獨協大学ホームへ 2016-03現在
 
教員紹介トップページ

教員紹介



梅津 正樹

UMEZU MASAKI


職名 非常勤講師
所属 国際教養学部言語文化学科
最終学歴(学位) 獨協大学法学部法律学科卒業(1972年)
専門分野 放送(音声表現)(マスコミュニケーション)
コミュニケーション・朗読・司会・報道
E-mail

専門・研究テーマ
 音声表現
 ことばとコミュニケーション・話すと読む・アクセントとイントネーション

授業方針
 授業の主眼はコミュニケーションです。コミュニケーションとは、価値観の異なる一人一人が、お互いの想い・考え方を正確に伝え合い、理解することです。その為には、自分の言葉をどんなに費やしても、どんなに熱心に語っても限界があるのです。その原因は何処にあるのか、その限界を乗り越える為には、何が必要なのかを身をもって学んで頂きます。授業では基本的な発音・発声から情報伝達、スピーチなど具体的な音声表現の実践を色々な角度から繰り返します。講義形式ではありません。理論よりも実践です。毎回必ず声を出してもらいます。楽しくコミュニケーション力を身に着けることが目的です。

自己紹介
 1972年に獨協大学を卒業し、NHKにアナウンサーとして入局しました。これまでスポーツ、芸能、教養、報道番組を担当してきました。また、人材育成担当、放送用語委員も勤めました。2003年から9年間、「ことば番組」の専門アナウンサーとして、テレビ・ラジオで毎日生放送で解説をしました。こうした業務と並行し、母校である獨協大学の非常勤講師として、全カリと大学院で講座を持っています。また、オープンカレッジでは「朗読」を市民の皆さんに学んでいただいています。現在はフリーアナウンサーとして、NHKでニュースを担当したり、NHK日本語センターの専門委員も勤めています。

座右の銘・好きな言葉

私の薦める一冊

学生へのメッセージ
 嘗て私は獨協大学の学生として、あまり勉強しませんでした。学生運動が激しい時代でもありました。毎日毎日、有り余る程の時間は、友人達との会話に費やしていました。無意味な議論や空論、他愛も無いおしゃべりの連続でした。しかしそれが、いま考えると私の大きな財産になっています。最近の獨協大学の学生である、後輩の皆さんを見ていると、真面目でおとなしく、とても好印象を持ちます。好ましい若者たちだと思うのです。その反面、心配でもあるのです。数年後、社会に出て、その荒波の中で存分に力を発揮して行けるのだろうかと、少しばかり不安に思うこともあるのです。もう少し自己主張をした方が良いのにと感じることがあります。その為、皆さんの潜在能力をもっと引き出せないかと思っています。
獨協大学初のNHKアナウンサーとしての私なりの経験を、少しでも後輩の皆さんに役立てて欲しいと思っています。授業の中でも、時間があれば、本題から離れた話もしたいと考えています。質問や相談にも出来る限り答えたいと思っています。「大学は学問を通じての人間形成の場」です。
大学での学問とは、教科書の上での理論だけでは無いと思っています。
今の時代に必要なのは、人と人が如何に接するか、つまりコミュニケーションではないでしょうか。限られた時間を有効に楽しく使いましょう。

関連リンク









Copyright(C)2002 Dokkyo University, All Rights Reserved.