獨協大学 ニュース http://www.dokkyo.ac.jp 獨協大学 ニュース ja 獨協大学 獨協大学 獨協大学 ニュース 2019年度 学部の授業時間の変更について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8440/  これにより、学生の学修時間が確保され、現状よりも自由度が高く多様な形態の授業を実施することが可能となります。
 本学は、この度の100分授業への移行が単なる授業時間の延長にとどまらず、授業内容の質的向上を図り、本学の「教育力」をさらに高める契機となるよう、今後も教育改革を推進してまいります。
 さらに詳細については、決まり次第、大学ホームページや各種媒体でお知らせします。

  ◎新しい時間割は現在以下の案を元に検討中ですが、休み時間等の検討結果により変更となる可能性があります。
   1時限 09:00〜10:40
   2時限 10:55〜12:35
   3時限 13:35〜15:15
   4時限 15:30〜17:10
   5時限 17:25〜19:05

                                        2018年8月6日
                                        獨協大学
]]>
2018-08-06T15:00:00+09:00
平成30年北海道胆振東部地震で被害にあわれた方々へ http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8473/  被災地出身の在学生およびご父母・保証人の皆様に対しましては、大学としての最大限の支援をしてまいります。
 依然として被害の拡大が心配されておりますが、皆様の安全な生活と被災地の復旧をお祈り申し上げます。

                                                  2018年9月10日
                                               獨協大学学長 犬井 正
]]>
2018-09-10T16:50:00+09:00
【卒業生の皆様へ】2018年度ホームカミングデーの申込期間を延長しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8556/
2018年度ホームカミングデーを11月3日(土)に開催いたします。

今年度の対象は、1993年及び1994年3月卒業生と、2008年並びに2009年3月及び9月卒業生です。
対象の皆様には案内状にて通知申し上げましたが、申込を10月31日まで延長いたしました。
案内状が届いていない対象年の卒業生もご参加いただけますので、おひとりでの参加はもちろん、友人お誘い合わせの上、またご家族を連れてぜひ母校にお帰りください。
なお、準備の都合上、事前申込をお願いしておりますが、当日になって都合がつかれた方は当日参加も可能ですので、お気軽にご参加ください。

獨協大学
]]>
2018-10-20T19:50:00+09:00
平良好利特任助手の論考が『沖縄タイムス』に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8554/ 2018-10-19T10:30:00+09:00 (10月17日)防災基本訓練を実施しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8553/
 今年度から実施した「シェイクアウト訓練」では、3つの安全確保行動(Drop-Cover-Hold on)を地震発生後の訓練放送にて指示し、各教室、事務室等では約3000名の学生及び教職員が一斉に姿勢を低くして、机の下などに隠れる、カバンで頭を守るといった行動を実践しました。
 また、昼休時間に合わせて実施した備蓄品炊出し及び配布訓練では、中庭でアルファー米と豚汁200食、備蓄食材の一部として缶詰と水が提供されました。防災備蓄食を食べた学生は「この食事で十分な昼食になり嬉しい。味もおいしい」と笑顔を見せていました。配布訓練を行った職員からは、「食事を提供する流れが確認できて良かった」との声がありました。

(写真上)備蓄品炊出し及び配布訓練の様子
(写真上)授業中の地震発生を想定した「シェイクアウト訓練」の様子

]]>
2018-10-19T10:30:00+09:00
Searching candidates for a part-time teaching position at the Faculty of International Liberal Arts, on Thursday 獨協大学国際教養学部非常勤講師公募のお知らせ(木曜日分) http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8552/
Searching candidates for a part-time teaching position at the Faculty of International Liberal Arts, Dokkyo University (Soka-shi, Saitama-ken), on Thursday 獨協大学国際教養学部非常勤講師公募のお知らせ(木曜日分)

CLASSES to be taught:
(1) English I & II (1st year Writing),
(2) English III & IV (2nd year Writing);Total = 100 minutes x 2 komas. 合計100分×週2コマ

NUMBER of POSITIONS: 1

TEACHING DAYS:
Thursday 2nd - 3rd period. 木曜日2限〜3限 (10:55 - 15:15)*

QUALIFICATIONS (all obligatory):
(1) Master’s degree in TESOL/TEFL or in relevant fields 英語教育もしくは関連分野で修士号を取得していること.
(2) Preferably teaching experience at university level in Japan 国内の大学相当教育機関において教育歴を有することが望ましい.
(3) A person who can and is willing to teach in English comprehensible to students 学生が理解できる英語で熱意を持って授業を行えること.
(4) A person with a working knowledge of the Japanese language 業務に関わる日本語の運用能力を有すること.
(5) [in case of PhD student] 4th year grade or above after entering doctoral course 大学院博士課程学生の場合は就任時に在籍4年目以上であること.

DATE of employment:
1st of April, 2019 - 31st of March, 2020 (renewable by mutual agreement 以後相互了解により更新可能)

APPLICATION MATERIALS:
(1) Cover letter in English explaining the applicant’s policy in ELT. 英語教育に対する理念を記した英文カバーレター,
(2) Curriculum Vitae. 履歴書 (Indicate the courses the applicant has taught 既担当授業名を明記のこと),
(3) List of publications. 業績表 (Enclose copies of 2 selective publications from the list: academic books or articles published in academic journals. 学術的な著書もしくは論文の写しを2点同封すること).
Note: (2) and (3) must follow the university’s format. 履歴書及び業績表は大学指定の様式(下記サイトよりダウンロード可)を用いること. The forms can be downloaded from the university’s website
(http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/index_j.html/).

DEADLINE for submission of application:
Monday, 3rd of December, 2018 by which to complete delivery. 12月3日(月)必着.

SEND application materials to:
Dean, Faculty of International Liberal Arts, Dokkyo University,1-1 Gakuen-cho, Soka-shi, Saitama-ken 340-0042; to be marked "Part-Time English Teaching Position for Thursday (W)" in red. 〒340-0042 埼玉県草加市学園町1-1 獨協大学国際教養学部長室気付.「英語非常勤講師木曜日 (W) 応募」と朱書すること.

INQUIRIES to:
AMMA Kazuo (ammakazuo[AT]mac.com), Coordinator of the English Program, Department of Interdisciplinary Studies, Faculty of International Liberal Arts.
国際教養学部言語文化学科英語科目コーディネーター 安間一雄

NOTES:
*Dokkyo University plans to change timetable frames. This is currently the most likely schedule. Details will be settled by the end of this academic year. 来年度100分授業に移行するため時間帯の変更を調整中である.
(1) Digital application will not be accepted. 電子メールでの応募は受理しない.
(2) Include in the CV a telephone number AND an email address that the applicant can be reached at on Wednesday, 5th of December. 12月5日(水)に連絡可能な電話番号と電子メールアドレスを履歴書に付記すること.
(3) Only short-listed candidates will be contacted; they will be interviewed (including short teaching demonstration in English) on Sunday, 9th of December. 書類審査の結果は通過者のみに対して行う.該当者には12月9日(日)に面接審査(英語による簡単な模擬授業あり)を行う. [Transportation fee will not be reimbursed. 交通費は支給しない.]
(4) Academic publications submitted can be returned on request together with post-stamped and self-addressed envelope. 業績の写しは原則として返却しないが,希望する場合は切手を貼付した返信用封筒を同封すること.
(5) Applicants working for (or will be working for) other departments at Dokkyo University are not eligible for the present position. 獨協大学の他学科にて勤務する者およびその予定のある者は本件に応募できない.
(6) Recruitment may be terminated in case a proper candidate is found. 募集期間中であっても人員が充足された場合は募集を停止することがある. ]]>
2018-10-19T09:20:00+09:00
10月24日(水) 秋の入試ガイダンス(長野会場)開催します http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/7699/
本学入試課スタッフが直接出向き、入試ガイダンスを開催します。
個別相談にも応じます。
高校生、受験生、保護者の方、どなたでも参加できます。
直接会場までお越しください。
    
■日時:10月24日(水)16:40〜17:40

■会場:長野予備学校

■アクセス:長野駅東急口から徒歩約9分
  

]]>
2018-10-18T09:00:00+09:00
大竹伸郎ゼミの取り組みが『北羽新報』に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8549/  大竹ゼミは合宿中、エコツーリズムによる持続可能な地域づくりについて学んだほか、遊歩道にウッドチップを敷くボランティア活動を行いました。 ]]> 2018-10-17T16:40:00+09:00 半田滋非常勤講師の論説が「週刊金曜日」に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8548/ 無法状態に」のタイトルで半田滋非常勤講師の論説が掲載されました。半田非常勤講
師は、都内の横田基地へのオスプレイ配備により、首都圏のみならず、日本列島全体
が訓練空域として利用されるようになり、事実上の無法状態になると論じました。 ]]>
2018-10-17T14:30:00+09:00
経済学部高安ゼミが草加市長を表敬訪問しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8547/  この日、2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会の機運醸成に取り組むゼミ生が、これまでの取り組み、今後の活動について市長に報告を行いました。メンバーの小野明日美さんは「8月に富士見市で開催したパラリンピックのプレイベントでは、2020東京大会への若い世代の意識が低いと感じました。人々のつながりを生み出し、在学中に大会を迎える後輩や、地域に残るものを作り上げたい」と、チーム結成の経緯と目標を述べました。
 田中市長は「行政と皆さんとの力を結集すれば、もっと素晴らしい町をつくることができると思う。皆さんと一緒に、2020年の大会を盛り上げていきたい」と、互いの連携が進むことに期待を寄せました。
 このほか、埼玉レガシー2020チームは、埼玉県と草加市をイメージした、つまようじによるモザイクアートを紹介。田中市長は学生から説明を受け、台紙につまようじを刺し込みました。モザイクアートは10月8日に行われた市内のスポーツフェスティバルで完成し、今後は市内の体育館などに展示される予定です。

(写真左から)
小野明日美さん(環3年)、伊藤沙弥音さん(済3年)、小島美緒さん(環3年)、加藤かなこさん(環3年)、田中和明市長、吉本ラバーニ安世瑠(やっせる)さん(済3年)、大口智紀さん(済3年)、高安健一教授

]]>
2018-10-16T17:40:00+09:00
2019年度一般入試要項公開(出願登録:1月4日〜) http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/7794/
下記リンク先よりダウンロードしてください。
※配布用冊子のご用意はしておりません。

一般入試は、【2019年1月4日(金)より】出願できます。

出願には、”マイページ” の登録が必要となります。
”マイページ” は事前に登録可能です。
]]>
2018-10-16T10:10:00+09:00
10月17日午後 防災基本訓練を実施(14:30〜15:30事務局窓口閉鎖) http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8469/ が発生した場合を想定し、避難誘導基本訓練を行います。

訓練内容は次のとおりです。
・避難誘導訓練【全員】
・シェイクアウト訓練【全員】(詳細はページ下に関連リンクあり)
・安否確認報告訓練【専任教職員】
・応急救護(AED)訓練【希望者】
・消火器使用訓練【希望者】
・備蓄品炊出し及び配布訓練【希望者】※昼休み実施
・起震車体験【希望者】

災害時に備えて、積極的に参加してください。
避難経路については、こちらの避難経路図や教室に設置された掲示をご確認ください。

 この訓練に伴い、14時30分から15時30分までの間、事務局窓口の
取扱いを停止するほか、図書館、ICZ、ヘルプデスク、
MM工房及びトレーニングルームも閉館、閉室となります。
なお、4時限、5時限の授業は通常通り行います。

獨協大学防災対策委員会

]]>
2018-10-15T16:00:00+09:00
【申込延長】ゲーテ・インスティトゥート ドイツ語講座 申込期間延長について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8246/ 10月23日(火) まで、募集を継続します。
ドイツ語の力を向上させたい方は、この機会をぜひ活用し、秋学期にさらなるレベルアップを目指しましょう。
]]>
2018-10-15T12:30:00+09:00
第6回全国高校生英語プレゼンテーションコンテスト結果 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8543/  第1位となる獨協大学学長賞には、キッド 咲麗花ジェシーさん(東京都 三田国際学園高等学校2年)によるプレゼンテーションが選ばれ、表彰状、および副賞が贈られました。
 コンテストのほか、本学舞踏研究会、モダンジャズ研究会、およびピアノ・フォルテ・ソシエッテによるライブパフォーマンスが行われ、コンテストに華を添えました。
 審査結果は、以下の添付ファイルをご覧ください。

]]>
2018-10-14T18:20:00+09:00
半田滋非常勤講師の論説が「現代ビジネス」に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8542/ 2018-10-12T16:20:00+09:00 【在学生対象】グローバルイベント第2弾「英字新聞を活用し、リーディング力をUP!」 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8525/ さらに英字新聞編集の世界についても語っていただきます。


■日時:  10月31(水)15:00〜16:30
■I場所:  ICZ Room2
■話者:  吉永 康朗氏(毎日ウィークリー編集長)
■申込:   天野記念館3階ICZにて受付中 (先着30名・無料)

]]>
2018-10-12T14:50:00+09:00
【在学生対象】ゲーテB1口述試験対策ワークショップが開催されます http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/7837/ ICZにて申込用紙にお名前を書くだけで参加できます。
B1試験の口述力を鍛えるよい機会です。ふるってご参加下さい。
参加費無料。

【日時】11月16日(金)16:45〜18:15
【場所】天野記念館3階 ICZ内 Deutsche Ecke
【講師】R. メッツィング先生
【申込期間】11月5日(月)〜当日
]]>
2018-10-12T12:00:00+09:00
留学生9名が草加高校で国際交流 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8538/
本学からの留学生派遣は、「いろいろな文化や価値観に触れることで、視野を広げ、自身を見つめ、今後の生き方を考え、共通の課題に取り組む姿勢を育みたい」という草加高校の国際理解教育の目的をサポートするもので、今回で7回目となります。

当日は、まず体育館での1年生を前に、留学生達は緊張した面持ちで日本語での自己紹介に挑戦。その後、1名ずつ1年生のホームルームに入り、出身国の歴史や文化をときに英語を混ぜながらも、日本語でプレゼンテーションしました。
一方、草加高校の生徒たちは英語で日本の高校生活を紹介。その後、楽しいゲームや折り紙など、日本の文化で「おもてなし」をしました。

イギリスのマンチェスター大学から本学を訪れている留学生ホープ トーマスさんは、自身の出身高校・大学をパワーポイントを使って日本語で紹介し、「緊張したが高校生が関心を持って聞いてくれ、良い取り組みだと思いました」と感想を述べました。

コーディネーターである同校の八木一絵教諭からは「学んだ外国語を活かし、文化交流をする貴重な機会をいただき、生徒ともども感謝いたします。今後とも両校にとって実りのあるこの会が続くことを願っております」とのコメントが寄せられました。

]]>
2018-10-11T11:10:00+09:00
2019年2月9日(土)実施 大学院学内推薦II期入試について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8530/
 法学研究科博士前期課程
 経済学研究科博士前期課程

◆出願期間:2019年1月8日(火)〜1月15日(火) ※締切日消印有効
◆試験日:2019年2月9日(土)
◆合格発表:2019年2月14日(木) 午前10時
◆入学手続期間:2019年2月15日(金)〜2月28日(木)

学内推薦入試の「募集要項」は、大学院事務室(4棟1階)で配布しています。
大学院事務室
 Tel (048)946-1666
 Mail  daigakuin(a)stf.dokkyo.ac.jp
         *(a)を@に変更して送信してください。 ]]>
2018-10-11T10:00:00+09:00
2019年2月9日(土)実施 大学院博士前期課程 特別入試について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8529/
[博士前期課程]
 経済学研究科経済・経営情報専攻

特別入試の出願資格については、「大学院学生募集要項」で確認してください。

◆出願期間:2019年1月8日(火)〜1月15日(火) ※締切日消印有効
◆試験日:2019年2月9日(土)
◆合格発表:2019年2月14日(木) 午前10時
◆入学手続期間:2019年2月15日(金)〜2月28日(木)

「大学院学生募集要項」は、下記の方法でご請求ください。

(1)メールによる請求
   Mail daigakuin(a)stf.dokkyo.ac.jp
      *(a)を@に変更して送信してください。
      *必ず届け先の住所・郵便番号・氏名・電話番号をお知らせください。

(2)電話による請求(開室時間内に限る)
   Tel (048)946-1666
      *必ず届け先の住所・郵便番号・氏名・電話番号をお知らせください。

(3)外部媒体経由での資料請求
   進研アド 大学院へ行こう! 
   リクルート 大学&大学院.net 

(4)大学院事務室窓口での入手(開室時間内に限る)
   〒340-0042 埼玉県草加市学園町1-1
   獨協大学大学院事務室(4棟1階)
   開室時間:平日9:00〜17:00   土曜9:00〜12:00 
        日曜・祝日は閉室
   Tel (048)946-1666


]]>
2018-10-11T10:00:00+09:00