Dokkyo University

  1. HOME
  2. 学部学科・大学院
  3. 学部学科|法学部総合政策学科

学部学科|法学部総合政策学科

学科の特色

グローバルな問題をローカルな視点から。
ローカルな問題をグローバルな視点から。
現代社会の諸問題に実践的に取り組むことのできる人材を育成します。

国際化の進展にともない、グローバリゼーションの波は日本社会のいたるところに押し寄せています。こうした中で地方は自立の道を歩んでおり、中央に頼ることなく、自らの力で地域の政治・経済・社会問題を解決する必要に迫られています。これからの地方には、こうした問題にグローバルな視点から取り組む姿勢が求められています。総合政策学科は地方の急速なグローバル化を踏まえ、国際的な知識とセンスをもち、中央のみならず地方が抱える問題を総合的にとらえ、その解決に貢献できる人材を育成します。同科卒業後は、国家・地方公務員はもちろん、国内外のNPO・NGO、国際機関、教員、企業、法科大学院進学など、多種多様な選択肢が開かれています。


理念・目的

外国語の能力、ならびに、歴史、文化、および、社会に関する深い教養に基礎付けられた地域的、および、国際的な政治学、および、法学の知識を習得した、国際的視野に立つ教養人を育成することを目的とする。


入学者受け入れ方針

(教育目的)

「外国語の能力、ならびに、歴史、文化、および、社会に関する深い教養に基礎付けられた地域的、および、国際的な政治学、および、法学の知識を習得した、国際的視野に立つ教養人を育成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)

外国語の能力、ならびに、歴史、文化、および、社会に関する深い教養に基礎付けられた地域的、および、国際的な政治学、および、法学の知識を習得した、国際的視野に立つ教養人となるための資質を有する人物を求める。

(出願要件)

高等学校卒業程度の資格と学力を要する。科目別では外国語、国語、地理歴史・公民、数学、理科の高い学力を求める。

(入学者選抜方法)

外国語教育重視の観点から、外国語科目を重視した入試を行う。また、多彩な学生の受け入れを図るべく、一般入試をはじめとする様々な入試制度を設ける。


教育課程の編成・実施方針

(カリキュラム)

外国語の能力、ならびに、歴史、文化、および、社会に関する深い教養に基礎付けられた地域的、および、国際的な政治学、および、法学の知識を習得した、国際的視野に立つ教養人を育成するためのカリキュラムを編成する。

(外国語教育)

第一外国語を英語(外国人学生は日本語)と定め、外国語を「読む」「書く」「話す」「聞く」という運用能力を総合的に養成し、専門的なレベルに到達させるカリキュラムを全学的に編成し、実施する。また、第二外国語についても同様にカリキュラムを編成、実施する。

(教養教育)

主として人文科学、社会科学、自然科学の各分野に関する科目を配置したカリキュラムを全学的に編成し、実施する。

(専門教育)

歴史、文化、および社会に関する深い教養に基礎付けられた地域的、および国際的な政治学、および法学に関する体系的な専門的知識、技能を習得できるカリキュラムを独自に編成し、実施する。


学位授与方針

(学位授与要件、学位の種類)

修業年限を満たし、所定の単位を修得し、卒業時点で以下の能力を身に付けた者に「学士(法学)」の学位を授与する。

(学位の裏付けとなる「能力」)

  • 外国語の能力を身に付けている。
  • 歴史、文化、および社会に関する深い教養に基礎付けられた地域的、および国際的な政治学、および法学の知識を身に付けている。
  • 国際的視野に立つ教養人としての素養を身に付けている。

入学定員

70名


収容定員数

280名


在籍学生数(2017年5月1日現在)

373名


所属専任教員数(2017年5月1日現在)

12名


授与する学位

学士(法学)


取得可能な資格免許

  • 中学校教員免許(社会)
  • 高等学校教員免許(地理歴史、公民)
  • 司書
  • 司書教諭

学部学科・大学院

学部学科
大学院・法科大学院
教員紹介
シラバス
このページのトップへ