特別講座(講演会)

『歓喜に寄せて』レクチャーコンサート
 ―ベートーヴェンの曲の他に多くの合唱曲を生んだ『歓喜に寄せて』を楽しむ―

講義概要:

歓びよ、美しい神々の火花よ、楽園の娘よ…(Freude, schöner Götterfunken,/ Tochter aus Elysium...)

 ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン(1770〜1827年)の『交響曲第九番』(1824年)には、フリードリヒ・シラー(1759〜1805年)の詩「歓喜に寄せて」 (1786年)による合唱が付されています。この詩は『第九』で作曲される以前にも、発表直後 から多くの作曲家によって曲がつけられ、合唱曲(ソロと合唱で楽しむ曲)として親しまれていました。例えば1800年には、「歓喜に寄せて」だけに作曲した14曲を収録した楽譜集が出版されるほどの知名度を誇っていたのです。
 今回は、シラーの詩がなぜ18世紀後半から19世紀前半にかけて広く親しまれたのかを考え、同時にベートーヴェンの『第九』をこの幅広い受容の歴史から捉え直そうという試みです。コンサートでは、シラーの詩と同時に発表された曲や同時代の曲を中心に、現代の作品もご紹介します。最後に聴衆の皆さんとともにベートーヴェンの『歓喜に寄せて』を合唱したいと思っております。

『歓喜に寄せて』レクチャーコンサート
日時 3月14日(土)13時〜15時
場所 獨協大学 天野貞祐記念館大講堂
レクチャー 矢羽々 崇 獨協大学外国語学部教授

コンサート

解説

木村 佐千子 獨協大学外国語学部准教授
出演者 【ソプラノ】染谷 熱子 / 安田 久美恵
【アルト】上杉 清仁 / 布施 奈緒子
【テノール】石川 洋人 / 坂口 寿一
【バ ス】小笠原 美敬 / 望月 忠親
【ピアノ】小木曽 美津子 / 矢内 直子(連弾)
交通 東京メトロ日比谷線・半蔵門線直通 東武スカイツリーライン「松原団地駅」西口徒歩5分
*車でのご来校はご遠慮ください
受講

事前申込制 (2/20で締切ました。)

無料 定員500人 *未就学児入場不可

申込方法

往復はがきに住所・氏名・年齢・電話番号をご記入のうえ下記宛先までお申込みください。
(1枚につき1人)

2月20日(金)当日消印有効。

〒340-0042 草加市学園町1−1 獨協大学エクステンションセンター レクチャーコンサート係

共催

草加市

お問い合わせ 獨協大学エクステンションセンター
〒340-0042 草加市学園町1−1
電 話  048-946-1678

ここからサイドメニューです。

オープンカレッジ

エクステンションセンター
オープンカレッジ担当

〒340-0042
埼玉県草加市学園町1-1

TEL048-946-1678
FAX048-946-1935

開室・受付時間
(祝祭日を除く)
<講座開講期間>
月〜土9:00-17:00
<上記期間外>
月〜金9:00-17:00
土曜日9:00-12:00

このページのトップへ