火)です。

TestDaFについての詳細は、http://www.dokkyo.ac.jp/shiencenter/shiencenter03_06_01_j.htmlをご覧ください。

講座日程 : 10月5日(金)〜11月9日(金) 毎回金曜日 全5回 
【締切 : 10月2日(火)】

申込 : 天野貞祐記念館3階ICZにて受付
]]>
2018-08-02T11:10:00+09:00
第6回全国高校生英語プレゼンテーションコンテスト予選通過者を発表 http://www.dokkyo.ac.jp/e-presentation/2018honsen_bk_e-presentation02_01_j.html http://www.dokkyo.ac.jp/e-presentation/2018honsen_bk_e-presentation02_01_j.html 2018-08-01T10:40:00+09:00 獨協大学英語教育研究会(DUETA)第8回ワークショップを開催 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8426/
■獨協大学英語教育研究会について 獨協大学英語教育研究会(Dokkyo University English Teaching Association:DUETA)は、英語教育に携わっている本学の卒業生、または将来携わりたいと考えている本学の学生を始め、広く一般に英語教育に携わっている人、あるいは英語教育に関心のある人を対象とし、互いに交流を深めることを目的として活動しています。

]]>
2018-07-30T11:30:00+09:00
【予告】2021(平成33)年度獨協大学入学者選抜の変更点について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8419/ なお、今回公表する内容は現時点のものであり、その他の詳細内容や変更等については、決定次第、本学ホームページ等で公表する予定です。

2018年7月25日 獨協大学入試課 ]]>
2018-07-25T10:00:00+09:00
証明書自動発行機についてのお知らせ(7月−9月) http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8418/ 8/10(金)〜8/19(日)は夏季一斉休業期間のため、証明書自動発行機を停止します。
なお、8/9(木)は証明書自動発行機の運転を15:00で終了します。

●メンテナンスのお知らせ
メンテナンスのため、9/5(水)9:00〜10:30、9/13(木)9:00〜10:30、9/18(火)9:00〜10:30は証明書自動発行機を停止します。

●2018年度春学期成績について
4年8学期生と7学期生は9/5(水)10:30より、1年〜3年生は9/13(木)10:30より自動発行機にて2018年度春学期の成績の入った証明書を購入できます。
なお、成績通知表は9/12(水)頃に発送の予定です。

●卒業見込付成績証明書について
2018年度秋学期の「卒業見込付成績証明書」は9/25(火)から発行できます。

●卒業予定者の方へ
9/18(火)以降は自動発行機から成績・在学証明書が購入できません。
ご注意ください。



2018年7月24日 教務課 ]]>
2018-07-24T17:20:00+09:00
夏季休業期間の窓口業務及び店舗等営業時間について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8413/
(追加情報)
アパート紹介コーナー(有限会社アローエステート)
8月25日(土)10:00〜16:00まで営業いたします。(8月8日更新)

]]>
2018-07-24T10:20:00+09:00
英語学科 国際ツーリズム講演会 ANA現役パイロットによる ライブトークを開催しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8401/
 「コックピットからみたエアラインの世界」と題して、大型旅客機B777を操縦している梅本雄三郎さん(英語学科、2011年卒業)に、国際線のフライトを語って頂きました。東京(羽田)発、米国ニューヨーク(JFK)行きのNH110便のフライトを再現しました。

 パイロットでしか見ることができないフライト計画、気象情報、ジェット燃料の消費、空港情報などを、スクリーンに映し出して説明して下さり、来場者はパイロットのライブ世界を垣間見ることができました。

 梅本さんは英語学科に在籍中、充実した英語プログラムの授業を受け、専門科目としてグローバル社会論などを受講し、ANA(全日空)に自社養成パイロットとして採用されました。現在、副操縦士としてご活躍です。

 当日は、開会前から廊下に長蛇の列ができ、会場一杯の来場者に恵まれました。

]]>
2018-07-20T15:10:00+09:00