Dokkyo University

  1. HOME
  2. 学部学科・大学院
  3. 学部学科|経済学部国際環境経済学科

学部学科|経済学部国際環境経済学科

学科の特色

グローバルな問題を身近な問題として捉え、
客観的な分析力と主体的な行動力を養います。

環境破壊、種の絶滅、地球温暖化といった環境問題は、地球全体として取り組まなければならない最重要課題です。さらに、貧困と飢餓の問題、人口と食料の問題、経済格差の問題、資源・エネルギー問題、貿易や投資の自由化に伴う問題など、グローバル社会は数多くの問題を抱えています。いかにして環境と開発を両立し、持続可能な社会を実現するかは、私たちに突き付けられた喫緊の課題です。
国際環境経済学科では、環境に対する責任と正しい認識に基づき、これらの「持続可能性」の問題について「経済学」の視点から解決策を考え、持続可能な社会の実現を目指して地域社会や国際社会に貢献できる実践的な人材を育成します。そのために、英語を中心とした外国語教育、幅広い教養教育に基礎付けられた専門教育、および課題解決のための実践的な教育を行います。


理念・目的

外国語の能力、ならびに、豊かな歴史観、自然観、および、倫理観を中核とする教養に基礎付けられた経済学の専門知識を習得したうえで、環境に対する責任と正しい認識に基づき、持続可能な社会の実現を目指して、地域社会や国際社会に貢献できる実践的な人材の育成を目的とする


入学者受け入れ方針

(教育目的)

「外国語の能力、ならびに、豊かな歴史観、自然観、および、倫理観を中核とする教養に基礎付けられた経済学の専門知識を習得したうえで、環境に対する責任と正しい認識に基づき、持続可能な社会の実現を目指して、地域社会や国際社会に貢献できる実践的な人材の育成」を教育目的とする。

(求める人物像)

国際的なコミュニケーションを図るため必要となる外国語能力を有し、近年の社会状況が要求する環境に対する責任と正しい認識に基づき、持続可能な社会の実現を目指して、地域社会や国際社会に貢献したいと考える人物を求める。

(出願要件)

高等学校卒業程度の資格と学力を要する。科目別では外国語、国語、地理歴史・公民、数学、理科の学力を求める。

(入学者選抜方法)

外国語教育重視の観点から、外国語科目を重視した入試を行う。また、多彩な学生の受け入れを図るべく、一般入試をはじめとする様々な入試制度を設ける。


教育課程の編成・実施方針

(カリキュラム)

外国語の能力、ならびに、豊かな歴史観、自然観、および、倫理観を中核とする教養に基礎付けられた経済学の専門知識を習得したうえで、環境に対する責任と正しい認識に基づき、持続可能な社会の実現を目指して、地域社会や国際社会に貢献できる実践的な人材を育成するためのカリキュラムを編成する。

(外国語教育)

第一外国語を英語(外国人学生は日本語)と定め、外国語を「読む」「書く」「話す」「聞く」という運用能力を総合的に養成し、専門的なレベルに到達させるカリキュラムを全学的に編成し、実施する。また、第二外国語についても同様にカリキュラムを編成、実施する。

(教養教育)

主として人文科学、社会科学、自然科学の各分野に関する科目を配置したカリキュラムを全学的に編成し、実施する。

(専門教育)

豊かな歴史観、自然観、および倫理観を中核とする教養に基礎付けられた経済学と環境学に関する体系的な専門知識、技能を習得できるカリキュラムを独自に編成し、実施する。


学位授与方針

(学位授与要件、学位の種類)

修業年限を満たし、所定の単位を修得し、卒業時点で以下の能力を身に付けた者に「学士(経済学)」の学位を授与する。

(学位の裏付けとなる「能力」)

  • 外国語の能力を身に付けている。
  • 豊かな歴史観、自然観、および倫理観を中核とする教養に基礎付けられた経済学の専門知識を身に付けている。
  • 環境に対する責任と正しい認識に基づき、持続可能な社会の実現を目指して、地域社会や国際社会に貢献できる実践的な人材としての素養を身に付けている。

入学定員

120名


収容定員数

480名


在籍学生数(2017年5月1日現在)

616名


所属専任教員数(2017年5月1日現在)

14名


授与する学位

学士(経済学)


取得可能な資格免許

  • 中学校教員免許(社会)
  • 高等学校教員免許(公民)
  • 司書
  • 司書教諭

学部学科・大学院

学部学科
大学院・法科大学院
教員紹介
シラバス
このページのトップへ