獨協大学 学部在学生の方へのイベント情報 http://www.dokkyo.ac.jp 獨協大学 学部在学生の方へのイベント情報 ja 獨協大学 獨協大学 獨協大学 学部在学生の方へのイベント情報 <獨協大学国際共同研究助成によるワークショップ>「ドイツ・ルネサンス芸術の研究」 http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8838/
日時:2019年3月22日(金)
    13時00分〜17時30分(質疑を含む)通訳つき
場所:獨協大学 創立50周年記念館(西棟) W-202教室
    最寄り駅:東京メトロ日比谷線・半蔵門線直通東武スカイツリーライン
    「獨協大学前〈草加松原〉」西口より徒歩5分

〈時程〉
13時00分 挨拶
13時10分〜13時40分
 「宗教改革時代のコミュニケーション − 多様なメディアの相互作用を通じて」
 永本哲也(東海大学・獨協大学非常勤講師)
 質疑
13時50分〜14時20分
 「プロテスタント美術の誕生? − クラナハ(父)のプロパガンダポスター」
 青山愛香(獨協大学教授)
 質疑

休憩 15分

14時35分〜15時35分
 「1519年のアンドレアス・ボーデンシュタイン・フォン・カールシュタットの天国と地獄の馬車」
 Der Himmel- und Hoellenwagen des Andreas Bodenstein genannt Karlstadt 1519
 ガービー・ヘルヒェルト(デュースブルク=エッセン大学教授)
 質疑

ディスカッション

*16時30分〜17時30分 懇親会(どなたでもご参加いただけます)

]]>
2019-03-12T20:30:00+09:00
第36回 英語語法文法研究会のお知らせ http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8825/ (1) 佐藤 達(英語学科4年)
  迂言的使役動詞のmakeとhave:
   久野・高見(2014)などその他文献を通して迂言的使役動詞のmakeとhaveそれぞれの特徴、そしてmakeとhaveのそれぞれ通底した意味が存在していることを主張し説明していきたい。

※ネット配信(当日に会場でURLをお知らせします。)

(2) 加藤 遼(和光国際高校外国語科教諭)

1. 聞く・話す活動から書く活動へとつなげる、題材内容を中心としたオーラル
  イントロダクションの模擬授業:
   イントロダクションにより引き出した生徒の発言を、ライティング活動へと最終的につなげる授業展開を考えます。英語の授業を英語で行いながら、英語の4技能を総合的に高めていく授業案をお話しします。

2. 日本人英語学習者におけるリスニングの下位処理と上位処理に及ぼす速聴
   トレーニングの効果:
    教室環境で速聴トレーニングを行う際のマテリアルの選定基準の重要性」を皆様にお話しします。


(3) 箱田一樹(英語学科4年)
   tough構文−構文独自の意味を考える−:
   構文には単語の意味の足し算だけでは得られない構文独自の意味があるという、構文文法の立場からtough構文を考えていく。学習参考書の記述を出発点とし、形式主語構文(外置構文)や文主語構文などの「書き換え」と呼ばれている他の構文と比較しながら、tough構文独自の意味を提示する。


(4) 柳田茉莉香(英語学科4年)
   分詞構文―意味の広がりと認知―:
   高校時代、そのまま意味を暗記してきた分詞構文について、その中心義からどのように意味が広がるのか、一緒に考えてみていただければと思います。
 
※以下は時間的余裕がある場合。


(5) 府川謹也(交流文化学科非常勤講師・名誉教授)
  前置詞againstの意味機能
]]>
2019-02-28T16:20:00+09:00
オープンカレッジ特別講座「少数民族の世界 ―文化について知る、考える―」 http://www.dokkyo.ac.jp/opencollege/oc02_02_j.html http://www.dokkyo.ac.jp/opencollege/oc02_02_j.html 2019-02-14T16:20:00+09:00 平成31(2019)年度 入学式 http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8790/
【当日のスケジュール】
 9:00〜 新入生:資料等配布(35周年記念館多目的スペース)
10:00〜 入学式・学友会入会式(35周年記念館アリーナ)
 式終了後  学生証ID交付(東棟)
12:00〜 父母の会入会式(ご父母または保証人のみ)(35周年記念館アリーナ)

【新入生と保証人の方へ】
当日のスケジュールの詳細は、3月22日(金)に送付予定の封筒『入学式の案内通知等』内の文書をご確認ください。

<本件に関する問合せ先>
獨協大学総務課
電話:048-946-1641

]]>
2019-02-09T12:00:00+09:00
第17回獨協大学高校生親善テニス大会 http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8775/
 当日は、隣接するコートでラクロスやラグビーなどの競技が行われています。観戦またはテニスコートまでの通行の間には、お気を付けいただきますようお願い申し上げます。
 また、本学には駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用ください。
(近隣の商業施設等への駐停車は、ご迷惑をおかけすることとなりますので、お控えいただきますようお願いします。)

<第17回獨協大学高校生親善テニス大会>
■日程 2019年3月21日(木・祝)
■会場 本学テニスコート(オムニ4面)
 東武スカイツリーライン獨協大学前駅下車 徒歩7分
■主催 獨協大学体育会庭球部    
■後援 獨協大学、庭球部OB会
■種目
  男子ダブルス32組、女子ダブルス16組 トーナメント方式
  全試合1セットマッチ(6ゲームオール後タイブレイク)、3位決定戦あり
  その他の規則は日本テニス協会規則に準じます
■参加資格 事前に高等学校の硬式庭球部を通してお申込みいただいた2019年4月現在で在籍する1・2・3年生
■審判  セルフジャッジ
■使用球 ブリヂストン XT8 (予定)
■参加料 無 料(参加賞あり)
■ウォームアップ サービス2球のみ

その他、詳細は体育会硬式庭球部までお問い合わせください。

学友会総務部長室事務課
048-946-2057

]]>
2019-01-29T12:20:00+09:00
新入生歓迎ウィーク 第2回合同説明会 http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8755/
<新入生歓迎ウィーク 第2回合同説明会>
■日程 2月13日(水)
■時間 13:30受付開始、14:00開始
■会場 E-202
■対象 2019年度新入生歓迎ウィーク参加希望団体のうち2018年11月に行われた第1回合同説明会に出席した団体(本学学部生のみ)

詳細については、学生センター3階学友会本部にお問い合わせください。

学友会総務部長室事務課
048-946-2057

]]>
2019-01-23T11:30:00+09:00
OLFM 14期卒業アカペラライブ http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8752/ 本イベントは4年生をサークル全体で華やかに送り出すためのイベントで、どなたでもご観覧可能です。
予約不要、入場無料となりますので、お誘いあわせの上、ご来場ください。


<OLFM 14期卒業ライブ>
■日程 2019年2月16日(土)

■会場 35周年記念館小講堂

■時間 開場 13:30 開演 14:00

■対象 どなたでも観覧可

■備考
・入場無料
・事前予約不要
・公共交通機関を利用し、ご来場ください。

学友会総務部長室事務課
048-946-2057

]]>
2019-01-21T14:30:00+09:00
【外国語教育研究所】研究例会のご案内(どなたでもご参加いただけます) http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8750/
日 時:2019年1月23日(水)17:00〜18:00
場 所:天野貞祐記念館4階 外国語教育研究所 会議室B
発表者:岡田 圭子所長
     (経済学部経済学科 教授)
内 容:「英語教育における高大連携の実践報告」

教員、学生、一般の方、どなたでもご参加いただけます。
問い合わせは、下記アドレスまで御願い致します。

gaikokugo○stf.dokkyo.ac.jp
(メール送信の際は、○を @ に置き換えてください)
]]>
2019-01-17T13:20:00+09:00
写真部 外部施設での作品展示 http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8746/
<写真部 学外展>
期間 2019年3月23日(土)〜26日(火)
時間 11:00〜19:00
会場 オレンジギャラリー
 〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-9-11-103
備考 入場無料、事前予約不要


学友会総務部長室事務課
048-946-2057 ]]>
2019-01-15T15:10:00+09:00
ダンスライブ ABORN×Hana Graduation Live 2019 「Night of Youth」 http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8735/
<ABORN×Hana Graduation Live 2019 「Night of Youth」>
■日程 2019年2月4日(月)
■時間 17:00開演
■会場 35周年記念館小講堂
■主催 愛好会ABORN、愛好会韓国文化研究会Hana
■備考
・入場無料
・事前予約が必要



学友会総務部長室事務課
048-946-2057
]]>
2019-01-08T15:50:00+09:00
写真展「私のレンズを通して見た、占領下のパレスチナ」 http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8727/

]]>
2018-12-24T14:20:00+09:00
獨協大学父母の会設立10周年記念講演「ダイナミックな科学技術の挑戦と日本の力」 http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8725/  獨協大学在学中からフリージャーナリストとして活動を始め、情報の仕事術、先端科学技術、地球環境問題、生物多様性、災害・防災など、多岐に渡り徹底取材を続けてきた山根一眞先生。今回の記念講演では、「小惑星探査機はやぶさ1から2へ」「世界標準のものさし 水月湖『年縞』」「驚愕の観測・発見が続いているアルマ望遠鏡」「日本初の新元素ニホニウムの合成」「福島第一原発の廃炉技術」など、徹底した現場取材で得た驚きの最新成果と知られざるエピソードを、映像と写真を駆使して、ドラマチックに披露していただきます。
 講演会終了後は、35周年記念館学生食堂にて懇親会を行います。今年は学生の皆さんも参加いただけます。料理を囲みながら楽しいひと時をお過ごしただければ幸いです。

日 時:2019年2月9日(土)13時〜16時30分
講演会 13時〜14時45分(天野貞祐記念館3階大講堂)
懇親会 15時〜16時30分(35周年記念館2階学生食堂)
対 象:在学生、父母の会会員及びそのご家族
会 費:無料

申込方法:
2月5日以降に参加を希望される方は直接会場にお越しください。当日受付させていただきます。

注意:学生の皆さんは懇親会のみの参加はできませんので注意してください。
]]>
2018-12-24T09:50:00+09:00
獨協大学英語教育研究会(DUETA)第23回講演会「さまざまな英語教育調査から見た話すこと・書くことの指導と評価」 http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8713/  この度東京外国語大学教授の根岸雅史氏を講師にお招きし、「さまざまな英語教育調査から見た話すこと・書くことの指導と評価」というテーマで講演会を開催いたします。皆様どうぞ御参加ください。
]]>
2018-12-21T10:30:00+09:00
ピアノ・フォルテ・ソシエテ 冬コンサート http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8699/
<ピアノ・フォルテ・ソシエテ 冬コンサート>
■日程 2018年12月25日(火)
■時間 16:00開演
■会場 越谷サンシティホール 小ホール
 JR武蔵野線南越谷駅、東武スカイツリーライン新越谷駅
 (地下鉄日比谷線・半蔵門線直通)東口より徒歩3分
■曲目
 チャイコフスキー / 舟歌(バルカローレ)
 シベリウス / 樅の木
 ショパン / バラード第1番
 得田真裕(ピアノアレンジ:内田美雪) / グッド・ドクター
 植松伸夫 / ザナルカンドにて(『ファイナルファンタジーX』)
 ヘンデル / ファンタジア
 ショパン / エチュードop.10-1
 ドビュッシー / 月の光
<弾き語り>
 藤原基央 / 話がしたいよ
<連弾>
 Zektbach  / シャムシールの舞
<2台ピアノ>
 Toby Fox (ピアノアレンジ帆立)/ Dummy!
 モーツァルト / 二台のピアノのためのソナタ ニ長調 K.488 第1楽章

学友会総務部長室事務課
048-946-2057

]]>
2018-12-17T11:20:00+09:00
放送研究会 番組発表会〜レストラン〜 http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8698/
<放送研究会 番組発表会>
テーマ レストラン
日程 2018年12月23日(日)
時間 開場14:00 開演14:30
場所 獨協大学 小講堂

学友会総務部長室事務課
048-946-2057


(写真は過去の番組発表会の様子)

]]>
2018-12-17T11:10:00+09:00
外国語学部「最終講義」のご案内 http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8690/

]]>
2018-12-12T16:20:00+09:00
獨協大学環境週間 ”Earth Week Dokkyo 2018 〜Winter〜” http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8678/
「〜環境と開発を両立させて、持続可能な社会を創る〜」

 私たちは、国際社会を取り巻く環境や本学のエコキャンパス推進の方針のもと、地球環境保全に関する啓蒙活動を実施し、一大学組織の一員として、各々のキャンパスライフにおいて何ができるかを考え、行動に移すきっかけにしたいと考えております。また、「楽しく学ぶ」をモットーに、より多くの学生に「環境を考える」機会を提供することを目指しております。

 おもな開催イベントの詳細は別途、アップしていきますので、そちらをご確認ください。

]]>
2018-12-10T13:00:00+09:00
体育祭 〜スポーツフェスティバル2018〜 http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8656/  今年のテーマは「一期一会 〜スポフェス半端ないって!〜」です。
 参加を希望される場合には、学生センター3階 体育会本部(平日12:30〜13:00)までお問い合わせください。

<体育祭 〜スポーツフェスティバル2018〜>
■日程 2018年12月16日(日)
■時間 8:15受付開始
■会場 人工芝グラウンド、35周年記念館アリーナ
■主催 体育会本部
■協賛 一般社団法人 獨協大学同窓会、獨協大学同窓会・樅柳会 など
■主な種目
 王様ドッヂボール、しっぽ取り
 30人31脚、大縄跳び
 台風の目、綱引き
 選抜リレー
■問合せ先
 体育祭実行委員会(体育会本部)
  Mail) d.taiikukai@gmail.com
  Twetter) @spofes
■体育祭実行委員長 渕上皓亮さん(経営2年)のコメント
 獨協大学の体育祭は、私たち體育會本部が主催するイベントになってから5年目を迎えました。体育祭のイベントが今後もより伝統的なものになるべく、毎年その年の開催目的に沿ったコンセプトを設けています。
 今年度は「一期一会」〜スポフェス半端ないって!〜に決定いたしました。
 このコンセプトには、「一期一会」という一生に一度の出会いを大切にするという意味だけでなく、その機会を一生に一度のものと心得て、主客ともにお互い誠意を尽くすという意味が込められています。普段関わる機会のない他部活の人と触れ合うことで、新しい友達ができたり、モチベーションの向上につながったりするという目的意識を持って全力で種目に取り組んでいただきたいと思います。
 また、2018年の流行語である「半端ないって!」をサブタイトルに取り入れ、スポフェスに魅力がたくさん詰まっていることを感じていただき、話題性で一般参加の興味を引きたいと考えております。
 体育会本部が主催するイベントのため、体育会団体にはなるべく参加していただき、当日同じチームとなった方たちに体育会団体として自分たちの活動を知ってもらう場にし、さらに、多くの一般の参加者を募ることで一般の学生の方にも体育会の活動を周知できるようなイベントにしていきたいと思っています。

学友会総務部長室事務課
048-946-2057

]]>
2018-11-29T16:00:00+09:00
英語学科 「国際ツーリズム・キャリア講演会」 <ツアー・エージェント特集>を開催します http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8647/
将来、エアライン、旅行会社など、観光業界の仕事につきたいと思っている学生の皆さんに、英語学科ゼミ出身で現在ツアー・エージェントとして働くお二人が、ツーリズム業界の仕事のおもしろさ、やりがいについて楽しくトークします。

山嵜涼太さんは英語学科・羽山ゼミで応用言語学を学び、大手ツアー会社のJTBに入社。有力企業を担当する第一線の営業マンで、ツアー・会議・イベントを企画・運営しています。

木村知央さん(英語学科・工藤ゼミ、交流文化学科・鈴木ゼミ)は、工藤ゼミで異文化コミュニケーションを学び、日本航空(JAL)グループ会社で予約・発券を中心に、日本語と英語でお客様への対応を行っています。

在学生とのフリートークの時間も十分あります。

司会進行は、英語学科教員の工藤和宏先生が担当します。

]]>
2018-11-27T09:40:00+09:00
【公開講演会】「写真と生活、アートと社会」 http://www.dokkyo.ac.jp/event/detail_j/id/8640/
<講演会概要>
 講師の小池浩央氏は、本学ドイツ語学科出身で写真家および写真研究者として活躍し、現在はエストニアの首都タリンにあるエストニア芸術大学講師を務め、実作家として数多くの写真展を開き作品を発表するとともに、研究者として写真と社会の関係について論考を発表しています(詳細は氏のサイト: https://www.hirohisakoike.com/ を参照)。
 本講演会では、氏の作品の紹介とともに、写真と生活、あるいはアートと社会の関係について語っていただきます。また、氏が本学ドイツ語学科を卒業後どのような過程を経て、写真家として活躍するに至ったのか、その経験やエピソードについてもお話しいただく予定です。
 氏の講演は、若い学生のみまさんに、生活や社会におけるアートの意味を考える重要なきっかけを与えてくれるでしょう。また同時に、人生の道を自ら切り拓いていこうと考えている人たちに、多くの示唆を与えてくれるものと考えます。

]]>
2018-11-26T14:20:00+09:00