獨協大学 ニュース http://www.dokkyo.ac.jp 獨協大学 ニュース ja 獨協大学 獨協大学 獨協大学 ニュース 英語学科 国際ツーリズム講演会を開催しました 少人数での対話型 大手ツアーJTB支配人がトーク http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8345/
大手ツアーJTB(ジェイティービー)の小泉治之支配人(ロイヤル・ロード銀座 店)が、講演者として「少人数の対話型クラス」に参加して下さいました。

学生からは、「VIPや富裕層のお客様を担当するまでに、どのような旅行業務 の資格を取得され、また日々の努力を積み重ねたのですか」、といった質問も飛 び出しました。

また、「将来の就職活動」に関する質問も多く寄せられ、積極的な「対話」が繰り広げられ、充実した講演会になりました

]]>
2018-06-22T14:40:00+09:00
「獨協大学留学フェア2018」が開催されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8344/  本イベントは、留学に関する情報を提供することにより海外で学ぶことをより身近に感じ、早い段階から準備を始めてもらうことを目的としており、今回が4回目の開催でした。
 当日は、のべ500名程の学生が来場し、ミニセミナーや個別ブースで熱心にメモを取りながら説明に耳を傾けていました。
 参加者からは「海外での生活を経験した人から、実際の話を詳しく聞くことができてよかった」という声や「ブースが細かく分かれていたので、自分の知りたいことについてよくわかった」という声が寄せられました。

〜参加団体一覧〜
1.国際教育交換協議会(CIEE)
2.ドイツ学術交流会(DAAD)
3.フランス政府留学局(Campus France)
4.インスティトゥト・セルバンテス東京
5.HSK日本実施委員会
6.日本スタディ・アブロード・ファンデーション(JSAF)
7.カナダ大使館
8.EducationUSA/アメリカンセンターJapan
9.日本英語検定協会
10.海外留学推進協会(SAA)
11.日本学生支援機構(JASSO)
12.内閣府

〜学内協力部署等〜
1.獨協大学全学共通カリキュラム英語部門
2.キャリアセンター
3.教育研究支援課(ICZ)

]]>
2018-06-22T10:50:00+09:00
第1回大学院進学ガイダンス【7月4日(水)】実施のお知らせ http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8331/ 本学大学院に関心のある方は、是非ご参加ください。

◇日時:7月4日(水) 13:30〜14:30
◇場所:法学研究科 ⇒ 6棟305教室
    外国語学研究科 ⇒ 6棟307教室
    経済学研究科 ⇒ 6棟306教室

※外国語学研究科日本語教育専攻を志望する方は、進学ガイダンスへ参加する前に、必ず下記教員に連絡をしてください。
 浅山佳郎(大学院日本語教育専攻委員) yasayama01@dokkyo.ac.jp

*参加者の学年不問
*予約不要
*各研究科の教員・大学院生による説明、個別相談、学生共同研究室見学
*「大学院案内」・「大学院学生募集要項」および「過去問題」配布

問合わせ先:大学院事務室(4棟1階)
 tel:048-946-1666
 mail:daigakuin@stf.dokkyo.ac.jp
]]>
2018-06-21T16:50:00+09:00
全学共通カリキュラム外国語科目群「英語」部門担当特別任用教員(助教)の公募について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8338/  特任助教

2. 採用人数
 若干名

3. 応募資格
 (1)大学院修士課程以上を修了し、大学又はそれに準ずる機関での教育および研究歴を有する方
 (2)英語教育学又は応用言語学を専門とし、大学英語教育プログラム開発に熱意と創意を持っている方
 (3)日本語を母語とし、すべて英語で授業が行える英語運用力を有する方(英語圏の大学への正規留学経験がある方が望ましい)。又は、英語を母語とし、学生相談と学内業務が行える日本語運用力を有する方
 
4.所属
 法学部国際関係法学科もしくは総合政策学科となるが、全学共通カリキュラム外国語科目群「英語」部門の構成員となる

5. 職務内容
 (1)「英語」科目(Academic Reading Strategies,Academic Writing, Academic Listening Strategiesなど)を担当
 (2)教授会や各種委員会等の大学運営に関する義務は負わないが、全学共通カリキュラム外国語科目群の会議には参加の義務を負う。加えて、教育上の義務を負い、授業のほか学生相談、教材開発、シラバスの作成等の事項を行う。週4日出校

6.着任予定日
 2019年4月1日

7.応募手続
 書 類
 以下の書類のうち、(2)と(3)は必ず本学所定様式にご記入ください。
 様式は本学ホームページからダウンロードできます。
 http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/index_j.html
 (1)カバーレター(e-mailアドレス、過去の担当科目・使用教材一覧を記載)
 (2)履歴書(写真貼付)※本学所定様式に記入
 (3)研究・教育業績一覧表 ※本学所定様式に記入
 (4)代表的な論文1点(修士論文を除く)の抜刷り又はコピーと、それぞれの論文を日本語と英語で要約したもの
 (5)大学英語教育についての抱負を、日本語と英語で、A4用紙各1枚程度に実績に基づいて具体的に記したもの
 (6)最終学歴の教育機関から発行された学位記、修了証書などのコピー
 (7)英語運用力または日本語運用力を証明する書類のコピー
 (TOEIC、TOEFL、日本語能力検定試験正規スコアなど)
 期 限 2018年9月12日(水)必着
 宛 先 〒340-0042 埼玉県草加市学園町1-1 獨協大学法学部長室宛て 
 ※なお、封筒に『全カリ「英語」部門担当特任教員応募書類』と朱筆のこと。
 応募書類は原則として返却いたしませんが、返却ご希望の方は、切手を貼った返信用封筒を同封してください。

8. 選考方法
 書類選考の上、面接および模擬授業(10月13日(土)予定)を実施します。
 (交通費は支給いたしません。)

9. 選考結果の通知
 選考手続きが終了次第、本人に通知します。
 なお、応募者のプライバシーは厳守し、提出された書類は選考以外の目的には使用いたしません。

10.任用期間
 3年間。審査の上1回限り更新可。最長6年間。

11. 問合せ先
 全学共通カリキュラム外国語科目群「英語」部門担当者会議代表
 中西貴行(経済学部准教授) e-mail: tnakanis●dokkyo.ac.jp
 ※メール送信の際は、● を @ に置き換えてください。

備考
 (1)全学共通カリキュラム外国語科目群「英語」部門は、外国語学部(ドイツ語学科・フランス語学科)、経済学部(経済学科・経営学科・国際環境経済学科)、法学部(法律学科・国際関係法学科・総合政策学科)の学生を対象とし、「一般学術目的の英語」を目的とするコーディネートされた英語教育プログラムである
 (2)「特別任用教員」とは、任用期間および職務内容等を個別の労働契約に定めて任用する本学の教員をいう。今回の募集は、外国語科目担当の特任教員(助教)に関して行われるものである
 (3)本俸は、授業を週9コマ担当することを基準とし、350,000円である
 必要に応じて、増コマ担当の場合は、1コマにつき月額21,700円が支給される。共同研究室が提供される
 (4)CAL教室・ICTを使った教育とカリキュラム運営ができる方が望ましい


本学ホームページの「教員・職員公募」もご覧ください。
「教員・職員公募」http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/index_j.html ]]>
2018-06-21T15:10:00+09:00
Openings for Contract Lecturer (Non-tenured) in the Interdepartmental English Language Program http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8337/  Contract Lecturer

2.Number of positions:
 Several

3.Qualifications and application requirements:
(1)Master’s degree or higher, with experience teaching at a university or equivalent institution
(2)Specialization in English education or applied linguistics and experience with curriculum development and management is preferred.
(3)English ability sufficient for teaching in English (overseas experience preferred)
 Japanese ability sufficient for handling university-related administrative matters

4.Affiliation:
 Teachers will belong to the Faculty of Law, but will be in charge of courses in the Interdepartmental English Language Program.

5.Duties:
(1) Teachers will be in charge of English courses that include Academic Reading Strategies,
Academic Writing, Academic Listening Strategies, among others.
(2) Teachers will not be required to attend faculty meetings or perform committee work, but will be asked to attend meetings for the Interdepartmental English Language Program. Teachers will be involved in curriculum management and development, as well as student advising, and will be expected to be on campus four days a week.

6.Appointment: Beginning on April 1, 2019

7.Application process
 Materials:
 For (2) and (3) below, applicants must download the Word version of the CV forms from the following URL and type in the information: http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/index_j.html
 (1)Cover letter (include e-mail address, list of courses taught and textbooks used)
 (2)Curriculum Vitae (with photo attached)
 (3)List of publications and research / educational activities
 (4)Copy or offprint of one representative research publication (besides master’s thesis), along with a summary of the publication in both English and Japanese
 (5)An essay in both English and Japanese on “Your views about College English Education.” The essays should be approximately one page of A4 sized paper each, and should be based specifically on the applicant’s achievements.
 (6)Copy of the applicant’s final degree certificate / diploma
 (7)Copy of official certificate of English / Japanese proficiency (TOEIC, TOEFL, or Japanese-Language Proficiency test, etc.)

Application deadline: September 12, 2018 (Wednesday)

Address:
Applications should be sent to:
Office of the Faculty of Law, Dokkyo University
1-1 Gakuen-cho, Soka, Saitama 340-0042
Please write “Application materials for Contract Lecturer in the Interdepartmental English Language Program” on the envelope in red. As a rule, application materials will not be returned. However, if the applicant wishes the materials to be returned, a stamped self-addressed envelope should be enclosed with the application.

8.Selection process
 Short-listed candidates will be invited to an interview (including teaching demonstration) in both English and Japanese on October 13, 2018 (Saturday).
 Please note that transportation expenses will not be reimbursed.

9.Notification of results
 Successful candidates will be notified directly. Applicants’ personal information will be handled with the utmost care, and will not be used for any purpose other than selection.

10.Term of employment:
 3 years (renewable for an additional 3 years by mutual agreement for a maximum of 6 years)

11.Inquiries
 Takayuki Nakanishi <tnakanis@dokkyo.ac.jp>
 Associate Professor, Faculty of Economics
 Chair, Interdepartmental English Language Program

Additional information
(1)The Interdepartmental English Language Program is a coordinated program that stresses “English for General
Academic Purposes” (EGAP). Students from the following faculties and departments take courses in the program:
Faculty of Foreign Languages (Depts. of German and French), Faculty of Economics (Depts. of Economics,
Management Science, and Economics on Sustainability), and Faculty of Law (Depts. of Law, International Legal
Studies, and Policy Studies). We seek to hire cooperative teachers who understand the goals and objectives of
the program and participate actively to achieve them.

(2)“Contract Lecturer (Non-tenured)” refers to a position at Dokkyo University in which the term of employment
and job duties are determined by an individual contract. The current opening is for a Contract Lecturer (Non-tenured) in charge of foreign language courses.

(3)The salary is based on a course load of nine classes and will be 350,000 yen per month. If additional classes
become necessary, 21,700 yen per month will be paid for each additional class. Teachers will be provided with shared office space.

(4)Experience using CALL classrooms / ICT is preferred.

For more information about the program and the position, please see the following webpages:
http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/index_j.html ]]>
2018-06-21T15:00:00+09:00
硬式野球部員 ベストナイン受賞 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8329/  古谷さんは4回目の受賞、川又さんは初受賞です。
 今後の硬式野球部の活躍が期待されます。

■首都大学野球連盟 2018春季リーグ戦 ベストナイン受賞
 捕手  古谷勇斗さん(環4年) 4回目
 一塁手 川又 啓さん(独3年) 初受賞

学友会総務部長室事務課
048-946-2057

]]>
2018-06-18T16:40:00+09:00
山岳部 日本学生スポーツクライミング対校選手権大会 第3位 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8328/
■山岳部 長島光司さんのコメント
 長島・川口チームが少し良い成績を収めたのは事実ですが、女子チームは初参加で決勝に進出し、あと少しで表彰台に上がれたという状況でした。
 他にも出場した部員もいますし、会場となった福井県まで応援のために同行してくれた部員もいます。彼ら全員の応援があって、長島・川口チームの好成績があったと思っています。
 今後とも山岳部は部一丸となって活動していきますので、応援よろしくお願いします。

学友会総務部長室事務課
048-946-2057


]]>
2018-06-18T15:40:00+09:00
経済学部高松ゼミ生が「埼玉わっしょい大使」に任命されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8292/  埼玉わっしょい大使は、埼玉県産農産物の情報をより多くの若者に魅力的に伝えるため、SNS「インスタグラム」で情報を発信します。

]]>
2018-06-18T09:40:00+09:00
「獨協大学留学フェア2018」プレ・イベント「“じぶん流”の留学をプロデュースする!」を開催しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8316/
 このプレ・イベントは、「獨協大学留学フェア2018」の機会を有効活用するとともに、さまざまなスタイルの海外体験をしている学生の体験談を聞くことで、留学のプランニングのヒントを提供することを目的としたものです。

 3組の海外チャレンジ経験者によるプレゼンテーションの後、英語学科・工藤和宏准教授をファシリテーターとして海外チャレンジ経験者たちのトークセッションが行われ、最後に国際交流センター職員が「獨協大学留学フェア2018」の活用術を説明しました。
 プレゼンテーションの内容は次のとおりです。

1. 國井仁さん(営3年)
 渡航前の準備から滞在中、現在に至るまで、約8か月間のタンザニア、ルワンダ、ウガンダでの経験をプレゼンテーション。「全力で悩んで、全力で迷って、全力で動いてほしい。価値観を壊すような経験をたくさん積むことが大事」と来場者に語りました。

2. 「TEAM獨協GOHKIS」から篠原真紀さん(律3年)、伊藤比奈さん(英3年)、樫村茉美さん(環3年)、後藤隆幸さん(言2年)
 国際交流基金日中交流センターが実施する大学生交流事業に採用され、中国・貴州省の貴州大学で行った日本文化を伝えるイベントについて、準備から現地での活動に至るまで、動画をまじえて紹介しました。チームで取り組むことの面白さと難しさ、事業を通じての成長や変化を話しました。

3. 野津良輔さん(独4年)
 トビタテ!留学JAPAN第6期生として、約1年間、ドイツ・ハイデルベルク大学に交換留学し、エネルギー政策について研究した経験を踏まえ、留学計画のたて方やネットワークづくりの大切さなどを来場者へアドバイスしました。

 来場者からは、「やりたいことがわからないと悩んでいたが、経験者の生の声を聞き、改めて自分の興味を探そうと思えた」「留学の間だけが特別なのではなく、準備や卒業後の進路など、その前後もつながっているということを学べた」などの感想が聞かれました。

]]>
2018-06-15T09:30:00+09:00
【メディア掲載】経営学科 岡部康弘教授の記事が『プレジデント』に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8315/ 2018-06-14T14:00:00+09:00 英語学科 国際ツーリズム講演会 「最高のツアーをお届けしたい」を開催しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8304/
 小泉氏は、富裕層への旅行商品販売を手がけるコンシェルジュのプロフェッショナルです。一般的な旅行商品と高額商品との違いを紹介し「ラグジュアリートラベルのお客様は時間を大切にするので、『いかに待たせないか』が重要」と話しました。

 当日は大勢の来場者に恵まれ、質疑応答の時間には「顧客に、リピーターになってもらうための取り組みを知りたい」「VIPに対して、常に気をつけていることは」といった質問が相次ぎました。

]]>
2018-06-14T09:40:00+09:00
半田滋非常勤講師の論説が「現代ビジネス」に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8312/ 2018-06-13T16:40:00+09:00 石井啓一国土交通大臣が来学−草加松原団地再開発事業の視察に関連して懇談会が開催されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8309/  懇談会は3部構成で行われ、第1部では大臣の他、国会議員、県議会議員、市議会議員、草加市長、UR都市機構本部長、学長が出席し、草加市、UR都市機構、本学が協働して進めている「獨協大学前駅西側地域まちづくり再開発事業」の報告と意見交換が行われました。
 その後、第3部では、関係首長懇談会が行われ、草加市、春日部市、越谷市、八潮市、三郷市、吉川市、松伏町の首長が一堂に会し、石井大臣との懇談が行われました。

]]>
2018-06-13T10:10:00+09:00
【メディア掲載】経済学科 倉橋透教授のコメントが東京新聞に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8302/ ]]> 2018-06-12T11:50:00+09:00 【在学生対象】スピーキングのスキルアップに無料イベントを活用してみませんか http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8301/
6月28日(木)5限に行うグローバルイベントでは、TOEFL(R) テストを題材として、スピーキング・タスクやライティングに挑戦しフィードバックを受けます。

90分のイベントに参加することが、アウトプットで感じるちょっとした壁を乗り越えるきっかけになることもあります。ぜひご活用ください。

グローバルイベント第1弾
「TOEFL(R)テストのスピーキング・ライティングにチャレンジしよう」


日時:6月28日(木) 5時限
場所:A−408教室(教室変更しました)
申込:天野貞祐記念館3階ICZにて受付中。先着30名。
]]>
2018-06-11T17:00:00+09:00
【日本学生支援機構奨学金】<6月採用>在学採用者・高校予約採用者手続説明会のお知らせ http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8299/ 奨学金を受給するために必要な手続の説明および「返還誓約書」等、重要な書類を配付します。必ず出席してください。
なお、説明会で配付する書類を所定の期日までに提出いただけなかった場合、採用が取り消されますのでご注意ください。

◇対象者:
  2018年6月11日(月)に初回の振り込みがあった者

◇開催日:
 1回目:6月26日(火) 12:20〜13:10
 2回目:6月28日(木) 12:20〜13:10
  ※いずれかの開催日に必ず出席してください。
  ※昼食持込み可

◇会場:E-102教室

●重要な書類を配布します。
●筆記用具をお持ちください。

学生課奨学係
]]>
2018-06-11T14:00:00+09:00
本学がテレビ番組で紹介されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8296/ ]]> 2018-06-08T17:10:00+09:00 【学部学生および大学院生・無料】仏検2次面接対策講座 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8295/ 年に1度の開講です。
11月に受験予定の方もこの機会にぜひお申込みください。

個別模擬面接後、全体の講評を実施します。

日時:7月4日(水)16:45〜18:15
担当 Michele MIZUBAYASHI(本学フランス語学科教授)
定員:先着12名
申込:ICZ3階カウンターにて受付 6月27日(水)締切

問い合わせ先
教育研究支援課外国語教育支援係
TEL:048-946-2887
]]>
2018-06-08T16:00:00+09:00
【学部学生および大学院生・無料】スペイン語DELE口頭試験対策講座 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/8294/ 筆記試験と口頭試験が別々に実施されます。
この講座では、口頭試験対策について主に指導します。

日時 6月27日(水)4時限(A2レベル) 5時限(B1レベル)
場所 ICZ4階ルーム3
講師 ピラール・ラゴ(本学言語文化学科講師)
申込 天野記念館3階ICZカウンターにて6月20日(水)まで受付
定員 各レベル12名(先着順)

問い合わせ先
教育研究支援課外国語教育支援係
TEL:048-946-2887
]]>
2018-06-08T15:50:00+09:00
英語学科 国際ツーリズム講演会 ANA(全日空)パイロットによる ライブトークを開催します http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail/id/8288/publish/1/ http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail/id/8288/publish/1/ 2018-06-07T14:10:00+09:00