獨協大学 ニュース http://www.dokkyo.ac.jp 獨協大学 ニュース ja 獨協大学 獨協大学 獨協大学 ニュース フランス語会話講座無料デモレッスンおよび講座のご案内【学外の方も受講できます】 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/6049/ 〇無料デモレッスン 16:45-17:35 事前申込制です。ICZカウンターにて受付中です。無料ですのでお気軽にご参加ください。
※学外の方でお申込みにいらっしゃれない方はお名前(ふりがな)、連絡先電話番号、PCから受け取りのできるメールアドレス、ご希望のレベル、仏検関連資格の有無、資格をお持ちの方は具体的な資格名
・級を明記の上gaigo_shien@ml.dokkyo.ac.jpまでお送りください。
〇説明会 17:40-こちらは申込不要で入退場自由です。

フランス語会話講座は、入門、初級、中級の3つのレベルで開講します。学外の方も受講できます。
講師はアテネ・フランセのネイティブスピーカーの先生で、御茶ノ水のアテネ・フランセと同じ授業が本学で受講できます。
本学学部学生および大学院生は大学の補助により割引受講料が適用されます。
日  時:5/15・5/22・5/29・6/5・6/12・6/19・6/26・7/3 16:45-18:35 (50分×2 休憩10分)
受講料:本学学部学生13,500円 一般の方23,500円(教材費等すべて込)
締  切:5月11日(木) 先着順(各クラス15名)

※レベル内容などより詳しい内容は下記のリンクをご確認ください。

]]>
2017-04-21T13:00:00+09:00
英語学科 世界ブランド論 新しい授業がスタートしました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/7350/
第1週の授業では、世界的に有名なジュエリー・ショップの米国「ティファ
ニー」を、第2週にはフランスの高級旅行バッグ「ルイ・ヴィトン」、さらに世界
のエアライン・ホテル・旅行エージェントを取り上げました。

あざやかな映像とパワーポイントを使って、授業を立体的に構成しています。

約260名の学生が、熱心に授業へ参加し、活発な質疑応答も行われました。
]]>
2017-04-21T10:00:00+09:00
言語文化学科 半田滋非常勤講師の論説が「現代ビジネス」に掲載されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/7347/  半田講師は、北朝鮮の弾道ミサイルに対して自衛隊の防衛システムは極めて脆弱であり、自民党の検討チームが安倍首相に提言した敵基地攻撃を実施しても日本は壊滅的被害を受ける、米国と北朝鮮との平和協定締結以外に方法はない、と論じました。
]]>
2017-04-19T15:10:00+09:00
【在学生の方へ】認定留学生(2017年度秋学期派遣)対象の奨学金 応募受付中 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/7203/  「認定留学」とは、大学間の協定によらず、個人で留学先大学を選択し入学許可を得たうえで、本学の承認手続を経て留学する制度です。本学は、認定留学中は獨協大学への授業料を100%免除するなど、他大学に比べ留学を後押しする制度が整っていますが、さらに留学を推進するため、交換留学生に比べ応募できる奨学金が少ない認定留学生対象の給付型奨学金制度を2016年度より開始しました。
 認定留学生奨学金は年額24万円で、返済義務はありません。特に考慮すべき事由があれば年額48万円を給付する場合があります。主な応募条件は、留学先に支払う年間授業料の額、家計状況、GPAなど。応募期限は6月30日(金)。2017年度秋学期派遣の認定留学申請期限も、6月30日です。
 留学を検討中の方、留学しようか悩んでいる方、ぜひ国際交流センターに相談にいらしてください。

※家計基準の目安を修正しました。添付の募集要項をご確認ください。

]]>
2017-04-19T14:10:00+09:00
2017年度のオープンキャンパス学生スタッフを募集します http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/6497/
説明会 4月14日(金)・19日(水)・20日(木)12:30〜13:00
場  所 東棟2階 E-202(昼食持込可)
応募条件 
   上記いずれかの説明会に必ず参加すること。
  参加できない場合は事前に入試課広報係(048-946-1900)までご連絡ください。

【業務内容】
1、 オープンキャンパススタッフ
在学生による学部学科紹介、キャンパスツアー、個別相談、受付、誘導、設営、企画立案など

オープンキャンパス開催日程
 6月18日(日)、7月29日(土)、30日(日)、8月26日(土)、27日(日)、10月8日(日)
※各開催日前日が設営日になります。

2、DAO(Dokkyo Admissions Office)スタッフ
大学見学に訪れた高校生等に対し、大学生活や受験体験などを話します。また希望者に対して施設見学(キャンパスツアー)を行います。

3、LINE等の企画・取材・発信
高校生向けのLINEや受験サイト等で学生生活のこと、大学イベントや入試などの情報配信を行います。

4、その他
入試実施に際しての設営や試験監督補助、学外進学相談会における個別相談、取材協力などを上記1〜3で活躍する学生スタッフにお願いすることがあります。 ]]>
2017-04-19T09:50:00+09:00
留学生・外国人学生との交流 “International Spring Party”を開催しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/6538/
書道研究会による書道パフォーマンスで幕が開き、ステージ上の大きなボードを使って力強いパフォーマンスを披露。参加者全員がそのパフォーマンスの迫力と勢いに引き込まれていました。

パフォーマンスの後は、書道研究会の司会で「仲間作りゲーム」を展開。「好きな季節」「Birth Month」といったテーマで共通の仲間が集まり、グループを形成。初めのうちはお互いに話しかけにくそうにしていた参加者も、これを機に自己紹介をして、すぐに仲良くなれました。

参加者に配られた書道研究会お手製のカードは、実は四字熟語の一つです。違うカードを持つ仲間と四字熟語を完成させ、ステージ上の大きな半紙に回答を書くゲームではスピードと芸術点が課せられ、見事、「喜怒哀楽」チームが賞品の「お菓子福袋」を獲得しました。

また、書道体験ブースでの作品もコンテストが行われ、韓国からの留学生、キム ゴンヒョンさんも入賞。獨協オリジナルTシャツが贈呈されました。

200名を超す学生がパーティーに参加し、ゲームや書道体験を通して自然と会話が生まれ、多くの学生が留学生や外国人学生と交流を深めました。


]]>
2017-04-17T12:00:00+09:00
ラーニング・スクエアの利用を開始しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/7331/

]]>
2017-04-13T15:40:00+09:00
外国語学部交流文化学科専任教員(英語学)の募集について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/7330/
                      記

1.職位
   専任講師、准教授 または 教授 (常勤、任期なし)

2.募集人員
   1名

3.着任予定日 平成30(2018)年4月1日

4.募集要件
(1)英語学(English linguistics)、応用言語学(applied linguistics)もしくは言語学と密接な関連のある研究
   (例:ethnolinguistics)を専門とし、博士またはPh.D.の学位を有するか、あるいは取得見込みの者(ただし、後者の
   場合は、着任予定日までに博士またはPh.D.学位を取得のこと)、もしくは博士の学位と同等の研究業績を有する者
(2)日本語で教育、その他の職務を遂行する能力を有する者

5.職務内容および担当予定科目
  少なくとも以下の3点が職務となります。なお、中学・高等学校教員(英語)の免許資格取得のための教職課程の再課程
  認定申請に必要な候補となります。
(1)本学科の英語教育プログラムにおける英語基礎科目、学科共通科目、および1年次必修「基礎演習」並びに3・4年次必修
   「演習」、さらに本学科の免許課程(英語)プログラムの「英語学」部門に関わる免許科目(「英語の世界?」「英語の
   世界II」など)の担当。なお週5コマ以上の授業科目を担当することになります。
   授業科目の内容については本学HPのシラバスを参照のこと。
(2)本学科の英語教育プログラム、免許課程プログラムの企画と運営。
(3)そのほか、学生に対する幅広い教育指導をはじめ、大学・学部・学科が主催する各種行事の企画・運営に協力し、各種
   委員会等の校務を分掌すること。

6.提出書類
(1)カバーレター(e-mailアドレス、電話番号を記載)
(2)履歴書(フォームを本学HPからダウンロードして記入、写真添付のこと)
(3)最終学歴の教育機関の修了証明書(学位記のコピー、もしくはそれに準ずるもの)
(4)研究業績一覧表(フォームを本学HPからダウンロードして記入のこと。査読付き論文の場合には、そのことを明記する
   こと)
(5)主要研究業績3点(抜き刷り・コピー可、著書の場合は原本1部、それぞれに日本語800字程度の要約をつけること)

  *履歴書、教育研究業績書は、以下のURLからダウンロードできます。
  http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/index_j.html

7.選考方法
  (1)第1次審査 書類選考
  (2)第2次選考 模擬授業および日本語・英語による面接

  *面接に際しての旅費・滞在費は応募者の負担になります。なお、審査の過程で追加書類の提出を求めることがあります。
  *選考手続き終了次第、ご本人に通知いたします。なお、応募者のプライバシーは厳守し、提出された書類は選考以外の
   目的には使用いたしません。

8.提出期限
   平成29(2017)年6月12日(月)必着

9.宛先
   〒340-0042埼玉県草加市学園町1-1
   獨協大学外国語学部 交流文化学科共同研究室

  *封筒に「交流文化学科専任教員応募書類(英語学)」と朱書。応募書類は原則として返却いたしませんが、返却を希望の
   方は、切手を貼った返信用封筒を同封して下さい。

10.問い合わせ先
   外国語学部交流文化学科長 永野隆行 e-mail: tnagano●dokkyo.ac.jp
               (●を@に置き換えて下さい。電話での問い合わせにはお答えできません。)

11. その他
   本学科は、男女共同参画社会基本法をはじめとする法令を遵守する採用人事を行います。
]]>
2017-04-13T10:50:00+09:00
外国語学部交流文化学科専任教員(英文学)の募集について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/7329/
                      記

1.職位
   専任講師、准教授 または 教授 (常勤、任期なし)

2.募集人員
   1名

3.着任予定日
   平成30(2018)年4月1日

4.募集要件
(1)英文学(英語で書かれた文学)を専門とし、博士またはPh.D.の学位を有するか、あるいは取得見込みの者
   (ただし、後者の場合は、着任予定日までに博士またはPh.D.学位を取得のこと)、もしくは博士の学位と同等の
   研究業績を有する者
(2)日本語で教育、その他の職務を遂行する能力を有する者

5.職務内容および担当予定科目
  少なくとも以下の3点が職務となります。なお、中学・高等学校教員(英語)の免許資格取得のための教職課程の
  再課程認定申請に必要な候補となります。
(1)本学科の英語教育プログラムにおける英語基礎科目、学科共通科目、および1年次必修「基礎演習」並びに3・4年次必修
   「演習」、さらに本学科の免許課程(英語)プログラムの「英米文学」部門に関わる免許科目、「トランスナショナル
   文化特殊講義」などの学科専門科目の担当。なお週5コマ以上の授業科目を担当することになります。
   授業科目の内容については、本学HPのシラバスを参照のこと。
(2)本学科のトランスナショナル文化部門、英語教育プログラム、免許課程プログラムの企画と運営。
(3)そのほか、学生に対する幅広い教育指導をはじめ、大学・学部・学科が主催する各種行事の企画・運営に協力し、
   各種委員会等の校務を分掌すること。

6.提出書類
(1)カバーレター(e-mailアドレス、電話番号を記載)
(2)履歴書(フォームを本学HPからダウンロードして記入、写真添付のこと)
(3)最終学歴の教育機関の修了証明書(学位記のコピー、もしくはそれに準ずるもの)
(4)研究業績一覧表(フォームを本学HPからダウンロードして記入のこと。査読付き論文の場合には、そのことを明記する
   こと)
(5)主要研究業績3点(抜き刷り・コピー可、著書の場合は原本1部、それぞれに日本語800字程度の要約をつけること)

  *履歴書、教育研究業績書は、以下のURLからダウンロードできます。
  http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/index_j.html

7.選考方法
(1)第1次審査 書類選考
(2)第2次選考 模擬授業および日本語・英語による面接

  *面接に際しての旅費・滞在費は応募者の負担になります。なお、審査の過程で追加書類の提出を求めることがあります。
  *選考手続き終了次第、ご本人に通知いたします。なお、応募者のプライバシーは厳守し、提出された書類は選考以外の
   目的には使用いたしません。

8.提出期限
  平成29(2017)年6月12日(月)必着

9.宛先
  〒340-0042埼玉県草加市学園町1-1
  獨協大学外国語学部 交流文化学科共同研究室

  *封筒に「交流文化学科専任教員応募書類(英文学)」と朱書。応募書類は原則として返却いたしませんが、返却を希望の
   方は、切手を貼った返信用封筒を同封して下さい。

10.問い合わせ先
  外国語学部交流文化学科長 永野隆行 e-mail: tnagano●dokkyo.ac.jp
              (●を@に置き換えて下さい。電話での問い合わせにはお答えできません。)

11. その他
  本学科は、男女共同参画社会基本法をはじめとする法令を遵守する採用人事を行います。
]]>
2017-04-13T10:50:00+09:00
【在学生対象】第221回TOEIC(R)LISTENING AND READING 公開テスト(6月25日)申込みについて http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/7316/ 納付書購入およびバウチャーコードの配付:
4月14日(金)〜5月2日(火)
インターネット入力期間:
4月14日(金)〜5月9日(火)15:00まで
納付書を購入のうえ、天野貞祐記念館3階ICZでバウチャーコードを受け取り、各自インターネットで申込みをしてください。 ]]>
2017-04-13T09:00:00+09:00
専任教員の公募について(ドイツ・EU圏社会科学) http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/7325/

                      記

【職位】 
准教授または専任講師 (常勤、任期なし)

【募集人数】 
1名

【研究分野】 
ドイツ語圏およびEUを主要対象とする社会科学(政治学、社会学、地理学など)、またはその関連分野

【担当科目】
講義科目「ドイツ語圏とEU」、ドイツ語科目「基礎ドイツ語」「総合ドイツ語」など

【職務内容】
本学ドイツ語学科の専任教員は、ドイツ語圏の言語、文化、歴史、社会に関し、多角的な視点から研究・教育を行っています。
職務としては、各自の研究とならび、専門分野に関する講義・演習科目のほか、第1あるいは第2外国語としてのドイツ語科目も含め、週5コマ以上の授業を担当していただきます。また、提携しているドイツ語圏の大学(デュースブルク=エッセン大学、ハイデルベルク大学、ハレ=ヴィッテンベルク大学、ヒルデスハイム大学、ブレーメン専門単科大学、ベルリン自由大学、マールブルク大学、ミュンスター大学、バーゼル大学)との国際共同研究・交換教授プログラムへの参加や、大学・学部・学科が主催する各種行事の企画・運営への協力も求められます。

【着任予定日】 
2018年4月1日

【応募資格】
・博士の学位を有する方、あるいはそれと同等の研究歴を有する方
・国籍は問わないが、日本語で支障なく教育その他の職務を遂行できる方
・大学における教育歴があることが望ましい。

【応募手続き】
<提出書類>
1. カバーレター(e-mailアドレス、電話番号を記載)
2. 履歴書
*写真貼付。期間の長短にかかわらず、ドイツ語圏滞在歴を明記してください。
*教員免許をお持ちの方は、その旨お書き添えください。
*本学指定の様式にご記入ください。http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/index_j.htmlからダウンロードできます。
3. 研究業績書 
*本学指定の様式にご記入ください。http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/index_j.htmlからダウンロードできます。
4. 主要業績3点(抜き刷り・コピー可。著書の場合は、原本1部)
5. 主要業績の要旨(それぞれの業績について、800字程度の日本語で記すこと。用紙はA4版)
6. 「ドイツ語教育への抱負」を、2000字程度にまとめたもの(日本語で記すこと。用紙はA4版)
7. 学位記のコピーまたは証明書
<提出期限>
2017年5月31日(水)必着
<宛先>
〒340-0042 草加市学園町1-1 獨協大学外国語学部ドイツ語学科 学科長 工藤 達也
*封筒に「ドイツ語学科専任教員応募書類」と朱書してください。応募書類は原則として返却いたしませんが、返却ご希望の方は、切手を貼った返信用封筒を同封してください。

【選考方法】
1) 第1次審査:  書類選考
2) 第2次審査:  日本語およびドイツ語による面接 [2017年7月15日(土)を予定]。
*なお、面接に際しての旅費・滞在費は応募者の負担とします。また、審査の過程で追加書類の提出を求めることがあります。

【選考結果の通知】
選考手続き終了次第、ご本人に通知します。なお、応募者のプライバシーは厳守し、提出された書類は選考以外の目的には使用しません。

【問い合わせ先】
外国語学部ドイツ語学科長 工藤 達也 (ドイツ語学科教授)
e-mail: tkudo(a)dokkyo.ac.jp  (a)部分はアットマークに変更してください。

【備考】
本学ホームページの「教職員採用情報」もご覧ください。
http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/index_j.html

                                                 以上
]]>
2017-04-12T15:20:00+09:00
専任教員の公募について(ドイツ語学) http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/7326/

                      記

【職位】 
教授、准教授または専任講師 (常勤、任期なし)

【募集人数】 
1名

【研究分野】 
ドイツ語学、ドイツ語教授法、言語学、またはその関連分野

【担当科目】
講義科目「ドイツ語概論」、「ドイツ語圏の言語」、ドイツ語科目「基礎ドイツ語」、「総合ドイツ語」など

【職務内容】
本学ドイツ語学科の専任教員は、ドイツ語圏の言語、文化、歴史、社会に関し、多角的な視点から研究・教育を行っています。職務としては、各自の研究とならび、専門分野に関する講義・演習科目のほか、第1あるいは第2外国語としてのドイツ語科目も含め、週5コマ以上の授業を担当していただきます。また、提携しているドイツ語圏の大学(デュースブルク=エッセン大学、ハイデルベルク大学、ハレ=ヴィッテンベルク大学、ヒルデスハイム大学、ブレーメン専門単科大学、ベルリン自由大学、マールブルク大学、ミュンスター大学、バーゼル大学)との国際共同研究・交換教授プログラムへの参加や、大学・学部・学科が主催する各種行事の企画・運営への協力も求められます。

【着任予定日】 
2018年4月1日

【応募資格】
・博士の学位を有する方、あるいはそれと同等の研究歴を有する方
・国籍は問わないが、日本語で支障なく教育その他の職務を遂行できる方
・大学における教育歴があることが望ましい。

【応募手続き】
<提出書類>
1. カバーレター(e-mailアドレス、電話番号を記載)
2. 履歴書
*写真貼付。期間の長短にかかわらず、ドイツ語圏滞在歴を明記してください。
*教員免許をお持ちの方は、その旨お書き添えください。
*本学指定の様式にご記入ください。http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/index_j.htmlからダウンロードできます。
3. 研究業績書 
*本学指定の様式にご記入ください。http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/index_j.htmlからダウンロードできます。
4. 主要業績3点(抜き刷り・コピー可。著書の場合は、原本1部)
5. 主要業績の要旨(それぞれの業績について、800字程度の日本語で記すこと。用紙はA4版)
6. 「ドイツ語教育への抱負」を、2000字程度にまとめたもの(日本語で記すこと。用紙はA4版)
7. 学位記のコピーまたは証明書
<提出期限>
2017年5月31日(水)必着
<宛先>
〒340-0042 草加市学園町1-1 獨協大学外国語学部ドイツ語学科 学科長 工藤 達也
*封筒に「ドイツ語学科専任教員応募書類」と朱書してください。応募書類は原則として返却いたしませんが、返却ご希望の方は、切手を貼った返信用封筒を同封してください。

【選考方法】
1) 第1次審査:  書類選考
2) 第2次審査:  日本語およびドイツ語による面接 [2017年7月15日(土)を予定]。
*なお、面接に際しての旅費・滞在費は応募者の負担とします。また、審査の過程で追加書類の提出を求めることがあります。

【選考結果の通知】
選考手続き終了次第、ご本人に通知します。なお、応募者のプライバシーは厳守し、提出された書類は選考以外の目的には使用しません。

【問い合わせ先】
外国語学部ドイツ語学科長 工藤 達也 (ドイツ語学科教授)
e-mail: tkudo(a)dokkyo.ac.jp  (a)部分はアットマークに変更してください。

【備考】
本学ホームページの「教職員採用情報」もご覧ください。
http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/index_j.html

                                                 以上
]]>
2017-04-12T14:30:00+09:00
【在学生対象】第221回TOEIC(R)LISTENING AND READING 公開テスト(6月25日実施)の申込みについて http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/7324/ 納付書購入およびバウチャーコードの配付:4月14日(金)〜5月2日(火)
インターネット申込期間:4月14日(金)〜5月9日(火)15:00
納付書を天野貞祐記念館3階ICZに提出し、バウチャーコードを受け取り、各自インターネットで申込みをしてください。
*バウチャーコードはインターネットで申込をする際に必要な番号です。 ]]>
2017-04-12T10:20:00+09:00
国際親善倶楽部が「留学生と地域を結ぶハンドブック」を作成 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/7323/
編集長・齋木希さん(国際環境経済学科4年)のコメント
 私達はこのハンドブックを、獨協大学・草加市を選んでくださった留学生が、この地での生活を充実したものにし、特別な思い出をたくさん作れますように…第二の故郷になりますように…との想いを込めて作成しました。留学生のみならず、獨協大生や草加市の方々が読んでも役に立つ内容になっていると自負しています。少しでも活用していただけたら光栄です。

《ハンドブック概要》
・タイトル:
「留学生と地域を結ぶハンドブック」
Living in the Dokkyo/Soka Community―A Handbook for International Students―
・コンセプト
 “草加を第二の故郷に” Making Soka Your Home Away from Home in Japan
・言語:和文・英文併記
・体裁:A5判・本文54頁、カラー印刷
・発行部数:500部
・発行日:2017年4月1日

国際親善倶楽部のフェイスブック(https://www.facebook.com/d.i.a.c.dokkyo/)より、PDF版をダウンロードできます。
お問い合わせ先:diachb2017○gmail.com
(メール送信の際は、○ を @ に置き換えて送信してください)

]]>
2017-04-11T18:00:00+09:00
英語学科 国際ツーリズム講演会を いよいよスタートします http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/7317/
本年4月より、英語学科では「国際ツーリズム論」、「国際ツーリズム各論」、「世界ブランド論」などをオープンしましたが、これに連動して、「国際ツーリズム講演会」を開催します。

演題:「豪華客船『飛鳥II』でめぐる世界ーークルーズ・ツアーの魅力と可能性」

日時:5月8日(月)3限、1:15〜2:45PM

場所:東(E)棟 201教室(公開授業の形式)

郵船クルーズ社の豪華客船「飛鳥II」のホテル部門で勤務する宮崎奈穂子さん(英語学科2012年卒)、運航管理マネージャーの野元学さんが来学して、クルーズ・ツアーの魅力と可能性を語ります。

英語学科では、いままでにもANA(全日空)の現役パイロット、ANAとJAL(日本航空)の客室乗務員、旅行エージェント大手のJTB(ジェイティービー)関係者をキャンパスにお招きして、国際ツーリズムに関するトークを実施してきました。

]]>
2017-04-11T17:40:00+09:00
創造祭実行委員会が発足しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/7321/ 創造祭とは、春学期に開催する大学祭の1つで、今年は5月31日(水)〜6月3日(土)に開催されます。
11月初旬に開催する「雄飛祭」とは異なり、授業期間に開催され、文化系団体の演技・演奏が中心となります。

<第44回 創造祭>
■期間 2017年5月31日(水)〜6月3日(土)
■時間 昼休み、放課後
■場所 学内各所
■主催 文化会本部(運営:創造祭実行委員会)
■これまで実施されたイベント
・ジャズオーケストラ、古典ギター、マンドリン演奏
・ダンスライブ(フリースタイル、フラメンコ)
・お笑いライブ
・書道、絵画、生け花展示
・自主製作映画上演
・環境問題研究発表、ボランティア活動報告
・著名人講演会、ゲストライブ など


<創造祭とは・・・>
創造祭とは、獨協大学で行われる大学祭の1つです。
文化系団体が中心となって、展示発表・講演会・演奏会等の企画を行っています。
11月に行われる雄飛祭ではサークルや各団体による模擬店を中心に盛り上がりを見せていますが、創造祭は趣旨が異なっています。
創造祭は文化会団体が日ごろの活動の成果を学内外へ発表することを目的としていて、作品展示や活動発表等、個性豊かな企画が中心となっています。
(第43回創造祭パンフレットより抜粋)

学友会総務部長室事務課
048-946-2057

]]>
2017-04-11T15:20:00+09:00
防災備蓄食材活用フェア 〜食べて、高める防災意識〜 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/7319/
期間限定(1日1種の日替わりメニュー)
●こぼれ焼き鶏 プレートランチ(塩味)
●焼き鶏玉子めし(柚子胡椒風味)
●焼き鶏ガーリック丼(マヨたれ)

*写真は、
(左)こぼれ焼き鶏 プレートランチ(塩味)
(右)焼き鶏玉子めし(柚子胡椒風味)

]]>
2017-04-11T10:30:00+09:00
教科書販売のご案内(ぶっくぎゃらりぃDUO) http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/7292/
【日時】
平成29年春教科書販売のご案内
4月1日(土)〜28日(金) ※日曜は休み
平日/9:00〜18:00、土曜/9:00〜17:00

【販売会場】
ぶっくぎゃらりいDUO(35周年記念館内)

【購入方法】
事前に教科書リストを参照し、購入する教科書のナンバーを確認してください。
会場には教科書ナンバーを提示してありますので、各自で購入してください。
]]>
2017-04-10T12:50:00+09:00
仏検模試・フランス語チャットルーム・仏検準1級2級対策講座・フランス語会話講座の申込が始まります 【一部、学外の方も受講可能です】 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/5711/ 模試・チャットルームは無料ですが、学部生のみが対象です。
チャットルームは4/14(金)より申込みが始まります。
仏検準1級・2級講座、フランス語会話講座はどなたでも受講できます。有料ですが一般より安くなっています。講師の本学フランス学科教授田中善英先生からの講座説明をご覧いただけます。
フランス語会話(アテネ・フランセ オープンスクール)は24日(月)にデモレッスンを実施します。申込み検討中の方はぜひお気軽にお越しください。無料です。
詳細は以下の説明ページをご確認ください。
]]>
2017-04-10T12:40:00+09:00
平成29年度「埼玉発世界行き」奨学金の募集について http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/7312/
埼玉県が行うこの奨学金制度には、本学学生が毎年多数採用されています。
従来の大学院進学、交換・認定留学生以外に、今年から1ヶ月以上の語学学校留学やインターンシップ、ボランティア活動にも対象が広がりました(予定者も応募可)。ぜひご応募ください。

●本学学生が応募できるコース
学位取得コース
平成29年度中に海外の大学院に留学する方。本人または親が埼玉県に1年以上住んでいること。10名募集(書類・面接選考)。100万円給付。

地域活躍コース
平成29年度中に大学・語学学校への留学、インターンシップ、ボランティア活動を目的に1ヶ月以上海外に渡航する方。50名募集(書類選考)。20万円給付。

*両コースとも、日本国籍または永住ビザをもつ方が対象。留学・海外渡航予定者を含みます。
*このほかにも応募要件・制限があります。詳細は募集要項を確認してください(関連リンク参照)。

●応募締切
 5月31日(水)17時必着
 「グローバル人材育成センター埼玉」(北浦和)に郵送または持参 ]]>
2017-04-08T11:10:00+09:00