獨協大学 オープンカレッジに関するニュース http://www.dokkyo.ac.jp 獨協大学 ニュース ja 獨協大学 獨協大学 獨協大学 ニュース 【お知らせ】この日時は、FAX送信がご利用いただけません http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/5769/odir/ka_opencollege/                 記
8月12日(土) 9:00〜17:00 停電のため
8月16日(水) 終日 メンテナンスのため
なお、7月30日(日) 14:00〜22:00は都合によりFAX送信がご利用いただけませんでした。
上記の期間にFAX送信をされた方は、送信状況をご確認ください。
お問い合わせ先:獨協大学エクステンションセンター TEL048-946-1678 ]]>
2017-08-02T12:50:00+09:00
【受付開始】オープンカレッジ2016年度秋期パンフレット請求の受付を開始しました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/462/odir/ka_opencollege/ 下記リンク、または右メニュー内バナーより資料請求ページへお進みください。
お電話でもご請求いただけます(TEL:048-946-1678)。なお、パンフレットは8月上旬に発送予定です。
また、2014年度以降にご受講いただいた方には、自動的に送付いたします。

2016年度秋期講座パンフレットは以下関連リンクからお申込みいただけます。 ]]>
2016-06-17T13:00:00+09:00
【訂正のお知らせ】2016年度オープンカレッジ「天皇に愛された女の物語」テキスト http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/4813/odir/ka_opencollege/
「天皇に愛された女の物語」テキスト欄
【誤】とはずがたり〈上〉 1,450円+税
     ↓
【正】とはずがたり〈下〉 1,650円+税


お問い合わせ先:獨協大学エクステンションセンター TEL048-946-1678
]]>
2016-02-26T14:10:00+09:00
オープンカレッジ特別講座「歓喜に寄せて ―レクチャーコンサート―」が開催されました。 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/4132/odir/ka_opencollege/ この特別講座は年2回テーマを変えて開催している。今回は獨協大学創立50周年を記念し、講演とコンサートを併せた華やかな講座とした。
 学長の開会挨拶に続き、前半は矢羽々崇外国語学部教授が講演を行った。矢羽々教授は、シラー「歓喜に寄せて」の詩が、18世紀後半から19世紀前半にかけて、何故広く親しまれてきたのかを、映像や当時出版された歌集を手に取りわかりやすく説明した。
 後半は、木村佐千子外国語学部准教授(現教授)の解説を交え、18世紀から現代までに作曲された「歓喜に寄せて」の作品の数々が演奏者により歌い上げられた。
 最後に、会場に集まった約420名の参加者が、出演者とともにベートーヴェンの「第九」の一部を合唱。会場となった大講堂は多くの歌声で包まれ、レクチャーコンサートは盛況のうちに幕を閉じた。

]]>
2015-03-30T15:10:00+09:00
オープンカレッジ特別講座「パリの表通りと中庭」 が開催されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/3751/odir/ka_opencollege/  講師は外国語学部フランス語学科鈴木教授。「パリの表通りと中庭」をテーマに、パリとフランス郊外、また東京との比較を行いパリの特徴をとらえた上で、パリの街を構成する中庭型家屋についての講演を行った。都市の住まいに関わる3つの基本条件である「居室の開口」、「敷地の有効利用」、「敷地境界線上の建物壁面設置の許容」を原理として、ここからパリの街が生まれてきたことを家屋の平面図を投影しながらわかりやすく説明。来場者からは「パリ旅行をした際には、今日得た知識で街を眺めてみたい。」という感想が聞かれた。

]]>
2014-07-27T09:00:00+09:00
オープンカレッジ特別講座「シーボルトと日本の植物 ―江戸時代 文化・文政期の日蘭交流― 」が開催されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/3312/odir/ka_opencollege/
講師は、本学の加藤 僖重(かとう のぶしげ)名誉教授。シーボルトの来日の経緯やヨーロッパ・アメリカの植生、そしてシーボルトの集めた標本、関わった日本人たちとの交流など、多くのテーマをユーモアを交えながら紹介しました。

加藤名誉教授は、「ヨーロッパが起源だと思われている植物の多くは、日本から持ち込まれたものです。日本の植物を知っていれば、アメリカやヨーロッパの植物の見え方が変わってきて、楽しい場所になります。」と語っていました。

]]>
2014-03-10T14:50:00+09:00
オープンカレッジ特別講座「地球環境を守るために」が開催されました。 http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/2993/odir/ka_opencollege/  一之瀬教授は、環境保全に関する国際法の基本的な考え方を提示した上で、国際社会の法のしくみによってどのように解決が試みられているのか、またその機能と限界はどこにあるのかについて、PM2.5や京都議定書のゆくえなど具体的な事例にも触れながら解説した。会場には約200名の来場があり、質疑応答においても積極的な意見交換がなされ、来場者の環境問題に関する意識の高さをうかがわせた講座となった。

]]>
2013-10-18T14:10:00+09:00
オープンカレッジ特別講座「オスマン・サンコン福祉を語る」が開催されました http://www.dokkyo.ac.jp/news/detail_j/id/2386/odir/ka_opencollege/
ギニア共和国外務省に入省後、昭和47年、ギニア大使館を日本に設立するために初来日した等日本との交流の話を交えながら、ギニアの医療事情、東日本大震災での支援活動、そして遠く離れたギニアにいる実母に少しでも役に立ちたいという一心から、苦労して日本のホームヘルパー2級の資格を取得されたことなど内容は多岐にわたりました。

今後、日本の福祉で大切なものはという問いに対し「地域が大事。また人との絆、思いやりを大切にしてほしい。」と語っていました。

]]>
2013-03-04T12:50:00+09:00